忘却のサチコ (14) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館サービス
3.54
  • (0)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 87
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098606429

作品紹介・あらすじ

ますます快調☆絶品美食コメディー!!

天才ミステリー作家から届いた、
暗号の挑戦状!?
その謎を解くため
下関にやって来たサチコだが、
終わらぬ試練に戸惑いの嵐・・・?

さらに、サチコを巡って
梶と小林のバトル勃発!?
その他、大胆イメチェン編など
てんこ盛りな第14集!


【編集担当からのおすすめ情報】
14集では、ついに
幸福を呼ぶ“フグ”が登場!!

さらに今回は、
“作って”、忘却…!?

ドがつくほどに不器用で、
今まで数多のおぞましい料理を
作り出してきたサチコが、
超難関の“フグ捌き”に大挑戦!!

“忘れる”ために、“食べる”。
そんな忘却道が覆される!?

いったいどんな料理が出来上がるのか!

その他にも、最旬美食が盛り沢山!
読めば口福いっぱい、大満腹!な第14集、
さぁ! 召し上がれ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 浅草とナポリの国際交流
    ピザもんじゃ!
    粉もん同士ですもん。
    きっとおいしいに違いない。

    下関→門司
    謎解きツアーも楽しかった。
    自分が旅をしたところが出ると
    脳内再生が加わって
    よりおもしろく感じるわ。

  • もはや「忘却」が忘却された感のあるグルメコメディ第14巻(笑)。俊吾さんの話は発展しませんでしたが、時々オーバーランしつつもバリバリ仕事をし、美味しくごはんを食べ、周りの人々を気分よくさせていくサチコの奮闘に、今巻も楽しませてもらいました。旅行したこともある山口編が個人的に楽しかったですw。

  • サチコさんは本巻も大奮闘!
    金髪もステキだし、後輩の小野寺くんのために奔走する姿もカッコイイ!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1972年2月6日生まれ。静岡県出身。漫画家。
代表作として、『忘却のサチコ』など。

阿部潤の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×