刺青・秘密 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.69
  • (312)
  • (327)
  • (626)
  • (36)
  • (5)
本棚登録 : 3467
レビュー : 331
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005034

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「刺青」「少年」「幇間」「秘密」の前半4編は理解に苦しんだ。肉体上の痛みや恐怖が耽美への世界へ変わっていくのを自分でも認めようとはするのだが、それには変態的で官能的すぎる。はっきり言ってしまえばSMの世界なのである。解説ではそれを、能に見る「殺しの場」と同様、芸術的感激を与えるものだと言っている。

    自伝的作品といわれる「異端者の悲しみ」は一転、作者自身の魅力を知るのに重要である。作品を読む限りでは気違いのように思われる作者は実は、気が遠くなるほど真面目すぎた。少年から青年に成長する上での不徳を許されぬ罪としていつまでも背負い、自責を続け、逃げる場所もなくしてしまう。このような感情に覚えがある人もいるのではないだろうか。とにかく吐き気がするほどリアル。

    「二人の稚児」「母を恋うる記」の2編は非常に文章の綺麗さ・精密さが目立つ作品。

    代表作となっている「刺青」だけでなく、すべての作品に目を通して欲しい。

  • 刺青の章だけ読了。何とも形容し難い、本当の文章としてのエロティシズム、耽美主義であると思う。繊細な描写と語彙の選択のひとつひとつが艶めかしく、文章そのものが妖艶さを放っている。
    彫刻家(芸術家)の心描写とその生き様、生きる意味や意義を描くところはとても素晴らしい。

  • ・異端者の悲しみ

    主人公の中に何年か前の自分を見た。
    主人公のモデルは彼本人らしい。
    最近、もの書きというのはこういう一面を皆必ずと言ってもいいほど持っているものなのかもしれない‥と思う。

  • 谷崎潤一郎は「痴人の愛」と「春琴抄」しか読んだことがなかったのだが、これを読んで一つの発見をしたかも。
    それは谷崎小説に登場する男性が揃いも揃って変態的ということ。
    この作品で谷崎自身がマゾということも知ったのであながち間違いではないはず。
    「痴人の愛」も「春琴抄」もM男が大活躍するし。
    谷崎の凄さはその変態性を文章の美しさで低俗に感じさせないところにも一つあるのではないか。
    品のある艶めかしさが印象的というか。
    これが西洋だとエロばかりで下品になりがちだったりするけど。
    個人的には「異端者の悲しみ」が印象に残った。
    谷崎も中二病的な自伝書いたんだな、と微笑ましくなった。
    今ではあんなの通用しないだろうけど、やっぱり作家の自意識が生んだ作品は気になってしまう。
    結構やらかしてると思った。

  • 私的に俄かに生じた文豪ブームに乗っかった初の谷崎作品。
    新潮文庫『文豪ナビ 谷崎潤一郎』のおすすめコースに素直に従い、手始めの本書から。

    7つの短編から成る本書。
    いきなりの『刺青』では、文庫版で12頁の短さながら、登場人物の“生身”感や艶やかな色合いを浮き彫りにする表現・描写、そして心地よく・キレのある展開。
    一気に作品世界に取り込まれます。

    他6作品も個性あふれる作品ばかり。

    物語に魅了され、没入していくうちに、心や感覚のすみっこの方をチクっと刺激される感覚。

    谷崎作品、病みつきになりそうです。

  • これほど美しい日本語に出会ったことはない。。
    谷崎潤一郎は私の一生の推し^^

  • 美しく艶めかしい文体に触れて、濃密な読書時間を体験した。

    中でも美しい絵を織り成す「秘密」が好み。

    秘密に秘密をかさね、欲求が抑えられず
    はらりはらりと
    秘密は秘密のままが美しい
    女の人は色々の秘密を抱えて生きている

  • 谷崎潤一郎の書く文章はぬめりのある色気があって好き

  • 印象に残ったのは「少年」、「異端者の悲しみ」、「母を恋うる記」。「少年」は、マゾヒズムの倒錯、「異端者の悲しみ」は太宰のような自伝的世界、「母を恋うる記」は谷崎の母への思慕、それぞれが印象に残る秀逸な短編集。

  • マゾヒズム、サディズム、性的倒錯・・・日常の中に潜む屈折した人間の感情を描いた6作に続いて、最後の「母を恋うる記」はただ、美しく、切なかった。

全331件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

刺青・秘密 (新潮文庫)のその他の作品

谷崎潤一郎の作品

ツイートする