刺青・秘密 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.69
  • (312)
  • (327)
  • (626)
  • (36)
  • (5)
本棚登録 : 3467
レビュー : 331
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005034

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わたしにとって谷崎潤一郎の作品は読むまでに時間がかかるのだけれど、一旦読み始めると途中で止めることが出来なくなる中毒性のあるもの。それは狂愛の世界。今回もドキドキさせてもらった。谷崎の文章は美しいなとしみじみ思う。残虐性も恐怖も破綻も憂鬱も谷崎の前では綺麗に透き通ってしまう。顔を踏み躪られようとurineを飲まされようとmasochistである人物たちの恍惚とした精神を高尚的なものとして昇華させてくれる。
    刺青や少年などはまさにそれである。わたしをゾクゾクとした甘美な世界へ連れ去ってしまった。また二人の稚児も美しく儚いラストの情景が強く印象に残っていて好きだ。

  • やっぱり、美しい。そして、すごい。
    私と谷崎さんの出会いは7年ほど前の痴人の愛。
    その時に受けた文章の美しさに対する衝撃。
    やはりすごい。

    秘密が一番気に入った。
    谷崎さんは、椿姫などの外国文学のように、商売女を扱わない。誰もに潜む、しかし見栄があり認められない変態性を描き出す。つまり、普通の人の狂気だ。高圧的な上司に文句を言いながら、自分が上司になったら決断をしたり、部下の仕事の安定の責任を持つ勇気がないことを認められないといった心理のように。それをテーマに扱うことはすごいとは思うが、内容にそれほどの深さは感じない。ただただ、日本語の美しさ。それに尽きる。wikiの「耽美主義」の説明に同意する。

    怖いのは「少年」。サディズム。私は、サディズムなとこは少ないと思っていたが、この話を読んでいると私にもあるかもしれないと思えてくる。

    刺青の足をほめる表現が好き。

    家族へのゆがんだ感情についての「異端者の悲しみ」は、心に刺さった。私も一緒の境遇にいるから。160ページ周辺の自らがまず大人になると、父親の態度も変わり、自分自身の良心のとがめもなくなるのではないかなど。私も父親のことをなんとも思わないことを子供のころに思い、人間として失格なのではないかと悩んだことがあるので、よく気持ちがわかる。反抗して家を出ても、やっぱり戻るところがそこしかないといったところなど。自分の教養に自信を持ち、世間に非があると思ってしまうのも、多くの人が理解できる感情ではないだろうか。私が谷崎の特徴だと思っている、認めにくい誰もが持っている普通の人の感情だと思う。

    母を恋うる記は幻想的で、最後まで設定がよくわからない。少年が母を探して、海沿いの松原を歩いていく。途中から月が出てきたり、その情景の美しさがやはり谷崎。歩んでいくと、三味線を奏でる女が一人。それは泣いている母だった。母を探して長々と歩いてきた悲しみがあふれ、共に泣きだす。目が覚めると、自分は大人で、母は去年亡くなり、改めて涙を流す。これが綺麗な情景でなく何なのか?やはり谷崎は美しい。

  • 2018.08
    ◼︎刺青
    江戸時代の刺青師が、サディステックな本性の少女を覚醒させる。

    文字を数えたら7000字くらい。
    時代と舞台設定、主人公の紹介、ヒロインの足を見かけるところまでで約2100字。
    ヒロインと出会って残酷絵を見せて麻酔剤で眠らせるとこまで約2500字、
    ヒロインの背中に刺青するシーンで約2300字。
    バランス良い

    ◼︎少年(1911)
    4人の少年少女がサドマゾ遊びをしながら主従関係を変化させる。

    約30000字。
    金持ちの少年に主人公と馬丁の息子がいじられて快感に目覚めるのが12000字
    金持ちの少年の姉も含めてSM的な遊びをするのが7000字
    西洋館で蝋燭プレイをして姉の奴隷に転落するのが10000字くらい。

    谷崎潤一郎は文豪というイメージで今まで読んでなかったけど、とんでもない作家だなぁ。変態のオンパレードでぞくぞくする。男女の単純な性交がゴールではないためか、あまりいやらしくない。話の割と早いうちに快楽と恍惚のピークが来て、後半は力技とテクニックで果てるまで続けている感じがする

  • 読みたいリストより

    異端児のかなしみ が読みたかった

  • 「異端児の悲しみ」俺は実は天才なんだぜ系こじらせ自我と、独り言の諸元と、肺病にかかった妹の小言がうるさいのと、親の文句もうるさいのと、借りた金をなかなか返せないともだもだするのと、しょーーーーもねえ…しょーーーもねえぞ谷崎さん…と思いながら読んでたら結末が唐突に「その後彼は小説を発表し、芸術的に非常に高く評価された」で締めくくられててそんなことありかよ谷崎さーーーん!と転びそうになった あなたのことでしたか…
    がしかしこの「異端児の悲しみ」が短編集の中でいちばん面白かった。好きなこと書いてもいいのね、元気出た。

  • 谷崎潤一郎なんて男女の性愛についてとかでしょ?あんま興味ないかなあなんて思ってたけどそんなこといってないで早く読めばよかった。
    面白かった。

    文章がすごく綺麗なので、いやこれどうなのって状況でもすごく綺麗に感じる。

    『異端者の悲しみ』は自伝的な話らしいけど、本当に谷崎がこんな感じだったのだとしたらなんとも嫌なやつだなぁという印象。
    この年頃は誰しもいろんなことに悩んだりおかしなことをしたり悪ぶってみたりするものだと思うし、年齢や当時の状況を考えるとしょうがないのかなとも思えるけど…。
    それにしても傲慢、自尊心、他人への思いやりのなさがすごい。
    女性に関しても何より谷崎が好きなのは『女の綺麗な肉体』であって、女の人格やらなんやらはどうでもいいってことなんだなあと。
    たぶん『自分を責めて悦ばしてくれる綺麗な道具』くらいの認識なんでしょうね。

    好きだったのは『少年』と『母を恋うる記』。
    『少年』は少年少女の無邪気な残酷さがぞわぞわするほど綺麗に描かれていてまさに耽美という感じでよかった。
    『母を恋うる記』は幻想的で綺麗な雰囲気と文章ですごく好き。
    情景の描写もだけど音の描写もとにかく綺麗で、その場面の風景がみえて音が聞こえてくるかのようだった。
    美しくて切ない。
    これをラストにもってきてくれてありがとうございます。

  • 谷崎潤一郎の初期短編である"刺青(1910)"、"少年(1911)"、"幇間(1911)"、"秘密(1911)"、"異端者の悲しみ(1917)"、"二人の稚児(1918)"、"母を恋うる記(1919)"の7編を収録。フェティシズム、マゾヒズムの妖しい世界に溺れることの出来る作品集です。やっぱり、この谷崎ワールドは素敵すぎます。くわえて、文章に使用されている日本語が耽美です。ここまで突き詰めれば、変態趣味も芸術に昇華されるんです。短編でとても読みやすいので、谷崎文学に初めて触れようとするときにオススメです。

  • 処女作『刺青』からしてもう、谷崎潤一郎は谷崎潤一郎なのだなと思う。
    世界観が確立されている。
    『少年』『秘密』しかり。
    人の痛みを悦び、秘密に焦がれる性癖。

    だけどそれは異端なのだろうか?
    自身を異端者と書いているけれど、読む限りそれは異端者であるというより、異端の者になりたい、であるはずの自分だ。
    しかし、誰の心にもこのような世界があることを、彼は疑ったことはなかっただろうか?
    自分は皆と同じような真っ当な人間ではない、自分はほかの人間とは違う、だけど何者にもなりきれていない今は家族に無頼を気取り、友達には道化てみせる。
    普通じゃないですか?

    やはり、『刺青』『少年』『秘密』『幇間』あたりが、谷崎潤一郎でなければ書けない文章だろう。

    読みながら、なんとなく永井荷風を思い出したりもしたのだけど、谷崎潤一郎は永井荷風の大絶賛を浴びて文壇に送り出されたのですって。さもありなん。
    だけど永井荷風は一歩離れて対象物を見ているようなところがあるけれど、谷崎潤一郎は同化していきそうな気配がある。
    そこに違いがあると思った。

    で、実は『母を恋うる記』が結構気に入っていたりする。
    やっぱり異端者ではないよ思うよ。偽悪者ぶりっ子。

  • 『少年』の文章から漂うエロさは凄い

  • この本を手に取るのは、勇気がいりました。
    けど、読んでみてよかったです。
    「秘密」はとくにミステリアスでおもしろかった。

  • 「刺青」「少年」「幇間」「秘密」の前半4編は理解に苦しんだ。肉体上の痛みや恐怖が耽美への世界へ変わっていくのを自分でも認めようとはするのだが、それには変態的で官能的すぎる。はっきり言ってしまえばSMの世界なのである。解説ではそれを、能に見る「殺しの場」と同様、芸術的感激を与えるものだと言っている。

    自伝的作品といわれる「異端者の悲しみ」は一転、作者自身の魅力を知るのに重要である。作品を読む限りでは気違いのように思われる作者は実は、気が遠くなるほど真面目すぎた。少年から青年に成長する上での不徳を許されぬ罪としていつまでも背負い、自責を続け、逃げる場所もなくしてしまう。このような感情に覚えがある人もいるのではないだろうか。とにかく吐き気がするほどリアル。

    「二人の稚児」「母を恋うる記」の2編は非常に文章の綺麗さ・精密さが目立つ作品。

    代表作となっている「刺青」だけでなく、すべての作品に目を通して欲しい。

  • 刺青の章だけ読了。何とも形容し難い、本当の文章としてのエロティシズム、耽美主義であると思う。繊細な描写と語彙の選択のひとつひとつが艶めかしく、文章そのものが妖艶さを放っている。
    彫刻家(芸術家)の心描写とその生き様、生きる意味や意義を描くところはとても素晴らしい。

  • ・異端者の悲しみ

    主人公の中に何年か前の自分を見た。
    主人公のモデルは彼本人らしい。
    最近、もの書きというのはこういう一面を皆必ずと言ってもいいほど持っているものなのかもしれない‥と思う。

  • 谷崎潤一郎は「痴人の愛」と「春琴抄」しか読んだことがなかったのだが、これを読んで一つの発見をしたかも。
    それは谷崎小説に登場する男性が揃いも揃って変態的ということ。
    この作品で谷崎自身がマゾということも知ったのであながち間違いではないはず。
    「痴人の愛」も「春琴抄」もM男が大活躍するし。
    谷崎の凄さはその変態性を文章の美しさで低俗に感じさせないところにも一つあるのではないか。
    品のある艶めかしさが印象的というか。
    これが西洋だとエロばかりで下品になりがちだったりするけど。
    個人的には「異端者の悲しみ」が印象に残った。
    谷崎も中二病的な自伝書いたんだな、と微笑ましくなった。
    今ではあんなの通用しないだろうけど、やっぱり作家の自意識が生んだ作品は気になってしまう。
    結構やらかしてると思った。

  • 私的に俄かに生じた文豪ブームに乗っかった初の谷崎作品。
    新潮文庫『文豪ナビ 谷崎潤一郎』のおすすめコースに素直に従い、手始めの本書から。

    7つの短編から成る本書。
    いきなりの『刺青』では、文庫版で12頁の短さながら、登場人物の“生身”感や艶やかな色合いを浮き彫りにする表現・描写、そして心地よく・キレのある展開。
    一気に作品世界に取り込まれます。

    他6作品も個性あふれる作品ばかり。

    物語に魅了され、没入していくうちに、心や感覚のすみっこの方をチクっと刺激される感覚。

    谷崎作品、病みつきになりそうです。

  • これほど美しい日本語に出会ったことはない。。
    谷崎潤一郎は私の一生の推し^^

  • 美しく艶めかしい文体に触れて、濃密な読書時間を体験した。

    中でも美しい絵を織り成す「秘密」が好み。

    秘密に秘密をかさね、欲求が抑えられず
    はらりはらりと
    秘密は秘密のままが美しい
    女の人は色々の秘密を抱えて生きている

  • 谷崎潤一郎の書く文章はぬめりのある色気があって好き

  • 印象に残ったのは「少年」、「異端者の悲しみ」、「母を恋うる記」。「少年」は、マゾヒズムの倒錯、「異端者の悲しみ」は太宰のような自伝的世界、「母を恋うる記」は谷崎の母への思慕、それぞれが印象に残る秀逸な短編集。

  • マゾヒズム、サディズム、性的倒錯・・・日常の中に潜む屈折した人間の感情を描いた6作に続いて、最後の「母を恋うる記」はただ、美しく、切なかった。

  • なんとなく読まず嫌いしていたのですが、文章の美しさに定評があるということで初めて谷崎潤一郎の作品に触れてみました。
    読んでみて成る程確かに美しいと感じたのですが、情景や台詞の美というよりは、圧倒的な女性への執着と崇敬の念が感じられまるで聖母かのように描かれているのが印象的でした。
    「刺青」は実質処女作だそうですが、美しい身体に完璧な芸術を施したいという執念と共に、背中を這う「女郎蜘蛛」という不気味な生物を描くことで恐ろしい程の美に縛り付けられたいというマゾヒズムを感じました。
    私自身、谷崎潤一郎のことはあまり知らないのですが
    解説や調べ物によって得た印象では複雑な家庭環境で幼少期を過ごし、特に乳母と一緒でないと登校できないという程内気な少年だったようで、その経験もあり絶対的な母という安らぎを渇望し女性に心酔するようになったのかなと思いました。

  • 短編集です。どの話も良かったのですが、選ぶとすれば「秘密」と「異端者の悲しみ」です。

  • 全篇に渡って、なんとなく後ろめたさを感じる。文章表現が美しければ美しいほど、なんだかわからない罪悪感に苛まれてしまう話ばかりだ。
    その中で、最後の作品『母を恋ふる記』。本当にこれには参ってしまった。
    冒頭から情景がありありと浮かんで、寒く、心細く、宛てなく暗闇を歩いている主人公の心情が完全に伝わってきて、読んでいる自分は実際には歩いてないのに足取りが重くなる…。そこを照らす月の明かりの表現。描写が心に響きすぎて、声にならない声が出そうになった。
    その後の母の涙の姿、これも美しさと母親の気丈な心が現れていて感嘆してしまう。月の包容力にも泣けてしまう。そして最後にわかる真実で、もう全ての力が抜けてしまう…
    本当にこの作品を読めてよかった。こんな凄まじい文章は到底書けないけれど、だからこそ読む愉しみがあるというものだ。

    (『刺青』が思っていたよりかなり短編で驚いた。これをあそこまでの映像に膨らませた増村保造監督はすごいなあ)


  • あったあった、ちょっとカビ臭いけどね。高校生以来、印象に残っているのは刺青だけ。
    刺青 足だけを見て恋した女、刺青した女の変貌、妖しすぎ
    少年 こんな気味の悪い話は嫌い。なのに病的に倒錯した世界に取り込まれて行く妖しさ。
    秘密 秘密を持つことの魅力、秘密がわかった途端に褪せる気持ち、秘密等と言うて温い快楽が血まみれの快楽に変わるってどうなるの?
    二人の稚児 これは綺麗、少しほっとする。

    これらがホントに作家になったばかりの頃の作品だとは。細雪は映画見ただけ、痴人の愛はドラマかなにか、ほとんど谷崎知らないのだな

  • Kindle版表題の「刺青」「秘密」と「少年」を読んだ。今風に言うとプレイ小説。主にマゾの心情。艶めかしくマゾの心情をこみ上げさせるのは流石谷崎。「少年」は、やはり汚い折檻などは少年時代であっても自分的にはありえないなとか。しかし、それらを感受する心の鋭敏さがなにやら読んでいるこちらをくすぐるような心持ちにさせる。「刺青」はタイトルの持つ色彩が作品の美しさをより引き立たせているように思えた。「秘密」も趣きのある作品のように思えた。

  • 怪しくも美しい世界。
    これが明治とか大正の、約100年くらい前に書かれた小説かと思うと、驚いてしまう。鮮やかな色づかい、音、質感の描写は映像として感じられるほど。
    「母を恋うる記」は、あの、夢独特の、空間の不安定さ、時間軸の永遠と一瞬が交錯する感じ、そして自分の深いところに潜って何かを切望する心持ちが迫ってくる。

  • 官能的!

  • 日本語の巧みさ、美しさを散りばめられた
    変態大谷崎の処女作であり、初めて読んだ本。
    背に大蜘蛛が彩られる情景の文には
    日本語の美で描く官能の色を感じさせられた。

  • エロスというよりマゾヒスト、フェティスト、覗き見、と妖しげな女性への美意識に足を突っ込んだ作品です。
     三つ子の魂百まで、といいますがデビュー作からこんな感じで突っ走ってる人ので、文科省推薦作家(教科書に載る作品を書く人)になるはずがなく、あえて自分から手を出さないと一生食わず嫌いで終わる可能性のある作家です(同じ類の大家に、永井荷風がいます)。
     とにかくノーベル文学賞候補に何度ものぼっ文章力は伊達でなく、’’天賦の才溢れる変態’’といったところでしょうか。この本の中では’’少年’’が好きです。これも妖しいですよお

  • 耽美というと昔はとにかく美しい世界、花や宝石や月や星、美男美女のめくるめく愛のようなものを想像していた。
    それも間違いではないのだが、実際は美の概念というものを考えさせられる世界だ。
    醜悪な姿や心やグロテスクなおどろおどろしい話、そんなものの内に美を見出すのはどういうことだろう。
    考えてみると、それが人間の理性を超えた世界だからかもしれない。
    倫理や秩序を超えた根源的な欲求、それを満たす陶酔や解放感を、美とあらわすほか言葉を知らないだけかもしれない。
    人間の本質は秩序からかけ離れたところにあるのかもしれない。

    この作品を読んでいて思い出したのが、映画「ブラックスワン」と「ドリアン・グレイの肖像」だった。
    そのどちらかが好きな人ならば耽溺できる世界観だと思っている。

    谷崎氏の文章の魅力はその放埓さと、絢爛な言葉遣いにある。
    「刺青」は最後の一文がいつまでもからだの裏側で冴え渡っていて、視覚の一部を盗まれたような心地がした。
    「秘密」もまたあやうくたまらなくエロティックで、極限までその期待とおそれとをふくらませてからの呆気なく残酷な幕引きが余韻を残す。
    やはり表題作のこの2点が印象として強い、と感じた。
    「少年」もまた無垢な残忍性から記憶に残る話ではあるが、好みから少しずれていたので、おそらく再読はしないと思う。

全331件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

刺青・秘密 (新潮文庫)のその他の作品

谷崎潤一郎の作品

刺青・秘密 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする