ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.63
  • (1123)
  • (1387)
  • (2710)
  • (173)
  • (34)
本棚登録 : 12805
レビュー : 619
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001425

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • #再読

  • 急展開
    1Q84もそうだったけど2冊目が結構面白い

  • 2017/03/03
    失われて、傷ついて、謎が少し明かされて、悩んで、選択を与えられて、待つ選択をして、世界が変わり始めた話と感じた。

  • レビューは3巻で。

  • ※1〜3部の感想をまとめて記載

    最近ちょっと読んでいた村上春樹。

    第1部から2部の途中までは、世界観にどっぷりハマって読めたのだが、それ以降が失速して読み終えるまでがかなりツラかった。

    前半に色々と出現する謎、キャラクターも含めた作品の雰囲気は凄く良かったんだけれど…
    ここまで引っ張ると少々中だるみ感があった。

    「ハルキスト」にはなれそうも無いかな…

    <印象に残った言葉>
    ・ ひとりの人間が、他のひとりの人間について十分に理解するというのは果して可能なことだろうか。つまり、誰かのことを知ろうと長い時間をかけて、真剣に努力をかさねて、その結果我々はその相手にどの程度まで近づくことができるのだろうか。我々は我々がよく知っていると思い込んでいる相手について、本当に何か大事なことを知っているのだろうか。(1部 P53 僕)

    ・でもだからといって、何をやりたいかっていうと、何もやりたいことなないんだ。やれと言われれだ大抵のことはできそうな気もする。でもこれをやりたいっていうイメージがないんだよ。それが今の僕にとっての問題なんだ。イメージがもてないんだ。(1部 P269 僕)

  • 全体はどうなっていくのか全く予測不能。でも引き込まれてしまう不思議な本

  • 性行為はそれが遠く離れて行ってしまったときに一番魔力を感じるのかもしれない

  • 再読2回目。(初回は登録前に)クミコの家出→ワタヤノボルとの対面→クミコの浮気の発覚→井戸に籠る→加納クレタや笠原メイとの出会い→叔父さんの一言がきっかけで自分にとって大切な何かをつかむ決意をするまでの話の流れ。場面説明がハッキリとしない文章で読むのに苦労したが、うじうじとした展開から物語が動き次巻へ続く流れは歓迎。オカダトオルはクミコを無事取り戻すことができるのか?。次も読んでいきたいと思う。

  • 話がどんどん広がっていく。登場人物もまだ増える。マルタとかクレタとか出てくる。

  • 第3巻に記載

全619件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする