二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (8) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館サービス
4.13
  • (5)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 127
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098606412

作品紹介・あらすじ

「18歳の受験と12歳の受験は違う!」

「生徒御本人を見ていれば
親御さんがどんなタイプか見当はついています。」

現小6受験生の運命を決める志望校面談が
いよいよ山場を迎える桜花ゼミナール。
保護者の真剣度も桁ちがいになり願望とリアルがせめぎ合う!

黒木の膨大なデータを駆使し、
保護者すらもやる気アップさせる面談とは!?

スポーツで受験校を選ぶ際の知られざる内部事情、
同じ大学附属校でも内部進学率のちがいに要注意、
海外大学進学や複数回受験での加点などその多様さに驚愕!

「みんなが“知ってる-!”って
言ってくれない学校じゃ困りますよね?」
理想を譲らない今川母との面談の行方は?

島津家が面談をドタキャン!?
「塾になんか頼らない、俺の力で受からせる!!」
過剰なプレッシャーからついに事件が……!

中学受験の隠された裏側、合格への戦略を
圧倒的なリアリティーでえぐりだす話題作、第8集!



【編集担当からのおすすめ情報】
「我が子には幸せになって欲しい」
「そのためには親である私が
失敗してはならない」
そんなプレッシャーを背負いながら
戦いの日々を送る保護者達が熱くなるからこそ
塾講師は常に冷静でなくてはいけない…!

混乱を極める大学入試改革、
高校からは受験できない中高一貫校の増加など、これまでの常識が通用しなくなっている激動の受験界。

いまや首都圏では4人に1人が中学受験に参加する現在において、
中学受験とはどんな仕組みなのか、そして勝利を勝ち取る戦略とは?

中学受験塾を舞台に、プロフェッショナルとして臨む塾講師と
生徒、保護者の、合格を勝ち取る闘いを
強烈なキャラクターと圧倒的なリアリティで描く、
時代の要請に応える作品です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夏休み終わって秋の運動会のシーズン。塾講師の面談シーンがいくつもありますが、いかに塾辞めさせずにモチベーションを保つか、という話術がすごい。生徒と親の特徴を押さえたリサーチと事前準備が完璧すぎる。
    それから、島津の親父マジやべえ。父親はダマって金出せ、狂気は母親の専売特許でしょw これが中学受験のリアル?!フィジカルもメンタルも未熟な小学生にはだいぶ酷な所業ですよね。いやはや。

  • 面談面白かった。島津くんのとこ、気になるとこで切れてる

  • 先生の秘密はいつわかるの?8巻まで来たけど進展なし。毒親を持つときついね。人のこといじめたりせず、心身共に健康で素直な子に育てば良くないですか?中学受験して名門行っても途中躓いてドロップアウトしたら意味ない気もする。ま、様々な家庭があるから世の中は面白いのか。未来の官僚達頑張れよー。


  • 読了。9巻を購入して、8巻買ってないのに気づいて、本屋へ三軒はしごした。迫力ある。


  • いつもながら、考えさせられる内容でした。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

高瀬志帆:累計75万部の『おとりよせ王子 飯田好実』の他、現在はTVドラマ化が発表された『二月の勝者』(小学館)を連載中。

「2020年 『おとりよせ王子 飯田好実 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高瀬志帆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
おおの こうすけ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×