九十三歳の関ヶ原: 弓大将大島光義 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101004518

作品紹介・あらすじ

信長、秀吉、家康から弓の名人と認められた実在の老将大島光義。鉄砲より優れた連射技と一射必殺の狙撃の凄腕で名を上げ、八十四歳の時、八坂の五重の塔の最上階天井に十本の矢を射込んでみせた。九十三歳で関ヶ原に参陣、生涯現役を貫いた剛直無双の士だったが、激動の時代に大島家を守り抜いた臨機応変の人でもあった。史書に「百発百中」と記され、九十七歳で没した傑物を描く力作歴史小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人生100年時代。学び続ける姿勢は大事だと思った。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

作家

「2017年 『加藤嘉明』 で使われていた紹介文から引用しています。」

近衛龍春の作品

九十三歳の関ヶ原: 弓大将大島光義 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする