空母いぶきGREAT GAME (1) (ビッグコミックス)

  • 小学館
3.91
  • (1)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098606375

作品紹介・あらすじ

新時代軍事エンターテインメント開幕!!

20YX年。温暖化により

海氷が減少する北極海----

調査研究のため派遣されたのは、

次期「いぶき」艦長候補の

蕪木が乗る海自護衛艦「しらぬい」。


その眼前で突如、民間調査船が

何者かの攻撃を受ける…!!

咄嗟に武器を使用して

民間船を守った「しらぬい」だが…!?

攻撃したのは!?

攻撃された理由とはーーーー!?


【編集担当からのおすすめ情報】
尖閣諸島を巡る紛争から5年後の世界で、空母いぶき新編スタート!! 新たな海域で、新たな敵を迎え、そしてより男臭く一本気な新たな主人公が戦いに挑む! その守るものとは? そして新たな敵は?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『いぶき』完結集と同時に発刊とは何とも粋! 尖閣を奪還した秋津は群司令に昇進。北極海では、次期いぶき艦長に推す蕪木2佐を巻き込んで、いきなり世界が緊張する。今回の敵国はロシア。大国を相手に、日本国は、自衛隊は、いぶきはどう動くのか? またしてもシリーズを追わずにはいられない展開(笑)

  • そして続くのか…
    再読したいって感じでもないコミックならKindleでいつかチェックすればいいかな

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

かわぐちかいじ

1948年、広島県尾道市生まれ。68年「ヤングコミック」誌にて『夜が明けたら』でデビュー。『はっぽうやぶれ』『プロ』『ハード&ルーズ』などヒット作多数。
87年『アクター』、90年『沈黙の艦隊』、そして02年に『ジパング』で講談社漫画賞受賞。
06年には『太陽の黙示録』で第51回小学館漫画賞、第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞も受賞。

「2017年 『ジパング 深蒼海流(18)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かわぐちかいじの作品

ツイートする