螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.47
  • (267)
  • (530)
  • (1139)
  • (80)
  • (14)
本棚登録 : 5165
レビュー : 417
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001333

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校の頃、最も好きな本でした。
    お気に入りは「めくらやなぎと眠る女」。
    独特な村上ワールド全開です。むしゃむしゃ。

  • 雰囲気的に、映画はこっちを元に作ったような…
    村上春樹は耳フェチ。

  • ノルウェイの森が大好きと言っておきながらその物語の元となったこの作品を今になってやっと読みました。映画のノルウェイの森を見た後のせいで、(直子)と菊池凛子が直接結ばれてしまい、イメージが悪い様に固定されてしまったのが残念。

  • 「納屋を焼く」がお気に入り。

    大学の友人が過去に「村上春樹の長編は往々にして終盤にぐだぐだになる」といっていたのを思い出したけれど、短編のいいところはそのぐだぐだに遭遇する前にストーリーがシャットダウンすること。その後の展開を想像せずにはいられないことだと思う。

  • 文字からその場面の光景が自然と想像出来た。村上春樹の表現力に改めて脱帽。

  • 蛍だけが好き。あとは・・・

  • 意味がわからない。つまらない。

    短編であり、かつ、分量が200ページに満たなかったから、読み終えることができた。

  • 踊る小人がよかった。
    「我々はもちろん象のことを大好きだから、象のそういう習慣あるいは習性を見ているととても苛立つわけだ」

    螢はノルウェイの森の一部だが、この部分だけ切り取ると違った印象だった。

  • この本を読むのは初めてだと思ったのに、どこかで読んだような気がして仕方ありませんでした。
    「蛍」と「めくらやなぎ~」が特に。

    短編集だし、他の短編集に入っていたのを読んで忘れていたのかな、と思いましたが、他の小説の元になったお話しだったんですね。
    だから見知った人物と展開だったのか、と、みなさんのレビューを見てやっとわかりました。

    読んだ本はもっとしっかり覚えておかなくてはなぁと反省したところです。

    一番好きだったのは、納屋を焼く、でした。

  • 踊る小人超こわい。めくらやなぎはもうひとつのやつの方が好き。象工場。

  • 再読。短編集。日常の一場面の描きだし、特に人物の心情描写が多い文学的な小説でした。「納屋を焼く」はなんとなく好印象でしたが、教科書に出てくる風の明らかなオチのない話は娯楽小説としては私向きではなかった。大学1年のときに買った本なので読むと当時の思い出が蘇るという意味でとっておきたい本。

  • 表題作「螢」。
    「ノルウェイの森」からの一部抜粋なのかと思いきや、
    この作品を原型に「ノルウェイの森」が書かれたとのこと。
    緑もレイコさんも永沢さんもハツミさんも出てこないけれど、
    直子やキズキとの事柄、内包する想いなど、
    エッセンスがぎゅっと凝縮されてる。

    「めくらやなぎと眠る女」も直子が入院していた時の、
    ワタナベがキズキとともにお見舞いする時の話の
    原型になってる作品だろう。
    それを回想する形で描かれてる。
    この「めくらやなぎと眠る女」は後年、
    「ノルウェイの森」との繋がりを重視して書き直されたのだとか。
    いつかそちらも読んでみたい。

    またもうひとつの表題作「納屋を焼く」。
    何故に納屋なんて焼くんだろう?
    と思いながら読み進めていたのだけれども、
    最後になって納屋というのは暗喩なのか?と。
    そう思うと、この話はとても怖い話なのではないだろうか?

  • なぜだろう浪人を経た今読むと禍々しさを感じる。
    サブカルリア充男子め…(感想になってない)

  • 弟から勝手に借りた本。ノルウェーの森の素となる短編が入ってた!

  • ダンスの話が良い

  • 「ノルウェイの森」の原作となった「螢」ほか、「納屋を焼く」「踊る小人」「三つのドイツ幻想」そして「めくらやなぎと眠る女」を収録した春樹の初期短編集。

    無性に春樹読みたくて短編つぶし。「めくらやなぎと眠る女」が読みたいなーと思ってたらこれに入っていたんですね。この話もまたノル森や螢みたいな片方の男が死んでる三角関係の話なんでこれがしばらく春樹のモチーフだったんだろうなあなどと思う。
    「踊る小人」が怖かったですね。なんというか春樹にしてはこういうのちょっと珍しいような。あと象工場ってここが初出なのかしら。たしかショートショート集にもあったよね。

  • めくらやなぎと眠る女

    切なくもすがすがしく、悲しく懐かしい。

  • あんまり好きじゃなかった。

  •  読み終えた。
     めくらやなぎと眠る女の、耳と病院の食堂に引っかかった。
     文章の良し悪しなどわからないけど、この人の文章はとても好き。

全417件中 121 - 140件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする