新九郎、奔る! (1) (ビッグコミックススペシャル)

  • 小学館
4.37
  • (10)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098600014

作品紹介・あらすじ

戦国大名の先駆け、伊勢新九郎の物語!

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康……
かの有名な武将たちが活躍する時代の少し前、
戦乱の世のはじまりを生き抜き、切り開いた男がいた―――
その名を伊勢新九郎。
彼はいかにして戦国大名となったのか。
彼はそもそも何者だったのか。
知られざる伊勢新九郎の生涯を、まったく新しい解釈で描く意欲作!
「戦国大名のはしり」とも言われる武将を描く、
話題騒然の本格歴史コミック、待望の第1集!!!!!


【編集担当からのおすすめ情報】
小田原北条氏の祖、北条早雲としても有名な伊勢新九郎。
連載開始直後から硬軟織り交ぜた歴史描写の妙に賞賛の声が続々!
ゆうきまさみ氏が、「下克上」のイメージを覆す、見たことのない伊勢新九郎像に挑みます!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハマダ的には”究極超人あ~る”以来のゆうきまさみ作品♪
    (パトレイバーは途中で挫折したw)
    ただでさえとっつきにくくて分かりにくい室町戦国期をどのように
    描いてくれるのか楽しみなんですが、この掲載ペースでは
    1巻冒頭のシーンまであとどれくらいかかるのか・・・。

  • めちゃめちゃ面白かった!
    官職名に名前のルビを振ったり、工夫しているなあと。個人的な好みを言えば、英語は使ってほしくなかったけど。
    これ大河ドラマにしてほしい。

  • ずっと前の「ヤマトタケルの冒険」的なノリと「パトレイバー」の人間ドラマで描く伊勢新九郎の物語。今後の展開が楽しみ。

  • コーヒーブレイク本。

    後北条氏の祖、北条早雲として知られる伊勢新九郎を描く戦国歴史Comic第1巻(2018/08/14発行、680E)。

    話は解り易くコミカルな補足(ツッコミ?)もあり、面白い作品でした。 只、このスローペースなストーリーは...
    せめて一話辺りのページ数を40ページ以上書き込まないと話がなかなか進まないのではないでしょうか。1年に1巻程度しか発行されそうもないので、最後まで読み続けられない気がします。

  • おでかけにはポカリお忘れなく。
    角の自販機でコーヒーを。

    みたいなノリだなあと読み進んでいけば、やっぱりそのとおりでした。見事に室町時代感がなくって、撮影が終わったら白い幕の向こうにサンドイッチや飲み物が置いてあってみんなで食べるんでしょう?みたいな。

    だってゆうきまさみだものーっ


    愚痴を言わせてもらえれば、主人公以外の区別がほぼつかなくって誰が誰だかわからないのが難点かも。あ、山名宗全は区別ついた!

  • ゆうきまさみ先生がナニをトチ狂ったか「室町時代」に材を取り、当時のぐちゃぐちゃを描く。
     いはゆる普通の歴史物に、安彦良和~坂口尚系の「少年が、目の前の汚い大人の横暴に振り回される」と言ふのがあるが、今のところその辺へ喧嘩売ってる感じ。まづ
    「伊勢新九郎 三十八歳!!」
     がでて、その主君が代る度に右往左往させられるをっさんの若かった頃が展開。当時は、伊勢家と言へばそこそこなサーヴァイブがまぁできたといふので、皆さんいろいろ苦労し、千代丸十一歳はその中で辛酸を舐めまくる。
    「一休さんにでてくる新右衛門さんの」といふレトリックが妥当なのかが、うーん。

  • のちに北条早雲となって関東を制覇する北条家の祖となる伊勢新九郎の少年期からはじまる大河歴史マンガ。1巻の時点ではまだ元服前の(千代丸)新九郎から見た京都時代の伊勢一族の様子と応仁の乱前夜の様子が描かれる。
    主人公がまだ子供であるということを利点にして諸勢力の人びとを人柄から丁寧に描いているのが見事。まだわかりやすい山名宗全と比べて人柄が想像しにくい(政治家っぽい)細川勝元の人間性、そして彼も含めて乱の時代にはみんな先の見えない情勢の中を必死に駆け回っていたということが伝わってくる。
    室町時代、特に応仁の乱の頃は政治も人間関係も入り組んでいてわかりにくいというのはよく言われるが、少なくともみんな必死に生きていたのだ。
    畠山義就や朝倉孝景などもどう描かれるか気になるし、新九郎にとって運命の女性である伊都もかわいくて今後が期待できる。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

漫画家。1957年、北海道生まれ。1980年デビュー。『究極超人あ~る』で星雲賞マンガ部門、『機動警察パトレイバー』で小学館漫画賞少年部門受賞。近作に『白暮のクロニクル』『でぃす×こみ』。

「2015年 『ゆうきまさみ 異端のまま王道を往く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新九郎、奔る! (1) (ビッグコミックススペシャル)のその他の作品

ゆうきまさみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新九郎、奔る! (1) (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする