ランゲルハンス島の午後 (新潮文庫)

  • 新潮社 (1990年10月29日発売)
3.45
  • (82)
  • (140)
  • (339)
  • (27)
  • (4)
  • 本棚登録 :1428
  • レビュー :116
  • Amazon.co.jp ・本 (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001388

ランゲルハンス島の午後 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • しょうも無い事を村上春樹がかいています。
    さすが、なんとなく世界観に引き込まれます。
    文章の力凄いです。

  • 村上春樹さんのエッセイ集です。時代の違い、生活の違いがあるものの、肩の凝らないかっこよさを感じてしまいます。ときどき、村上春樹さんの作品を読みたくなります。

  • 水丸さんの挿絵が実にいい。前書きの通りの絵。これらの絵を見てから周囲を見ると、世界が違って見える。お風呂の蛇口の赤と青なんてもう完全に水丸さんの絵に見えてしまう。

  • やっぱ村上春樹は面白いなー♪でもこのエッセイ、村上春樹ってわかってるから面白いけど、知らなかったらただの変な人かも(笑)

  • どのページでもいい。適当にパラパラっと読む。すると、この慌ただしい日常に、ゆったりとした時間が訪れる。ふわふわとした、和みの時間を春樹が水割りを飲みながら語ってくれる。安西水丸氏のシンプルなイラストが文章の挿絵にマッチしていて、パラパラっと見るだけで落ち着く。このエッセイは、コーヒーに合うような本である。

  • あーやっぱり村上春樹のエッセイ好き。
    なんで小説は読まないのにエッセイだと大丈夫なのか不思議。そして毎度エッセイを読むたびに村上春樹と言う人がごくごく当たり前にいる普通のおじさんだと感じさせてくれるのがいい。
    パラパラ好きな時にめくってグタグタお酒とか飲みながら読むのに最適な一冊。

  • ランゲルハンス島がどこにあるのかを私が知ったのは随分前だが、それをタイトルにして何を書いたのか知りたかった。想像とは違ったが、まぁこんなもんでしょうか。
    内容が古いのはそもそも書いたのが昔だからやむなし。
    どうでもいいような話がそれなりになっているのは、やはりそれなりの作家だからか。小説はおもしろいと思わないけど。

  • 可も不可もないエッセイ集、内容をすぐに忘れてしまいそう。通勤電車で読むには良いんでは。
    しかし安西さんはもういないってのは寂しいですな、確かに。このエッセイ集の絵を見ていてしみじみ思いました、何だかイタリア国旗のような色使いが多いなあと感じつつ。

  • 柔らかい文章が好きだなと思います。絵も柔らかくて光を感じて好き。カノンの歌で「何ぞや」と思って調べたランゲルハンス島ですが、体内に島という名前が付いたものがあるって不思議だな。でもかわいくて好きな名前。するすると読みやすいです。

  •  村上春樹は日常をオシャレで優雅な文学に仕上げてしまう文章力で、日本の街並みもパリの街角にしてしまう。
     たとえ横になってゴロゴロしながら読んでいても、「村上春樹読んでたよ」と言えば、優雅な気分になる気がします。

全116件中 1 - 10件を表示

ランゲルハンス島の午後 (新潮文庫)のその他の作品

ランゲルハンス島の午後 単行本 ランゲルハンス島の午後 村上春樹

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ランゲルハンス島の午後 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ランゲルハンス島の午後 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする