ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (中) (ビッグコミックススペシャル)

制作 : 杉基 イクラ 
  • 小学館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098602049

作品紹介・あらすじ

哲学×ラブコメ=思わずうなずくコミック!

第5回京都本大賞受賞の同名小説がコミックに!京都在住の女子高生の前に現れた爽やかニーチェが優しく人生指南。哲学アレルギーもこれを読めば完全克服!他の哲学者も降臨してラブコメ哲学漫画が繰り広げられます!今巻には新たな哲学者が次々と降臨!さらに哲学を知る機会に恵まれます。

【編集担当からのおすすめ情報】
原作者の原田まりる氏は元アイドルにして哲学ナビゲーター兼コラムニスト兼小説家。まさにマルチな才能を遺憾なく発揮し続けます。原田氏の原点とも言える同名小説(ダイヤモンド社・刊)を、新たなエピソードも加え完全コミカライズ!

著者プロフィール

原田まりる1985年京都府京都市出身。哲学の道のそばで育ち、高校生時哲学書に出会い感銘をうける。京都女子大学在学時よりおこなってきた芸能活動を経て、現在は作家・哲学ナビゲーターとして活動。オンラインサロン「この哲学がスゴい!?ケンカしない哲学交流ラウンジ?」(DMMLounge)主宰。2017年4月にゲーム・漫画原作制作会社「noexit(ノイグジット)」を設立。著書に哲学者の教えと経験談を交え綴った『私の体を鞭打つ言葉』(サンマーク出版)、京都を舞台にした哲学のエンタメ小説『ニーチェが京都にやってきて、17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(ダイヤモンド社)、10月よりコミック化が決定。11月に新著『まいにち哲学』(ポプラ社)をリリース予定。●公式サイト https://haradamariru.amebaownd.com●twitter @HaraDA_MariRU

「2017年 『日々の悩みが消える哲学手帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (中) (ビッグコミックススペシャル)のその他の作品

原田まりるの作品

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (中) (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする