諸星大二郎劇場 第2集 オリオンラジオの夜 (ビッグコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
3.85
  • (2)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098602537

作品紹介・あらすじ

鬼才が描く珠玉の短編。“オール”新作!!

晴れた冬の夜にしか聞くことのできない「オリオンラジオ」――――
誰が発信しているのか、どこから流れてくるのか。
真相を知る者は、誰もいない。
そして、その不思議なラジオを聴いた者は皆、自然と不思議に誘われ――――

鬼才・諸星大二郎が描く、全てコミックス初収録の奇怪譚のオムニバス。
空に星が瞬く夜、あなたはきっと、まだ見ぬ不思議に遭遇する。


【編集担当からのおすすめ情報】
第47回日本漫画家協会賞 コミック部門大賞受賞作!!

『ビッグコミック増刊号』にて好評連載中の「諸星大二郎劇場」で掲載された傑作読み切りからなる短編集です!!
その“全て”がコミックス初収録作品・・・・・・必携必読です!!

【収録作品】

オリオンラジオの夜
第1話 サウンド・オブ・サイレンス
第2話 ホテル・カリフォルニア
第3話 悲しき天使
第4話 西暦2525年
第5話 赤い橋
第6話 朝日のあたる家
原子怪獣とぼく
ドロシーの靴 または虹の彼方のぼく

全8編

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 掲載時に何となく見てたけど 買ってしまった。
     うーん。
     自動車で、異様な場所に行くと変なFM局が、衒ひのないアニソン流してたり、するのでラジオ局を探してたことあったし、前ゐたところでは、AMで東京の(勿論、朝鮮語のラジオも聞けた)局の放送を聞けたので聞いてたけど、うーん、本作のナニは、うーん。
     平岡公威さんが冥府を彷徨ふのを見たかったけど、うーん。『新世紀エヴァンゲリオン』の監督が諸星作品を見てアレをデザインしたと言ふのを聞いた後で、本書所収の冥府での鬼見ると、アレよりなんか、劣ってる感じが。
     「まるでマンガだ」に関するものも、なんか、うーん。
     ユーモアの感覚がこなれてて、いいんだけど。前谷 惟光系のブリキの兵隊はいいんだけど、うーん。

  • タイトルから「冬はオリオン座がきれいだ」という暗黒神話の菊池彦の台詞を想い出す。僕だけか?

    諸☆先生テイストの詰まった作品達。
    「悲しき天使」はどんな歌だったか思い出せず、Yuutubeで調べてしまった。「西暦2525」は全く知らない。浅川マキの「赤い橋」も知らない。ライブCDは1枚持ってるけれど、この歌入ってなかった。

    「朝のあたる家」は、先生苦労されたと後書きにあるけど、いつ畳替えをしたのかとか、ちょっと詰め切れてないんじゃないかな。

    まだまだ新作が続くといいなと期待している。

  • いいね。セルフカバーな感じだけど、今回は成功してます。

  • 諸星先生の新作.どこか不思議で怖い.そんな独特の世界.

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

漫画家。『西遊妖猿伝』『妖怪ハンター』『栞と紙魚子』『マッドメン』『諸怪志異』『暗黒神話』『孔子暗黒伝』など、数多の作品で唯一無二の世界観を確立。2014年、第64回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

「2018年 『諸星大二郎 <大増補新版>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

諸星大二郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

諸星大二郎劇場 第2集 オリオンラジオの夜 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする