作品紹介・あらすじ

漫画家たちの「戦争」アンソロジー

漫画家の感性が「未来の戦争」の予感を、戦時への想像力で捉えた作品を集め話題を呼んだ「ビッグコミックオリジナル戦後70周年増刊号」を底本に再編集し、追加原稿も多数収録した増補愛蔵版アンソロジー。
排外主義と非寛容。世界全体を覆うきな臭さは、すでに新しい「質」の戦争が起きているとも考えられる。
漫画家の想像力は果たして「戦争」をどう表現するのか。
水木しげる、山上たつひこから浅野いにおまで異才・鬼才・天才……日本を代表する漫画界の傑物たちの描く「戦争」。小説家等の寄稿も多数収録。角田光代の「漫画の自由さと豊富さ」と題する書き下ろしも収録。


【編集担当からのおすすめ情報】
収録作家:水木しげる、滝田ゆう、松本零士、さそうあきら、浅野いにお、高橋しん、いましろたかし、山上たつひこ、三島衛里子、石坂啓、比嘉慂、竹熊健太郎+羽生生純、あまやゆうき+吉田史郎、東陽片岡、井上洋介、花輪和一……
特別収録:くれよんカンパニー、おざわゆき「あとかたの街」
特別ピンナップ:藤田嗣治「アッツ島玉砕」×古今戦争漫画“超”コラージュ、
中条省平、いとうせいこう、無着成恭、横尾忠則、モーリー・ロバートソン、片岡義男、呉智英、南信長、角田光代

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 水木しげる氏、松本零士氏など超豪華作家陣による戦争アンソロジー – 小学館コミック
    https://comics.shogakukan.co.jp/news/30726

    戦争×漫画 1970-2020 | 水木しげる 松本零士 滝田ゆう さそうあきら 浅野いにお 高橋しん いましろたかし 山上たつひこ 三島衛里子 石坂 啓 比嘉 慂 竹熊健太郎 羽生生 純 あまやゆうき 吉田史朗 東陽片岡 南 信長 井上洋介 花輪和一 おざわゆき くれよんカンパニー 中条省平 いとうせいこう 呉 智英 横尾忠則 ロバートソン・モーリー 片岡義男 角田光代 無着成恭 – 小学館コミック
    https://comics.shogakukan.co.jp/book?isbn=9784098610976

  • 人気マンガ家たちの「戦争マンガ」を集めたアンソロジー。

    元々は、2015年に『ビッグコミックオリジナル戦後70周年増刊号』として発売されたものだそうだ。それを底本に、新たな作品も追加している。

    過去にも類書は少なくなかった。
    たとえば、『ボクの満州――漫画家たちの敗戦体験マンガ』『漫画家たちの「8・15」』などというものもあるし、祥伝社新書からは『手塚治虫「戦争漫画」傑作選』が出ている。

    この手のアンソロジーでいちばん網羅的にまとまっているのは、金の星社から出た全6巻の『漫画家たちの戦争』であろう。

    それらの類書は、〝大物マンガ家たちの無難な名作集〟になりがちであった。
    また、当然のことながら、戦争といっても太平洋戦争に話を絞り、実際に戦争を体験した年配のマンガ家が実体験を描く作品が多かった。

    要は、毎年8月15日前後に登場する、戦争体験者に取材したテレビ番組のマンガ版のようなものであった。

    もちろん、そういうアンソロジーにも高い社会的意義はある。が、戦後70数年を経たのだから、違う角度から戦争を扱ったアンソロジーも出てしかるべきだろう。

    ……と、おそらくはそんな企画意図で編まれたのが本書なのだと思う。

    本書の作品セレクトは、かなり攻めている。
    水木しげるや滝田ゆうなど、戦争体験世代のマンガも一部にあるものの、戦後世代のマンガ家が中心になっているのだ。

    また、浅野いにお、高橋しん、東陽片岡、花輪和一、いましろたかしなど、一般的には反戦マンガのイメージから遠いマンガ家が、多く名を連ねている。

    内容も、太平洋戦争を扱ったものがメインではあるが、それ以外に、未来の架空の戦争を描いたものなどもある。

    山上たつひこの『光る風』、おざわゆきの『あとかたの街』など、長編の一話のみを収録したケースもある。それらについても、「おっ、あの作品からこの話を選ぶか」という意外性があり、セレクト自体にある種の批評性が感じられる。

    「なんでこんな作品を選んだのだろう?」と首をかしげるものも、なくはない。が、総じて面白い、質の高い作品が選ばれていると思う。

    個人的には、ウワサには聞いていたがこれまで読む機会がなかった、竹熊健太郎作・羽生生純画の「ほーむ・るーむ」が読めたのがうれしかった。
    終戦直後の離島の学校を舞台に、『二十四の瞳』を黒い笑いで塗りつぶしたような物語が展開される傑作。

    それ以外の作品では、さそうあきらの「菜々子戦記」と、くれよんカンパニーの「ワスレモノ。」がよかった。
    2編とも、21世紀に生きる若い世代の視点から、太平洋戦争の時代を生きた人々の〝記憶〟を扱っている。

    マンガのみならず、その合間にちりばめられたコラムや評論も、わりと充実している。
    とくに、南信長の「漫画と戦争」は資料的価値が高い。
    わずか6ページの限られた紙数の中で、戦後から現在までのマンガに描かれた戦争が鳥瞰されている。駆け足ではあるが、一通りの動きが網羅されているのがすごい。見事な力業だ。

    「従来の戦争マンガ・アンソロジーとは違うものを作ろう」という制作サイドの意欲が伝わる一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

水木しげる(みずき しげる)
1922年3月8日 - 2015年11月30日
大阪で生まれ、鳥取県境港市で育つ。従軍経験で左腕を失いながらも生還。終戦後より紙芝居、貸本漫画などを執筆。1964年に『ガロ』にて商業誌デビュー。2007年、『のんのんばあとオレ』によりフランス・アングレーム国際漫画祭で日本人初の最優秀作品賞を受賞。2010年、文化功労者に選出される。代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』『劇画ヒットラー』『総員玉砕せよ!』『のんのんばあとオレ』『日本妖怪大全』など。

水木しげるの作品

ツイートする
×