ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.65
  • (1314)
  • (1484)
  • (2786)
  • (233)
  • (36)
本棚登録 : 15734
感想 : 907
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (600ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001432

作品紹介・あらすじ

猫は戻り、涸れた井戸に水が溢れ、綿谷昇との対決が迫る。壮烈な終焉を迎える完結編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 笠原メイが救いだった。でも、笠原メイにとっても僕の存在が救いだった。
    笠原メイはバイク事故を引き起こし、運転していた男の子の命を奪うことになり、重荷を背負う。彼女も井戸の底で苦しみ、僕も消えた妻、クミコを取り戻すために闘う。二人は歳は離れているが、同志のような存在だ。
    しんどい時、笠原メイの名を呼び、笠原メイは月の光に自分をさらし、彼を思う。
    支えられている。お互いに。
    笠原メイは地道に生活を始め、僕はクミコを救える場所まで辿り着く。
    クミコもまた、井戸の底で苦しむ一人である。
    家族の呪縛、自分自身の呪縛からなかなか自由になれない。

    なぜ、僕はあんな目に遭わなくてはいけなかったのか、それがまだ見えてこない。
    もう一度読み返した時、見えてくるのかもしれない。

    今回、登場するシナモンという存在は魅力的であり、僕の救世主となった。

    長編だったけど、二巻、三巻とあっという間だった。

  • 久しぶりに村上春樹の長編を読了。

    時系列的にはこっちのほうが古いんだけど、『騎士団長殺し』的なイメージが強かった。特に登場人物が涸れ井戸の底にいる感じなんてね。ほぼ同じような描写が『騎士団長殺し』にもありましたね。

    村上春樹は狭くて、暗くて、じめじめしたところにキャラクターを置くのが好みなのかもしれないな(笑)。

    村上ファンタジーのお約束で、ストーリーに出てくる謎の解き明かしや伏線の回収等はまったくありません。このあたりは
      まあ、村上春樹だから・・・
    ということですべて許されるのでしょう。

    という訳で、このモヤモヤ感を感じる為に村上春樹を読んでいるとっても過言ではないでしょう。

    結論として、極上の村上ワールドを堪能させていただきました。
    ありがとうございました。

  • 69冊目『ねじまき鳥クロニクル 第3部 鳥刺し男編』(村上春樹 著、1997年10月、新潮社)
    村上春樹の90年代における代表作である3部作、その最終巻。
    グネグネと形を変えながら進むこの物語は、まるで週刊連載の漫画のよう。第1部からは想像もつかないような地平へと読者を運んで行く。
    お話に整合性はなくその形はかなり歪。しかし読み終わるのを勿体なく感じさせる、圧倒的な満足感は流石。村上春樹の非凡なイマジネーションを改めて体感させられた。

    〈もし何かがあったら、また私のことを遠慮なく大声で呼んでくださいね〉

  • 第3部まで読んでみて、「ガダラの豚」を連想させるところがあったのかな、と思っています。スリル、恐怖、狂気が次から次へとやってきます。そう、共通するものは狂気、それとほかの人にはない能力(=gifted)だったのかな。
    それらが、夢だったのか、現実だったのか、別次元だったのか、混とんとしたまま終焉を迎えます。

    それで、これを舞台にしたのですか???
    どんなに大変なことだったことでしょう。

  • 当時初期から村上作品を読んでいた人達は、このねじまき鳥クロニクルでの変化に驚いたのではないかと思う。第一部から第三部にいたるまで戦争や残虐な描写が出てきた。目を覆いたくなるような場面もあった。ボリスと綿矢ノボル、間宮中尉と岡田トオル。ボリスをやれなかった間宮中尉、綿矢ノボルを追い詰め葬った岡田トオル、そして妻のクミコ。色んなものが複雑に絡み合っている小説だったなと思う。

  • バット‥‥。

  • やーーっと、読み終わった。
    3部作を読み終えるまで実に長かった。
    なぜ長くなったか。暗く底が見えない井戸のように世界観が深くすぎて、様々な解釈をしながら、一歩ずつその世界を進んで行ったから。
    主人公の思考の世界に迷い込み、一緒に苦悩し、解放された、そんな感覚を覚える作品だった。

  • 何度目かの再読

    難解だし、登場人物はみなエキセントリックだし、主人公は淡々と奇行を繰り返すけど、読んでいるうちにだんだんと自分のほうがおかしいのかなとか思ってしまう不思議。井戸の底に潜るなんてなんでもないことなんじゃないかって。

    これからもまた読み返すのだろうなぁ。
    渡り鳥が抵当用資産を持たないように、僕も予定というものを持たない、ってなんだかステキですね。

  • コロナ騒動の直前に、舞台版「ねじまき鳥クロニクル」を鑑賞。その衝撃冷めやらぬ中、何度目かわからない再読。
    以下、実況風ひと口メモです。

    「ねじまき鳥クロニクル」再読(第3部)。

    改めての感想。

    本作では、登場人物の多くが、何らかのトラウマを抱えている。
    それを押し殺すようにして暮らしているうちに一層深い闇に取り込まれていく。

    妻が突然去っていった本当の理由を探し求める中で、主人公は日々家事をこなし、打ち捨てられた枯れ井戸深く降りていってひたすら自分と向き合う。

    家事、とくに掃除と瞑想。ある意味で禅の修行そのもの。

    そして、「歴史の因縁(←仏教用語。)」が、今そこにある問題と分かちがたく結びついていること。
    (ここで、著者の父親が中国に出征経験のある僧侶であることは思い出されてよいと思う)

    井戸の底(=意識下)で、次々と流れ来る様々な思念をひとつひとつ「棚上げ」していく中で、主人公はそのことに徐々に気がついて行く。

    「ねじまき鳥」出版当時に「マインドフルネス」という言葉はまだなかったと思うが、いずれにせよ外国人が本作を熱狂的に受け入れるのはある種必然だった。と、改めて感じる。

  • 読み始め、どこかの短編集に収められていた話から始まった。(たぶん)

    今回これを読んですごく印象に残っているのが、笠原メイが話していた茶碗蒸しのこと。
    電子レンジに茶碗蒸しの素を入れて、マカロニグラタンが出来上がったらどう思うか?(たしかこの二つの料理だった)と言う話。
    個人的に、茶碗蒸しの素をいれてマカロニグラタンが出てきた時に憤慨してしまう人は村上春樹の小説を読むのがあまり好きではないような気がする。
    予想とは違うけど、マカロニグラタンが出てきたならそれが正しいのかもしれない、なんて思うのはなんだから村上春樹的である気がする。
    このように、ハードボイルドな、物事のあるままに暮らしているのが最初の主人公である。
    主人公は妻が失われてしまったことで、起こった物事をあるがままに受け入れているだけではなくて、自分の信念とか目的みたいなもの(クミコを連れ戻す)を持って行動するようになった。
    これは主人公の歳が30歳くらいであるけど、青年の自己形成のお話みたいに感じた。
    あるいは、人が新しく動き出すのが何歳であっても良いということなのかもしれない。

    あともうひとつ、浮気?に関して。
    主人公はかつて同僚を充電したし、クミコはいろんな人と交わったわけだけど、それでも二人はお互いを愛し合っている。
    しかし、自分の恋人がそういうことをした場合のことを思うとへんてこな気持ちになる。
    恋人が他の人と交わったとしても、それだけで嫌いになれるとはとても思えないし、かと言って一緒に居続けるのも辛いような気がする。
    恋人が浮気をする前から、そういう本質みたいなものが恋人のなかに内在していたはずだから、行動に現れたからといって愛してはいけないわけではない。しかし、愛し続けなければいけない理由もない。
    身体の関係があっても愛が動いていなければいいのだろうか??
    昨日、三島由紀夫の本を読んでいるときに、「行動とは人生の要約である」というのがあった。
    浮気的な行動が現実になったら、真っ直ぐに愛し続けていない人生だったということになる。
    しかし、これは半分合ってるし、半分違っていると思う。
    先ほどのマカロニグラタンの話のように、自分の今までの人生からは考えられないような行動が電子レンジから出てくる可能性だったあるのだ。
    このようにぐるぐると考えていると、迷路のようなホテルに迷い込んだ気分になる。

    最後に、この小説のわかりやすくて、わかりにくいところがとてもおもしろいです。

全907件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1949年京都府生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。79年『風の歌を聴け』で「群像新人文学賞」を受賞し、デビュー。82年『羊をめぐる冒険』で、「野間文芸新人賞」受賞する。87年に刊行した『ノルウェイの森』が、累計1000万部超えのベストセラーとなる。海外でも高く評価され、06年「フランツ・カフカ賞」、09年「エルサレム賞」、11年「カタルーニャ国際賞」等を受賞する。その他長編作に、『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』『街とその不確かな壁』、短編小説集に、『神の子どもたちはみな踊る』『東京奇譚集』『一人称単数』、訳書に、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』『フラニーとズーイ』『ティファニーで朝食を』『バット・ビューティフル』等がある。

村上春樹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×