ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.63
  • (1443)
  • (1659)
  • (3299)
  • (230)
  • (65)
本棚登録 : 15795
レビュー : 1116
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001418

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013年第一弾本。
    細かく言うと、年末から読み進めてたから年越し本ともいえる。

    実は2回目。

    だけど、他の春樹本がすべからくそうであるように
    一回目より二回目、二回目より三回目の方が面白く感じた。
    あるいは理解が深まった、というべきかも。

    第一部で強く印象が残るのはやはり、
    間宮中尉の話だ。
    それほどの細かな描写があるわけではないのに、
    太陽を背に絶望を持ってこちらを見下ろすロシア人将校が見える。
    モンゴル軍人の卑猥な薄ら笑い、
    顔にまとわりつく砂利、
    将校の清潔で瀟洒な靴の硬さ。

    気が遠くなるほど広い砂漠、
    井戸の壁の冷たさ、
    『光の洪水』と例えられた陽光の強いエネルギー。

    それらを、そこにあるものとして感じられる。

    読書の醍醐味が全てここにある。

    人生の真の意義とはこの何十秒かだけ続く光の中に存在するのだ。

    この言葉が、一番残ったかなー。


    小説を読んでの考察とかはあまり好きではないのですが、
    カフカしかり、他の作品しかり、
    『何らかによって一度(物質的にではなく)死んでしまった人たち』
    がやはり出てくるんだなーと。
    死と生の間の存在というか。

    こういった人たちが出てくる度に、
    村上さん自身の身の置きようというか、
    一体いつもどういった精神状態で作家活動をしているんだろう?
    と、思わずにはおれません。

    カフカにおけるさくらのような、礎のようなものがあるとしたら何なんだろう?

    どうやってこの世界との折り合いをつけているんだろう?
    そのくらい、読者も世界に引きずり込まれてしまうので。

    そんなようなことを思いつつ、第二部にいってきます。

  • たとえ周りの理解が得られなくても、私は村上春樹の作品がやっぱり好きだと自信を持てるきっかけとなった一冊。

  • あらすじ[編集]
    会社を辞めて日々家事を営む「僕」と、雑誌編集者として働く妻「クミコ」の結婚生活は、それなりに平穏に過ぎていた。しかし、飼っていた猫の失跡をきっかけにバランスが少しずつ狂い始め、ある日クミコは僕に何も言わずに姿を消してしまう。僕は奇妙な人々との邂逅を経ながら、やがてクミコの失踪の裏に、彼女の兄「綿谷ノボル」の存在があることを突き止めていく。(Wikipediaより)

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    引き続き村上春樹週間。

    前回の「国境の西」がひどい感想になってしまったので
    元となった作品を読んでみる。

    全部で3冊。結構な長編ですな。
    今度はちゃんと伏線回収等あるのだろうか...

    でもそう言いながらもこの人の文章はさくさく読めますねぇ。
    相変わらず無駄にエロい文章が入りますが。
    (無駄じゃないのかな)

    で、第1部。
    まずタイトル秀逸!
    ねじまき鳥って何だろう。
    なんだか分からないけどキュートな感じ。
    で女性の心もわしづかみですよ。

    で、クロニクル、と言うからには年代記ものなんでしょう。
    なるほどなるほど。

    冒頭は主人公が夫婦で飼っていた猫がいなくなった所から始まります。

    ちなみにすでに猫はいなくなってしばらくたっている設定。
    村上春樹作品には動物がたくさん出てきますが、
    その中でも「猫」と「羊」は特別な位置にいる感じ。

    で、主人公は仕事をしていない。求職中。
    奥様はバリバリ?仕事していて、主人公が仕事をしていないことにも理解がある。
    いい奥さんだな~。

    でも、この奥様がなんと失踪してしまうのです。
    あ、でもその前にもいろいろありましたね。

    猫を探すために不思議な人物加納マルタと会ったり。
    テレクラかと思うような電話がかかってきたり。
    不思議な老人、本田さんの形見分けのために間宮中尉と出会ったり...

    そんな、ある意味では予兆のような展開がありながら、
    間宮中尉と会ったその夜に奥様が消えてしまいます。

    主人公の冒険はここから始まるのです。
    第1部はそこに至るまでの壮大なプロローグです。
    (言いすぎ)

    相変わらずちょっとしたファンタジーですね。
    現実と現実じゃない世界との交錯が...

    そしてよく出てくる美少女も、今後どんな展開を見せるんでしょう!
    楽しみですね。

  • いつもながら、不思議な読後感の小説を書く作家やと思う。

    作品の感想とは異なるけど、「池のアヒルのヒトたち」のくだりは、サリンジャーの”The catcher in the rye"に出てくるセントラルパーク、Pondのduckのことを思い起こさせて、村上春樹のサリンジャー好き?が垣間見られて気がして興味深かった。

  • 三部作まとめて。

    一見問題のなさそうな夫婦。
    猫が行方不明になったことをきっかけに
    物事はどんどん異様な方向に進んでいく。

    加納マルタ・クレタ姉妹
    綿谷ノボル
    笠原メイ
    間宮中尉のノモンハン事件
    ナツメグ・シナモン母子
    バット
    井戸

    さまざまなキーワードが全てどこかで繋がる。

    もはや想像を絶する世界観です。
    村上春樹を初めて読む人にはお薦めしません。

    やれやれ。

  • 途中で休憩が入れられません。
    助けて。

  • 村上春樹の別の評論を読んでいるうちに、ふと彼の長編を読みたくなって手に取った、村上文学 中期を代表する長編(1996)。第一部、第二部は俗に「僕がパスタを茹でて射精する話」と揶揄される典型的な文体だが、第三部では多様なナレーション形態を導入していて、後の三人称小説への転換点と見ることができる。しかし小説としての緊密さというか、物語の持つ神秘性は、書き慣れていたのか一人称パートの方が優れていて、第三部では緊張の糸が切れたという感じ。

  • 久々に村上春樹を読む。かれこれ、20年ぶりくらいか。久しぶりに読みながら、いわくいいがたい心地よさを感じている。こじゃれたレトリック、ウイットが楽しく、文章も平易でするする読める。
    1巻を読み進めているとき、東京地方はちょうど梅雨明けし、急激に盛夏が訪れた。本作の季節が真夏のためもあるが、村上作品は、夏休みの気分としっくりくるのを感じる。岡田“青年”の、人生がまだ固まっていないサスペンデッドな状況も、そう感じさせる理由のひとつか。
    “主夫”なので、一日家で家事をしたり、コーヒーをいれたり、ビールを飲んだりしている。そんな時間の流れも夏休みな感じである。

    さて、1巻を読みつつ感じるのは、何かが収まるところに収まろうとすること、そのプロセスを描こうとしている気配である。
    加納マルタ・クレタ姉妹なる“能力者”が、直接的でない、暗示的なメッセージを岡田に伝えてゆく。岡田の日々に、何かの変化が生まつつあり、それが現実の表層に見え隠れし始めている。妻クミコが大切にしていた猫が姿を消したのが、その始まりだった。

    “僕”と、妻クミコとの夫婦生活は、洗練というか簡素で、安定した信頼関係を感じさせる。けれども、かすかな不穏な気配も漂いはじめ、大いなる変化も予感させる。
    しっくり来ること、あるいは、しっくり来ないこと。
    明確に言語化するのはむずかしい。だが、人が生きていくうえで、そういうしっくり感や、かすかな違和感は、大切なことで、無視できないものだと私は思っている。言語化できないが、各人の人生の本質的なことにつながっているように思う。努力とか夢などとは異なる次元にある、そういうこともおおいに大切なのだと考える。
    さらには、気の流れや、運気の節目みたいなこと、時機や時勢が満ちること。
    私自身、そういうものに重きを置いている。なので、この物語の、直接的でない語り口、なにか見えない変化が静かに進んでいる様子は、素直に読めるし、苦でもない。
    物語は、暗喩に満ちている。
    未知の女性の奇妙な電話。入り口も出口もない“閉ざされた路地”。無人の空き家の庭にある、深い井戸。失せものの出現。あらゆる痛みに苛まれたという加納クレタの半生。託された“空の箱”。

    さて、そして、間宮中尉が語るノモンハン戦での体験は、凄惨きわまりない。
    以前、その一節のみ拾い読みをしたときは、もっと衝撃を受けたのだが、今回、初めから順を追って丹念に読み進めると、同章を、少し違った印象で読んだ。
    吐き気がするほどの衝撃度、読後感は、なぜか今回は和らいで感じた。
    豊穣な、より大きな流れ、文脈のなかで受け止めたためか。

  • 不思議さと怖さが同居していて、頭の中をぐるぐるループして、何度も読み直しながらハマった。

    解説本がいろいろ出ているのも気になる。

    ザ・村上春樹ワールドだよなぁ。

  • ファンタジーなのに戦争の生々しいストーリーがブッ込まれている。登場人物のキャラが立っていてグイグイ引き込まれる。

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする