ぼくと三本足のちょんぴー (1) (ビッグコミックススペシャル)

  • 小学館サービス
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098603947

作品紹介・あらすじ

オッサン漫画家と三本足の愛犬ちょんぴー★

朝早く起こされるわ、
部屋の中をドタバタするわ、
本当にめんどくさい。

…だから、最高の友達。


そんな、オッサン漫画家と
愛犬ちょんぴーとの日々に、
“三本足”の原因となる、悲しい事件が起きて――



笑う、泣く、癒やされる…
読めば、あなたの心にハマる
“ワン”ピースとなる、
あらたな傑作エッセイ漫画。


【編集担当からのおすすめ情報】
「やわらかスピリッツ」月間1位獲得!!
連載開始より、たちまち2500レビューコメント突破の大人気作です。

編集担当として、この作品を読み進めていくうちに、
気付けば「ちょんぴーと小田原さんの日々」の一番のファンになっていました。

一番始めに出てくる…

「これから、ぼくの友達の話をします。」
「人間ではないけど、最高な奴なんです。」

という言葉にすべてが詰まっていると思います。

それは、読者にも伝わっていて
「やわらかスピリッツ」の中でも、
特にレビューコメントが増え続けている作品となります。


中でも、個人的には
ちょんぴーを「彼」と、小田原さんを「あなた」と称して話しかける
このレビューが心に残っています。


「彼はあなたの一生ではないかも知れないが、あなたは彼の一生だ。」


…読者の心に必ずハマる“ワン”ピースとなる
傑作エッセイ漫画、本当におすすめです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マンガ家と犬の日常を描いている。
    犬への深い愛情が感じられるし、不快になることは書かれていない。
    「ペットショップで犬を買うことに…関心はなかった」に続けて「今はあり」とフォローしていたりする。
    それに、ひとつひとつのエピソードが短いので、楽に読める。

    2巻、3巻も出ているようなので、考えてみたい。

  • 犬雑貨のRUMKAさんから
    ピンフェスでもご一緒されてた小田原ドラゴンさんとちょんぴーちゃんの事を知り
    ミニピンよりの『スムチー』を飼う身としてめっちゃ興味があり早速購入

    ミニピンよりのスムチーがホントに『ミニピンあるある』にピッタリあてはまり可愛いすぎて高速で読了
    。:+((*´艸`))+:。

    うちも引越しに伴いわんこを飼う事になったのもあり、余計に共感がわきました

    ちょんぴーちゃんの癌をみつけた時のショックとか想像しただけで涙腺崩壊

    しかし、ちょんぴーちゃんは三本足なんて気にするでもなく変わらず笑顔で過ごす姿に色々教えられますね( ´ •̥  ̫ •̥ ` )

    おしりがゆるくてうんちが自然に出ちゃうとか

    可愛いすぎる~

    わんこ飼ってるとうんちやおチッコまで可愛いく思えちゃう(*´ω`*)♡

全2件中 1 - 2件を表示

小田原ドラゴンの作品

ぼくと三本足のちょんぴー (1) (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×