名探偵コナン 警察学校編 Wild Police Story (上) (少年サンデーコミックススペシャル)

  • 小学館
3.93
  • (15)
  • (24)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 566
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098503674

作品紹介・あらすじ

新たなる『名探偵コナン』開幕!




降谷零、松田陣平、伊達航、萩原研二、諸伏景光・・・・・・

現在、降谷を除く全員は既にこの世にいない。
だが、5人は警察官としていずれも劣らぬ不世出の才能を持っていた。

そんな彼ら、実は警視庁警察学校の同期。
ずば抜けて優秀な反面、問題視される程強烈な個性を持つ彼らは
一体、どんな学校生活を送っていたのか・・・!?

今語られる正義を胸に駆け抜けた5人の青春時代・・・

原作・青山剛昌、作画・新井隆広で贈る、
新たなる『名探偵コナン』開幕!


【編集担当からのおすすめ情報】
1000話を超える名探偵コナンの歴史の中で一際、存在感を放つ5人の警察官。

松田陣平、降谷零、伊達航、萩原研二、諸伏景光・・・
ココでしか見ることのできない、彼らの青き日々、是非ご一読ください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 零以外全員死亡(殉職?)している、呪われし警察学校同期組のエピソード・ゼロ。 
    巻末のネームは別になくても良かったかな。
    (その分普通に漫画を……)

    各メンバーのアニメ初登場回を記した年表は、コミックの巻数もぜひ書いてほしかった。

  • CASE.1 竜虎相搏(りゅうこそうはく)
    CASE.2 傍若無人(ぼうじゃくぶじん)
    CASE.3 戮力協心(りくりょくきょうしん)
    CASE.4 質実剛健(しつじつごうけん)
    CASE.5 殷鑑不遠(いんかんふえん)
    CASE.6 虚心坦懐(きょしんたんかい)
    機密文書
    青山剛昌先生への警察学校編56の質問
    警察学校組 キャストコメント
    松田陣平:神奈延年
    萩原研二:三木眞一郎
    諸伏景光:緑川光
    降谷零:古谷徹
    青山剛昌秘蔵ネーム

  • 降谷をはじめとする登場するとにかく5人が素晴らしいすぎる。ゼロの日常アニメ化希望なんだけど、コレッて確実に名探偵コナン本編と繋がるエピソードだからいずれアニメ化されるよねと思ってしまった。

  • アニメ化が決定したので購入した。もっと一話一話に連続性があるものと思っていたけど、意外とそうでもなく、、、警察学校って一人部屋なんだなーと思ったり。やっぱり警察官に憧れてしまう!

  • 意外だし納得の過去編でした。

  • 死んじゃってる人ばかりだから、のめり込めばのめり込むほどつらくなる。
    でもとても面白かった!

    作画が別の人だからかもしれないけど、ネームがとても細かくて完成されていてびっくりした。

  • 面白かった

  • 死んでる人を好きになるのはつらいのであまり感情移入しないようにさらっと読んだ。
    それでもちょっとしんどい。

  • 安室さんの若い頃、警察学校時代の漫画。
    漫画は半分で、残りは資料。
    アニメ準拠で描かれてるっぽくて、漫画本編だといつ出てきたのか記憶にない(流石に話数が多すぎる・・・)。
    そして、この中で安室さん以外に生き残ってるキャラがいないという。
    呪われた世代なのでは。

    首吊りって筋肉が弛緩して糞尿垂れ流し状態になるから下で支えるとイロイロとヤバいと思うんだ。

    毛利小五郎って射撃も上手かったのか。
    柔道も強いし。
    でも頭は悪いし性格はドクズ。
    なんで警察辞めたんだろう。
    最初の方に目黒警部がコイツが関わったせいで迷宮入りになった事件がいくつかあるみたいな話をしていたから、それが原因だろうか?
    (そもそもこの設定、まだ生きてるのか?)

    射撃の腕って出世に関係あるんだろうか?
    日本の警察なんて撃たないことが基本だろうに。

  • 降谷零、松田陣平、伊達航、萩原研二、諸伏景光。
    コナンに登場した5人の警察官。彼らの警察学校時代の物語です。

    進行中のコナンで存命なのは、安室=バーボン=降谷だけなのですが。
    それぞれが、さまざまな登場人物、事件と絡んでいるので、しっかり把握できているわけでないですね。正直、降谷と松田ぐらいしか名前見ただけでは分かりませんでした。読んでいくうちに、スコッチは思い出しましたが。

    流石に、100巻近く続いている推理漫画の登場人物の関係を一括把握はできていないです。定期的に読み返したい衝動が襲ってくる作品ではありますが、なかなか大変。
    相関図あればいいのだけど、ああいうのは作品終了してないと、新規情報が追加され続けるので、こちらのアップデートが追いつかない。

    最近はいろんな作品で、似たような症状です。よくない。

    必要な情報をきっちり管理、保管できている降谷のような人間は、頭が上がりません。

全14件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
おおのこうすけ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×