BLUE GIANT SUPREME 5 (5) (ビッグコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
4.12
  • (10)
  • (9)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 109
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098600229

作品紹介・あらすじ

大のカルテット、欧州ツアーへ。

テナーサックスの大、ベースのハンナ、
ピアノのブルーノ、ドラムのラファエル。
強力な音を持つ4人が、組んだ。
ベルリンでのファーストライブ、
他の選択肢など持たない4人は
成功するしかないのだが!?
そして、新たなピースはドライバー兼
マネージャーのガブリエル!!
カルテットは、人知れずツアーを始める。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初期の熱さはない。
    が魂を震わせる漫画であることは間違いない。
    今後の盛り上がりに期待。

  • テナーサックス 宮本大(日本人)
    ベース ハンナ・ペータース(ドイツ人)
    ドラムス ラファエル・ボヌー(フランス人)
    ピアノ ブルーノ・カミンスキ(ポーランド人)

    ハンナーは、もとモーレン5のベイシスト。モーレン5を抜けて、大と二人でメンバーを探していた。

    ラファエルは、ドイツでは名の知れたフリードラマーだったが、大のバンドに加わった。そしてクラシックピアノのバックボーンをもつブルーノも。

    こうして、それぞれに個性のかたまりのような4人のカルテットが成立した。お互いの個性をぶつけ合いながら、ついに初のライブステージに立つ。

    ハンナは、新たなベーシストを迎えたモーレン5のメンバーに宣戦布告をした。大も、ブルーノも、そしてラファエルもそれぞれが自分のプレイに自信とプライドを持っている。

    4人の誰もが、ファーストステージでベルリンの聴衆の度肝を抜くことを確信していたに違いない。だが、その結末は・・・・。

    ファーストライブが大失敗の結果に終わった直後、一人の得体のしれない男が、4人を励ます。このガブリエルという男が、このカルテットを危機から立ち直るためのキーマンなのか。ユーライア・ヒープのEASY LIVINGがガンガン響き渡る(笑)。

    彼は、4人を車に乗せツアーへと誘い、そのツアーで最初にセットしたのは、田舎町のレストランでの演奏。そこでの小さなステージ。それが思いもよらぬステージに変化する。メンバーに新たな発見が!

  • そりや、最初からうまくはいかないよね。失敗があるからこそステップアップできる、そんなモデルを見たようです。意思の強い言葉しか言わない大、断言は力を呼ぶなあ。言葉の力は実に強いです。レストランのライブの先、早く知りたいです。

  • この漫画が時々のぞかせる心を震わせられるようなシーンがこの巻にもある。バンドがバンドになっていく風景を言葉とか理屈じゃなくてシーンとして描き出せる。すばらしい。

  • 「今夜を、忘れないぞ。絶対に、ヨーロッパ1になるぞ。」

    とうとうバンドを組んで初ライブ。
    またまた、高い演奏力を見せつけるいつものパターンかなあと思いきや、そうそう上手くはいかない様子。苦難があった方が面白い。

  • バンド組んで最初のライブ。大失敗!そこからツアー開始!

  • 本編、ちょっと乗れなかった、まぁほんのちょっとですが。次への助走であればよいけど。
    ただ巻末の回想がgood、こんな時代だからこそ生活をする地の空気が音に出て欲しい、希望を込めて。

  • こういう言い方はおかしいかな?
    高級なJAZZをきいたことがあまりない。
    いわゆる、
    ミュージックチャージの高いお店な。
    つか、
    ミュージックチャージを払ったことがない!
    でも、
    かぐりん的には、
    そういうお高いお店よりも、
    先に、
    お安いお店に行った方がブルージャイアントの世界はつかめるかも!
    だって、
    いろいろと聞けておもしろいよ!


    第33話・GHOST OF A CHANCE
    大が作曲!?
    やっぱりな感じですが、それなりにちゃんと響く曲を書くんですよね!
    もともと、
    疎外感のあるブルーノですが、
    まさかのラファエルも疎外ですか。。。
    ヨーロッパツアーではなく逃避行じゃないか?!

    大が渡した曲は一人のときに聞いて!
    と、
    忠実に守る3人も凄いよね。

    ん?
    やっぱり大はライブがお好き?!
    で、
    テストを受けるだけではなく、
    ギャラのピザも要求!
    どんどん貪欲になってるね!
    いいぞ!


    第34話・I MEAN YOU
    ボリスに娘さんがいらっしゃったとわ!
    つか、
    大とメルトモ笑
    つか、
    いつも根拠のない自信をたっぷり語る大ですよね!
    娘との約束も破らせるほどのチカラが大にはある!


    第35話・INNER URGE
    練習に練習を重ねて合うようになった!
    大と、
    ハンナと、
    ブルーノと、
    ラファエルです!
    最高のライブを期待しちゃいますね!
    圧倒的なデビュー!


    ちなみにそれますが、
    ジャンルってわかりますか?
    ビバップとか、
    アシッドとか、
    フュージョンとかいわれてもよくわからないかぐりんがいます。
    聞く人みなさん、
    ジャンルって始めて聞いたよくでもわかるものなのですか?


    第36話・CAN’T DANCE
    まとまってないねぇ。。。
    バンドって難しいというのは、
    こういうことが起こるからなんですかね?
    イントロさんでは、
    みなさん即興で合わせるのですが、
    確かに、
    ん?
    って顔しながら演奏してる時も多々あります。
    合わせるって難しいんでしょうね。
    演奏はしないから想像しかできないかぐりんですが、
    聞いてて、
    あぁー違うんだろうなって思うことはある!

    点数つけてるお客がいたのね。
    大60
    ハンナ40
    ブルーノ30
    ドラム80
    いつか、
    これが大幅に変更されるんでしょうね!
    でも、
    今日は平均60点!
    厳しいねぇ。。。


    第37話・MY SHIP
    ダメが起こったのなら、
    良いも起こるはず!
    そうね!
    でも、
    今日はダメだった!
    つか、
    おデブちゃん誰?


    そっか。
    大以外はみなさん、
    微妙にバンド慣れしてないんだ。
    ハンナはバンドに弾かれて、
    ブルーノは組んでもらえず、
    ラファエルは転々としてたからじっくり深めるって事をしたことがない!
    熟成させることはみなさん初めてなんだ!
    これからですよね!
    と、
    いうところにおデブちゃん再登場!
    ボリスの甥でガブリエルのガブちゃんです!
    つか、
    天使の名前多いなぁ。。。
    で、
    かぐりんの守護天使はサリエルです!
    スポックではありません!


    第38話・CARAVAN
    で、
    ガブに連れられてツアー?!
    ほぼほぼどっかの連れ去り番組みたいだ!
    古くは電波少年的な!
    最近も、
    そんな事件がありましたよね?
    怖いわぁ。。。
    どこでも連れ去りは普通になる感覚!?
    で、
    ラファエルは車に酔うのか?
    好感が持てるね!


    第39話・NOTHING PERSONAL
    レストランでライブだぜ!
    って、
    JAZZレストランではない!
    レストラン!
    で、
    JAZZ以外は弾かないのはハンナとブルーノ。
    仕方なしに、
    大とラファエルでライブ!
    盛り上げ、
    暖めは終了!


    第40話・FOUR BROTHERS
    ここからはJAZZですってなって、
    ハンナと、
    ブルーノも参戦!

    お客の1人が言ってるけど、
    サックスな。
    凄い音の数だなって。
    それが好き!
    ナイアガラロールなドラムだって好き!
    言い音のステキなベースに出会いたいかぐりんです!


    ボーナストラックにブルーノ?
    国によって音が違うか。。。
    ゆえに、
    かぐりんは日本の神様カードに興味がある!
    と、
    同じようなことかな?
    つか、
    ブルーノさんどっかで成功したのかな?
    良いところっぽいところに住んでない?

全8件中 1 - 8件を表示

BLUE GIANT SUPREME 5 (5) (ビッグコミックススペシャル)のその他の作品

石塚真一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする