辺境・近境 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.54
  • (106)
  • (242)
  • (403)
  • (25)
  • (5)
本棚登録 : 2086
レビュー : 157
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001487

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旅とは、人生とは孤独に慣れる練習である。納得。

  • メキシコ!!

  • 村上春樹はエッセイもかなり好きです。
    独特の比喩が効いた飄々とした文章は読んでい気持ちがいいですね。

  • 卒業旅行が移動の多いツアーだったので、その移動中に読み、帰りの飛行機で読了。旅行中に旅行記を読む、というのもなかなか乙であると思ったとか、思わなかったとか。

  • 村上春樹の紀行文を何冊か読んだが、なかなか味があるなと思う。
    この本では、外国はメキシコ、モンゴル、アメリカから日本は香川、阪神間と、遠くから近場まで旅行する。でも、我々の旅行のように楽しかったなあ、珍しいものをみたなあというのは、あまりない。むしろ、こんなひどい目にあったな、大変だったなあというのが多い。でも、それを楽しんでいるようでもある。結局、レストランでビールやコーヒーを飲みながら、持っていった本を読んでいるのが一番いいのではないか。
    なかなか思い通りにならなくて、ぶつぶつ文句を言っている村上春樹氏が読者にとっては一番面白く、またこの種の本を買ってしまう

  • 村上春樹の旅行エッセイ集。神戸からメキシコまで、とにかく様々なところに行っている筆者に唖然。かなりさばけたトークに、今まで村上春樹に抱いていたイメージが変わった。

  • 同じ旅行にしても、讃岐うどんツアーとメキシコ辺りの違いがもう大きすぎます。
    辺境は過酷ですね…。私は虫がプイプイ寄ってくるなんて耐えられません。

    11.10.21

  • やっぱり四国人ですもの…「讃岐のディープなうどん紀行」がうれしかった(笑)。お隣県民なのに、香川でうどん食べたのは多分1回だけのような気がします。村上さんの行ったところをたどってみたい。

  • 20110815読了。

  •  ノモンハンの戦跡、香川のさぬきうどん、瀬戸内海の無人島でキャンプ、メキシコの長時間バス旅行、東海岸のボストンから西海岸ロサンゼルスまで2週間以上をかけての北米大陸横断などなど。雑誌掲載のための取材旅行をはじめとする、1990年から1997年の作家・村上春樹による辺境なき時代の辺境旅行記が、この一冊に収められています。現地での体験や空気感だけでなく、心象風景も綴られており、場所が作品に与えた影響を感じ取ることもできます。
     小説のファンはもちろんですが、旅行好きにもおすすめ。

全157件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

辺境・近境 (新潮文庫)のその他の作品

辺境・近境(韓国本)の詳細を見る 単行本(ソフトカバー) 辺境・近境(韓国本) 村上春樹
辺境・近境(新潮文庫) Kindle版 辺境・近境(新潮文庫) 村上春樹
辺境・近境 単行本 辺境・近境 村上春樹

村上春樹の作品

ツイートする