世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.84
  • (1936)
  • (1282)
  • (2666)
  • (100)
  • (20)
本棚登録 : 11147
レビュー : 1079
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001340

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『ハードボイルド・ワンダーランド』
    『世界の終り』
    全く雰囲気の異なる世界で展開される各ストーリーが、どのように交わっていくのか。
    ワクワクしながら読める作品です。

    村上春樹は読者の日常とはかけ離れた存在を伝えるのが上手い作家だと個人的には思っており、
    例えば本作で言うと「記号士」「やみくろ」など、現実には存在しない職業や生物?が違和感なく描写されています。

    村上春樹作品といえば主人公がいとも簡単に女と寝てしまうことで有名ですが笑、
    本作ではそこもうまくいかなかったりと意外な展開?もあります。

  • 何方かの「初めて世界に足を踏み入れた日本の小説」なる旨の発言を目にし、再読。★評価は読了後に。
    しかしまぁ忘却とまでは言いませんが、記憶が相当薄い。毎度のことながら読書に関しては極めて都合の良いことこの上なし。
    それはともかく、初めてかどうか、世界を向いているかどうかは判断できないが、少なくとも日本において様々な分野で影響を及ぼしたことが容易に見て取れる。それこそ小説であれば、似た設定をよく見かけるし。そして大方元祖を超えていない。
    ただこの小説が最終的に何を語ろうとしているのか、まだ上巻では見えてこない。ミステリアスさが上手く機能していると思うし、とにかく楽しみに下巻に進みます。

  • サンドイッチ食べるとこが好き。作って食べたくなる。

  • 展示中 2014.9~

  • 2つの話が並行して書かれる村上春樹でよく用いられる手法が使われる。上巻では共通した部分は少なく今後2つの話がどういった交わりを見せるのかまだまだ分からない。

  • 下巻に期待。

    ハルキムラカミ作品読むのは二作目だけど、読むと自分の脳内がハルキムラカミ節になってしまう感じがする。やれやれ。

  • やれやれ。

  • 早く続きが読みたい

    54〜

    81美味しいサンドイッチの作り方

    村上春樹は、たまに食べ物の描写が出てきておもしろい。

    106 疲れを心の中に入れちゃだめだよ。

    疲れは体を支配するかもしれないけど、心は自分のものにしておきなさいってね。

    107心は使うものじゃないよ。

    146 以前のものとこれからのもののバランスがうまくとれないんだ。だから迷う。しかし新しい歯が揃えば、古い歯のことは忘れる。

    167 中国の一角獣は縁起の良い聖なる動物なの

    325 頭をからっぽにしていれば、邪悪な空気はそこにはいってくることはできないのよ

  •  1988年10月ということなので、初めて買ったのは大学生の頃ですね。ちょっと読んで、意味不明、頭が痛くなったので、読むのを止めてしまったのを覚えています。

     久しぶりに読んでみると、面白いなあ。なんであのときは見えなかったのだろう、この面白さが。20年近い月日の偉大さを思います。

     問題は下巻をもってないこと。どうする?>おれ

  • 数年ぶりに再読。結末はぼんやりと覚えてるんだけど、前半部分は全く覚えてなかった。詳しい感想は下巻を読み終えてから。

全1079件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする