マロニエ王国の七人の騎士 (2) (フラワーコミックスアルファ)

著者 :
  • 小学館
3.90
  • (17)
  • (28)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 281
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098701223

作品紹介・あらすじ

「このマンガがすごい!2018」 第1位

「金の国 水の国」と「マロニエ王国の七人の騎士」で史上初・2作連続で「このマンガがすごい!」第1位を受賞した岩本ナオ先生、待望の第2巻!

マロニエ王国の女将軍の七人の息子達は、友好のため、周辺諸国へ赴くことに。「夜の長い国」を訪れることになった長男の"眠くない"と、幼なじみで婚約者のエリーの恋模様の行方は…!?

恋と忠義の中世騎士ものがたり、ときめきの第2巻!

【編集担当からのおすすめ情報】
「町でうわさの天狗の子」「金の国 水の国」を描いた岩本ナオ先生の、更なるときめきの物語をぜひお楽しみください!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2巻はまるまる7人兄弟の長男“眠くない”の夜の長い国での話。1巻よりもファンタジー色がだいぶ濃くなった。
    岩本ナオさんの絵が凄く好きなのですが、今回の表紙の絵は特に好きです!!続きが気になって仕方がない!眠くないと婚約者エレオノーラの恋の行方も。

  • 第二巻は「夜の長い国」でのおはなしです。

    七人の騎士の長男”眠くない”と、
    マロニエ王国城代のむすめエリー(エレオノーラ)
    このふたりが中心となって進んでいく感じです。

    夜の国の女王さまは、ちょっとこわい雰囲気だし、
    耳当ての青い少女たちは暗躍しているみたいだし、
    国のみんなは、なんだかあやしい?
    隠し事をしてるのかな?

    と、ちょっと不安になりましたが、
    杞憂だったようで安心しました。
    出てくるひとたちがやさしいです。
    それぞれかわいらしくて、お茶目なところを持っています。
    大切なものを大切にしています。
    作者さんのこういうキャラクターの描き方が好きです。

    かまどの精霊さんたちが活躍するところが
    とても格好良かったです。
    表紙裏の若い頃のバリバラのお話や、
    第一王女のビルギッタの意外な過去がわかる
    おまけマンガもよかったです* ´ ‿ ` 笑

    七兄弟のおとうさんのことや、
    それぞれの特徴に秘められたひみつが
    少しずつわかってきたので、次巻がたのしみです。
    エリーがんば!

  • めっちゃいいところで終わって悶え中。
    何となく大まかなストーリー展開のカケラがチラチラしててワクワクする〜!二巻はエリーが完全に主役で面白かった。王配の女王さまへ言った言葉にウルウルした。

  • 1巻を発売日に買って、何度も読みながら、待ちに待った10ヶ月。2巻は予想外というか、想定外の展開でした!ファンタジー色が強くなって、後半急に・・・!!

    ああー、続きが気になる。
    そして、お姫様と寒がりやは、どうなったの??

  • 兄弟みんな幸せになって欲しいな

  • 眠くないの!顔面が好き!
    ザ・ファンタジーて感じの展開ですごく良い……

  • 色々忘れてて1巻から読み返したい。
    眠くない、エリーが夜の長い国へ。
    でもやっぱり設定、キャラがよくて面白くなる感じ。続ききになる。

  • 話ももちろんだけど何より絵が好き。

  • 眠くないとエリーが微笑ましい。お互い想い合っているのだろうけど、素直になってほしい。かわいいし、かっこいい。絵や文章が細かい!漫画なのに読むのに時間がかかるが、わくわくさせられる。

  • エリーは男の子みたいでちょっと子供っぽいんだけど、本当は眠くないのことが大好きなところが可愛い。
    王配さまと女王さまの関係性が素敵だった。
    エリーが眠くないに素直になるところも早く見たい。

    7人の兄弟たちはやっぱりバリバラの本当の子供じゃないのかな?それとも…??

全22件中 1 - 10件を表示

マロニエ王国の七人の騎士 (2) (フラワーコミックスアルファ)のその他の作品

岩本ナオの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

マロニエ王国の七人の騎士 (2) (フラワーコミックスアルファ)を本棚に登録しているひと

ツイートする