ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.63
  • (1443)
  • (1659)
  • (3299)
  • (230)
  • (65)
本棚登録 : 15792
レビュー : 1116
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001418

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何故だか分からないが
    長らくこの本のタイトルを
    「ねじまき島のクロニクル」と
    勘違いしており,まわりにも
    そういう人がいた。

  • いつもながら、不思議な読後感の小説を書く作家やと思う。

    作品の感想とは異なるけど、「池のアヒルのヒトたち」のくだりは、サリンジャーの”The catcher in the rye"に出てくるセントラルパーク、Pondのduckのことを思い起こさせて、村上春樹のサリンジャー好き?が垣間見られて気がして興味深かった。

  • 私の心の奥深くで何かが再構築された。これを読んだとき、新しい自分になったと思いました。

    そう、何かが私にインストールされて、いままでのスペックより格段に上がった自分になれたのです。

    一体何がインストールされたのかは未だにわからないけど。

  • やっぱ村上春樹作品は尺が長いものこそ、って感じがする。最近続けて短編集を読んだってこともあって、自分の中でなめてかかってました…これは面白い。まだ序盤だし、これからの展開によっては評価も下がるけど、とりあえず出だしのインパクトとしては十分。特にこの第一巻の最後、蒙古の残虐性の描写は、目を背けたくなる内容ながら、ページを繰る手を止められなかった。この調子で突き進めば最高なんですが、さて。

  • 時間をかけて再読。
    「ねじまき鳥」のイメージが、村上春樹らしくて好きです。
    姿は見えないけど、「ぎいいいい、ぎいいい」と世界中のねじを巻いて回っている鳥。言葉の選び方と、表現が、ハルキらしい。と感じます。
    複雑に交差し、ぶっとんだ挿話の連続の中にも、深いつながりを持たせて、最後にはよくわからないけど、ちゃんと呑み込める、村上長編の魅力。これと「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」に共通するファンタジー性がにじみ出ています。

  • 結婚生活をおくっているせいか、
    今回はとりわけ嘘とかすれ違いとかそういうことが、
    実感としてわかりました。

    クミコってちょっと直子に似てるよなー

  • 一匹の、ワタヤ・ノボルという猫が居なくなってから、狭い世界の中で次々と起こる奇妙なおはなしのおはなし。

    今まで村上春樹の短編集を幾つも(というのか、ほとんど)読んだのだけど、懐かしい再会のような、そんな印象をうける。

    加納マルタと加納クレタ、猫のワタヤ・ノボル、ねじまき鳥、
    芝生を刈っていた学生時代。1984年。

    戦争の描写は、なんというか、間宮少尉の口調の所為かもしれないけど、村上春樹らしくなくて、生生しく、あたしも食欲をなくしてしまいそうな気分。

    これはとても長い話になりそうだ。

  • 中三の夏。

    部活も終わり、受験勉強シーズンとなった時に読んだ本。
    数字としての目標はあるものの、日々のやりがいを感じられずフラフラ。
    勉強を一生懸命やった事のない自分は、受験勉強はおろか日々の勉強のhow toも身についてはいなかった。部活万歳。
    公立高校行って、思いっきりバレーがしたい。
    ブレザー着て、自転車通学がしたい。それが私の夢だった。

    そんな時、
    ものすごく難しい本があると小耳にはさんだ。
    難しい本?
    小説なのに、攻略本がでてるらしい。
    攻略本?

    あらゆる興味をもってかれ、とりあえず読んでみる事に。
    初・村上小説。

    内容も、教訓も覚えてないけれど、読み切った達成感、今までの小説とは違う手ごたえ。
    この人の本をもっと読んでみたい、興味。ねじまき鳥読み切らなかったら、カフカは読んで無かったと思う。

    そうなると、ターニングポイントな一冊。

    井戸、娘、猫。

    だったかな?

    また読んでみたい、一冊。

  • 記録。

    なぜもっと早く読まなかったのか!

  • クミコはいずこへ…

全1116件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする