螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.47
  • (267)
  • (530)
  • (1139)
  • (80)
  • (14)
本棚登録 : 5165
レビュー : 417
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001333

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 冒頭の作品「蛍」を読んで、“なんかこの話知ってる”って思ったら、
    「ノルウェイの森」はこの「蛍」を長編化したものだと村上春樹本人が
    言っているそうで・・・そりゃ知ってるよね・・・(笑)

    「納屋を焼く」はなんだかよくわからないけれど、現実のお話かな?
    そういう変な人、居そうだけど、放火は立派な犯罪です!って思って
    しまった(笑)それか放火は彼の妄想か?

    「踊る小人」はSFチックで不思議な面白いお話だけど、ちょっとグロい。

    村上作品特有の「何を読み取ったらいいかはよく分かんないけど、
    空気感はいいな」という印象の作品が多かったかな。

  • 短編だとちと物足りない感じもしますけれども、まぁまぁ楽しめましたね。特にタイトルにもなっている「蛍」と「納屋を焼く」はかなーり良い感じでした。どちらの短編かは忘れましたけれども、主人公が「僕は何者にもなりたくなかった…」とか言って読書ばっかししている場面がありましたけれども、これは僕的にかなーり共感を呼んだシーンなのであるからして、やっぱしこれからも暇を見て村上春樹読んでいこかな☆ と思った次第なのでありました。 ←は?? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    でもまあ、こういう不思議な世界観の作品はやっぱし長編で楽しみたいな、と思う次第なのであるからして、この短編集も悪くはない感じですけれども、ノルウェイとか初期の三部作とかまあ、そっちのが僕的には好みですねぇ、やっぱし。

    といったどうでもいい感想を添えつつさよなライオン…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 踊る小人は面白かった

  • さらり、と読めます。

    なんせいまやらざるを得ないことが多すぎて、本を読んでいる暇がありません。暇は作るもの?そうですよね。暇な時間にやらなくちゃいけないことが山積しているのです。主に勉強。問題集を解いている。

    もう少しこの生活が続く。がんばろう。そんな自分に一服の清涼剤。

  • 初めて村上春樹を読んだ。第一印象は「訳しやすい文だな」。文型がシンプルで主語と述語が近い。他のレビューを見て、後の有名な作品の原型が多く収められているのを知る。よく洋楽や外国の地名、舶来品の名前が出てくる。これらが日本土着のもので表現されていたら話も作者の印象も違ってみえるんだろうな。ファッションとして持ちたくなる所以もこの辺にある気がする。生活や青春の葛藤描写がメインかと思っていたので、ファンタジーや(良い意味で)宙ぶらりんな作りの話があるのは意外だった。『納屋を焼く』『踊る小人』が好き。

  • 納屋を焼くが好き。あれが五反田君の原型といわれると納得。
    途中大麻煙草を吸ってリアルな記憶(光とか匂いとか)を思い出すところを読んでると自分も体験したい気分になった。自分の脳の奥底にもそのリアルな記憶が本当はきれいに残っているのに上からたくさんの新しい記憶が覆いかぶさっていて今後一度も見つけ出されないのかと思うと切なくなる。

    村上さんの本には象がよく出てくるな。

  • 「納屋を焼く」の「同時存在」という言葉と、彼女のみかんを食べるパントマイムが残っている。

  • 難解で読みながら憂鬱になってしまいました...

    しかも、タイトルに「その他」って...

    チャチャっと書いたらしく、結果、後に『ノルウェーの森』として生まれ変わった『蛍』という作品から始まるんですが、死生観をほぼ心理描写だけで書き綴られてしまうと、作者にしかわからない真意は読み取れませんね。

  • ずっと読みたかった螢もやっと読めました めくらやなぎは読んだことあった 納屋を焼くがいい

  • ノルウェイの森の原型みたいな「蛍」が収録されている。

    「めくらやなぎ」を「めくらなヤギ」だと、けっこう長い年数思い続けていたこと。

    「象工場」という初期村上氏の象徴的なイメージが登場すること。

  • FBノートにあとで。

  • 村上龍でも村上春樹でも、短編の最後を無理やり、破綻を承知で綺麗な結末にせず、自然な形で話を終わらせるから好き。
    この短編集の中にもファンタジーな作品があったが、このような世界観はどのように自分の中で作ってきたのだろう。

  • 「ノルウェイの森」の原型となった「蛍」から始まる短編集。ちょっと怖い感じの物語が多かった気がする。「納屋を焼く」は「ねじまき鳥クロニクル」や「アフターダーク」に登場する出てくる闇の存在を感じさせる短編だった。個人的には「めくらやなぎと眠る女」がとても良かった。めくらやなぎの詩を語るシーンはとても情景が浮かんできた。全体的になかなか面白い短編集でした。

  • 4冊目の村上春樹。その独特な語りにも少しずつ慣れて来た。でも、まだ踏み込めずにハルキ・ワールドのとば口辺りをウロウロしている。“物語に入り込む”という表現があるが、どうしても入り込めない。音の出ない映画を独り見ているような不思議な距離感。その代り、忘れていた日の記憶が次々と湧きあがって来る。雨の中、京の大路をひたすらさまよったことや、高校時に破れ寺を左手に見ながら毎夜走っていたこと。腕時計をしなくなった頃のこと。最後に3つのドイツ幻想。大陸の冬とSバーンを懐かしむ。そして、空中庭園なら大阪梅田スカイビル!

  • 2012/10/8~10/28

  • 「死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。」
    『螢』にあるその一節のように、日常の中に不思議な世界が、そっと存在しているような気がしてしまう。
    http://matsuri7.blog123.fc2.com/blog-entry-125.html

  • 「ノルウェイの森」の原型と言われている「蛍」を含むリリックな7つの短編集。短編を書くことが長編の執筆のインスピレーションになる村上春樹の手法を感じるのも面白い。

  • この本で初めて村上作品に触れました。短編集の中で自分は「踊る小人」がお気に入りです。読みやすくポップでセンチメンタルな童話のような世界観が素敵でした。

  • 短編集。「蛍」「納屋を焼く」「踊る小人」「めくらやなぎと眠る女」「三つのドイツ幻想」が収録されている。
    「蛍」は後に「ノルウェイの森」の元ネタになる作品。直子やキズキやワタナベといった名は出てこないけど。
    「めくらやなぎと眠る女」は村上春樹の別の短編集にも収録されていたと思う。以前に読んだ事があった。
    村上春樹の作品を読んでいる時によく感じる文体の心地よさが、あまりこの本からは感じられなかった。
    でもいくつか心地よい文章もあった。

  • 2012/07/25読了

    日本文学講読の教材、というか考察対象
    色々と考察しやすく(というか、する余地があるくらい意味不明)な村上春樹の作品ではあるけれど
    短編を更に読み解いていく、というのは予想以上に骨が折れたね。
    一つ一つの細かい考察は書かないけれど、言える事はやはり彼の作品はポエジーである、ということかな
    理屈で読むより感覚で読むほうがやりやすいかもしれない
    フランクに読むのと、研究対象として読むのもやはり違うな

    個人的には「めくらやなぎと眠る女」の、彼女の儚げな様子と白い肌そしてその景色が気に入っている。
    「螢」も好き。むしろ、これをベースにした「ノルウェイの森」よりも人間味があるのでこっちのほうが好きかも

    村上春樹は短編作家か、長編作家か
    作者本人の意思とは違い、やはりクオリティ的に私は彼を前者とみなしている。まあ、何をもって「クオリティ」を判断するのか、といったら、難しいところだが。

全417件中 101 - 120件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする