ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.63
  • (1166)
  • (1272)
  • (2631)
  • (202)
  • (29)
本棚登録 : 12318
レビュー : 734
  • Amazon.co.jp ・本 (600ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001432

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっと読み終えました。
    読み応えがあったなぁ。

    なんだかんだ言ってクミコさんを救おうとしてる、主人公が居たわけですが、なんとかして
    兄の呪縛からクミコさんを救おうとしてる意思に感服してしまった。

    それと、シナモンの万能さと、学習面に関する、あらゆることの飲み込みの早さに惚れた。

    こういう続きがありそうな感じの物語、嫌いじゃないです。 また、何年か経ったら読むかもしれない。

  • 最後まで、のめりこめなかったなぁー。最後も、納得できたような、できなかったような。

    うーん。非常に難しい作品でした。

  • 装飾ばかりが過剰なお中元、という感じ…。

    頑張って全部読んだけど、未だにどういう態度で読めばいいのか分からない。
    そこのところが分からない限り、もう一度読むことはないだろうな。

  • 戦争描写や夢? の世界の描写、井戸の描写など、全てが読みやすく、しかし、表現の仕方が綺麗。物語の方は謎めいていて面白い。

  • 読み出したらとまらなくて3まで読みました

    最後まで読んで思ったのは
    私にはくどかった

  • 近所でいっせいにキンモクセイが咲いて いる。 昔々の恋人を思い出す…
    今や、世界はその香りに包まれた!

    さて、鳥刺し男とは誰なのだろうか?
    牛河か、わたしはシナモンもそうじゃないかと感じる。 牛河とシナモンを足して二で割ったような人物。

    もしかしたら、それはわたしかもしれない。
    人は誰もが悪を抱え持っている。

    しかし、損なわれた者は取り戻すことができるのか?

    また、取り戻すべきなのか?

    クミコをどうしても待つという主人公の行為に違和感を持たずにはいられない。

    そして、まだ、僕は生きている…
    そう思うと、ぼくは待つのかもしれない。

    Mahalo

  • 上・中・下読了。
    村上作品はデビュー作「風の歌を聴け」から追ってここまできたが、それまでの作品とは毛色が違う印象を受けた。
    リアリスティックというか。それまでの作品では「新宿」とか「札幌」とか具体的な地名が書かれていようが実在しない不思議な異世界の話が舞台であるように感じられたのだが、この作品は少し「手に取って触れるような」リアリティをもったものになったと思う。
    とはいえ私は不思議な異世界のような新宿や札幌やハワイが大好きなのだが。

  • 3冊まとめて、再読すること十何回。
    意味不明すぎた初読、一個一個のエピソードを噛み砕いてみたり、雰囲気を楽しんでみたり、そして今、やっぱり??????????ハテナなままの物語。
    圧倒的な支配のもと生きた戦争の時代、自由を手に入れた後も変わらず何かに支配されながら生きている時代
    戦争でのやむ終えない罪、出来心からおきたメイの罪
    抗えない運命、だってねじまき鳥のねじ次第なのだから
    でも、自分の意思で生きようと頑張るヒトたち
    自由ってなんだい 君は思うように生きているかい?
    尾崎豊のような世界間?

    テーマがわかりやすい小説が好きですが、この独特の世界観が村上春樹のカリスマ性を生んでいるのでしょうか。
    私にとっては、何回読んでもわからないだろうけど、わかりたいと何度も読んでみる作品です。

  • なんとなく、なんとなく理解

    いつかもう一度読み直したい本

  • 1.2ほどすらすら読めなかった。
    間宮中尉の話とナツメグの話がきつかったな。
    皮剥ぎと動物園。
    くらくらする。
    笠原メイが好き。
    村上春樹の作品に出てくる17とか18とかの女の子はみんな素敵。
    くるくる繋がっててよくできた話だと思う。

全734件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 (新潮文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする