村上朝日堂 はいほー! (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.53
  • (88)
  • (167)
  • (323)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 1468
レビュー : 115
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001401

作品紹介・あらすじ

せっかちで気が短い。占いには興味がない。最近の映画の邦題はよくないと思う。ときどき無性にビーフ・ステーキが食べたくなる。双子の恋人が欲しい。フィッツジェラルドとチャンドラーとカポーティが好き。この中で三つ以上思い当たる方は、誰でも村上ワールドの仲間です。はいほー!と軽やかに生きるあなたに贈る、村上春樹のエッセンス。安西水丸画伯のイラスト入り、全31編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 村上春樹さんが、1980年代に書いた初期のエッセイです。かなり尖ってますよ。変人です。標語が嫌いらしいです。で、ラブホテルに、標語の落書きをとか書いてます。その文言が怖い。「終わると空しいでしょう」。ちょっと病んでますね。やばいです。でも、若いころの村上さんのちょっと偏屈で、外国文学とオペラが好きで投資が苦手で、なんか人間ぽいところは、すごく読んでいて楽しく、これが僕の産まれる前に書かれた作品だとは思えないのです。
    http://kafuka.doorblog.jp/archives/17828175.html

  • この時代の村上春樹のエッセイ、だいすき。ことばのチョイスとか生活の仕方とか好みとか、ぜんぶいいなあ。

  • 再読 19951202 19960710

  • 本書の「わり食う山羊座」を読んで、結婚を決めました。つれあいはてんびん座、そして私が山羊座。結婚すると長続きするとか。今年(2018年)23年目になりました。なぜかこのあたりのエッセイが全然あがっていなかったので、本棚に入れました。

  • 再読。実家から持って帰ってきた本の一冊。
    やっぱりおもしろい!
    特に「わり食う山羊座」はそうだ!そうだ!!と共感します。
    そして今でも通用する話も出てくる。
    楽しい時間でした。

  • この人のエッセイは読み易い。
    それぞれちゃんと練られてて安易ではない。
    こういうの読むと起承転結って大事だと思う。
    そこらに溢れている雑文とは違う。

    それにしても時代ってかわるんだなぁ、激しく。
    「うさぎ亭」とても気になる。

  • くだらないけど面白い。春樹さんの頭のなかを少しのぞいた気分。

  • タイトルがふざけてるので、シリーズでは最後の砦だったけれど、読んだら大好きだった。お正月秋田(実家)に帰って、電車の時間がくるまでの時間を過ごすため。今まで取っておいてよかった。

  • たぶんこの1冊で未読の村上朝日堂がなくなってしまった。さみしいのでとても大事に読んだ。なんといってもうさぎ亭の話がお気に入り。こんなに食欲をそそられる描写ははじめて読んだかもしれない。おいしそうなコロッケをはじめとする料理の数々に思わずよだれがたれそうになった。そしてうさぎ堂そのものとその主人にもぐいぐい興味がそそられた。この話が入ってるというだけで大好きな1冊になった。村上春樹のエッセイを読むときは心のこりがほぐされるので、日常で苦しくなってるときに知らず知らずの内に手にとってしまうってことに気づいた。

  • エッセイは、電車に乗り移動の時、短時間でかるく読めるのがうれしい。
    「『スペースシップ』号の光と影」
    「貧乏はどこに行ったのか?」
    年月が過ぎ、社会も自分も変わって、昔は感じたことが感じられなくなる、ノスタルジックな雰囲気が気に入りました。

全115件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

村上朝日堂 はいほー! (新潮文庫)のその他の作品

村上朝日堂はいほー! 単行本 村上朝日堂はいほー! 村上春樹

村上春樹の作品

村上朝日堂 はいほー! (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする