新九郎、奔る! (2) (ビッグコミックススペシャル)

  • 小学館
4.41
  • (8)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098603343

作品紹介・あらすじ

応仁の乱、激化!伊勢家にも乱の影響が!?

幕を開けた応仁の乱。
都のあちこちで火の手があがり、
千代丸の住む伊勢邸の隣の一色邸が襲撃にあい、騒然とする家中。

そんな折、離れて暮らす実母・浅茅は実家のために武家の娘として、
とある決心を千代丸に打ち明ける。
それは新九郎の伯父(義母の兄)である、
伊勢貞藤の正妻になることであったーーーー

乱世を生き抜くための母の告白に
「早く大人になりたい」という想いを強くする千代丸。
父不在を理由に渋る伊勢家の現当主・貞宗に、元服を迫るが!?

いよいよ「伊勢新九郎」誕生の時。
大人と子供の狭間で、“大人たちの戦さ”を見守る新九郎は
何を思い、何を学び、どう生き抜くのか。

第1集、発売即緊急重版!
戦国の夜明けを駆け抜けたはじまりの武将、
伊勢新九郎を描く本格歴史コミック、第2集!!

【編集担当からのおすすめ情報】
第1集が発売されるやいなや、「こんな室町大河を待っていた」と賞賛の声多数。

「下克上の素浪人」という従来の「北条早雲」像とは全く違う、
最新の説をもとに、
「名門伊勢家の一員」として育った「伊勢新九郎(北条早雲)」を描く意欲作です。

都の中心地(家は将軍の住まいの隣!)で、政治の中枢に携わる家柄の子息である主人公の目を通して描かれる応仁の乱は、
新しい目線からの描写で、ひと味違う応仁の乱が見えてきます。

だからと言って歴史好きの方のためだけの漫画ではありません!
一人の少年の成長、涙あり笑いありのホームドラマ、兄弟の絆、“いい”おじ様が山盛り……
など、ヒット作を数多くおくり出してきたゆうきまさみ氏ならではの魅力が満載です!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何人かのレビューにもあるようにまだ主人公が本筋ではないために
    印象が薄く、置いてきぼり感もあります。
    そしてそれがわかりずらさに拍車をかけている感も。
    ハマダは早くも人物関係あやふやになりかけてますw
    とはいえ今後の大乱への前振りでもあるわけですし、期待度は高まります。
    1巻もう一度二度読み返さなくちゃ^^;

  • キャラがあっち行ったりこっち行ったりでわかんないよぅ
     多分 当時「突入の際『GOGOGO!』と叫ぶ武士」はゐないが、カタパルトは歴史考証みがあるといっていい筈。(「根性見せてみろぉ!」て『うる星やつら ビューティフル・ドリーマー』!!)
     元服した新九郎さんは、お菓子食ふとかまだ若いのだが、なんか、この辺の造形は、前の安彦良和、坂口尚諸先生の、歴史ものに出てくる少年となんか一歩踏み出したやうな違和感がある。ので二巻も買ってしまった。新右衛門さんは時をかけるをっさんになってゐる。

  • 応仁の乱開戦。
    目の前の戦に勝つことを考えながら、同時に戦争終結後の政局を描いて立ち回る大名たち。新兵器導入や足軽の登用によるゲリラ戦術で泥沼化するばかり。そして、この影響はやがて全国へとび火していく。

    戦の中、元服を迎えた新九郎。再婚先の失脚によって実母と、結婚によって姉との別れを経験します。戦争・政治に翻弄される大人たちを見て何を思うのか。
    そして、今川義忠との出会いは何をもたらすのか。
    大人としてちょうどいい距離感の今川義忠。近所の憧れるには都合のよい(言い方悪い)年上の男性という感覚か。実年齢を考えると???ってなるけど。

    彼と姉の結婚によるつながりが、後々関東で役立ってくるわけか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

漫画家。1957年、北海道生まれ。1980年デビュー。『究極超人あ~る』で星雲賞マンガ部門、『機動警察パトレイバー』で小学館漫画賞少年部門受賞。近作に『白暮のクロニクル』『でぃす×こみ』。

「2015年 『ゆうきまさみ 異端のまま王道を往く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新九郎、奔る! (2) (ビッグコミックススペシャル)のその他の作品

ゆうきまさみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新九郎、奔る! (2) (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする