春琴抄 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.90
  • (758)
  • (670)
  • (910)
  • (43)
  • (4)
本棚登録 : 6224
レビュー : 744
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 難しかったが、肉欲的な描写は無いに等しいのに薫るエロスを感じた。倒錯しまくり。佐助は純愛でまっすぐに見せかけてかなり屈折してると思う。まあマゾヒストの時点でアレだが。単なるSとMの関係と片付けられない複雑さ。
    サディストは相手への奉仕の精神が無ければつとまらない云々の話はよく聞くが、その逆のマゾヒスト、佐助の場合は盲目の主君に陶酔する人間であり、同時に日常生活の世話をほば一人で任されているので実質的に春琴を手中に収めていて、最終的には主君と同じ盲目になることで同じ世界を見る事が出来ると更に心酔し、春琴を亡くした後もひたすらにあること無いこと誉めちぎる。忘れ形見の3人の子供にも関心を持たない。マゾヒストでありながらも徹底した偶像崇拝者。
    春琴が結婚してもよいと言い始めてもそれを拒否する始末……佐助の愛の本質が自分だけの理想の春琴像を一心に求める偶像崇拝であるなら、ある意味裏を返せば加虐性の塊なのでは……
    読んでる間は読みづらい文体と小難しい表現が災いして読むの疲れるし、面白味やエンタテイメント性のある台詞や心情表現はほぼ無いし淡々と内容が語られるだけだけど、アブノーマルっぷりが凄いんでこうして考察してみると結構面白かった……かもしれない。純文学に向けてこうコメントするのも筋違いだが。
    サドとマゾの世界の深みを覗いた。

  • 再読。

  • 僕がTJ(谷崎潤一郎)の作品を読むきっかけになった本です。こんな綺麗な日本語を書く作家は後にも先にもいないかと。

    盲目で美しく気高い三味線師匠春琴と、弟子であり奉公人の佐助の物語。恋とも愛とも言い切れない、他人が一切入れない二人だけの官能の世界を描いた、わずか100ページ弱の見事な小説です。

    とにかく佐助の献身ぶりがすごい。どんなに虐められても我儘を云われても、泣かされようが蹴られようが、とにかく春琴に尽くす。
    これではただのマゾヒズムな男。しかしある日、春琴の顔が傷つけられてしまい、その後にする佐助の行動をみて、ああこれが本当の愛なのか、世間一般でよく使われる「愛」を超えた心を感じました。

    ぱっと見は春琴がドS、佐助がドMという関係ですが、それだけではとても片付けられない、歳を経るごとにむしろ輝く二人の関係に、精神的な繋がりの美しさを覚えました。

    文体は句読点がほとんどないので慣れるまで読みづらい感はありましたが、後に読んだ「文章読本」では、意図的に句読点を減らし、薄い墨でサラサラと書いた雰囲気を出すためにこのような文章にした、とのことです。
    そう言われて読み返すと、なるほど、流れるような文がこの物語にはぴったりだなと思いました。

  • 本物の純粋な、愛

  • 文章がきれいと思ってしまうのは懐古主義補正がかかっているからなのか。
    短いけど内容は詰まっていて面白い

  • 初の谷崎潤一郎作品。

    とても綺麗で、画が浮かぶ。
    そんな印象。

  • おんせんでよんだ。

  • 谷崎の嗜好は随分女性的だなと思う。主を追って盲目に至り、どんな扱いを受けても身を差し出して仕える従者。BL同人誌にありそう。純文学がヲタク文化に近いのか、ヲタク文化が純文学に近いのか。どちらにせよ根底は同じく想像の表現なのだから似て当たり前か……。話が遠ざかっている
    2人の間の愛は本物なのかなあ。ちらほらと書かれている方もいらっしゃるけど、佐助には本物の春琴が見えていたのか。偶像としての崇拝のようにも思える。彼は春琴の本質を理解して愛していたと言えるのか。そもそも人間の本質を他人が理解することなど可能なのか。
    この本を理解しようとすると、色々な哲学を考えることになるのが面白い。

  • 句読点が少なく、またどこまでが春琴伝の記述なのか分かりにくく、読みやすいとは言いがたかった。
    しかし内容としては非常に新鮮味を感じた。佐助の態度は徹頭徹尾一貫しており、最初は春琴を重きに置いて読んでいたのだけれども、あまりの献身さに一時は佐助のほうにまで感情移入することもしばしばあった。
    春琴の美貌については様々なところで記述されているが、その上で加虐性や盲目という身体的障害などに魅力されているといった様子が見受けられ、谷崎潤一郎がコアなフェチなんだなあとひしひし感じた。
    露骨な性描写がないにも関わらず、官能的に見える。下品なエロさではなく、むしろ上品な印象を受けた。

  • 春琴の妊娠には驚いた。
    ふたりだけにしか理解できない深い愛情の世界。

  • ・本の背表紙より
    春琴抄(しゅんきんしょう)
    盲目の三味線師匠春琴に仕える佐助の愛と献身を描いて谷崎文学の頂点をなす作品。

    佐助は盲目の師匠が傷つけられた時、自分の目も盲目とし、
    師匠の傷ついた姿を見ないようにした。
    師匠は佐助にだけは見られたくなかったので安堵した。
    愛故の行動。真似できるレベルではない。

  • SはサービスのSやと俗説的にいうけれども、春琴に加虐的嗜好が、佐助に被虐趣味が身についた経緯もちゃんと明示されてはいて、お互いの嗜好の合致と立場と性分のおかげでそうなったんだろうってのはわかるけど、それにしても佐助どんがこわい。加害を加える立場にあった春琴は実は佐助の一番の被害者なのか…佐助を愛しつつ矜持のおかげで素直になれなかった春琴と、春琴を愛しているという仮初めの感情で欲望を隠してついに女の欲する愛に応えなかった佐助とは、天国でもこんな不毛な関係を続けているのかなぁと思いました まる

  • 文体がこんなだったとはつゆ知らず。
    思いのほか読了するのに時間がかかってしまいました。

    春琴と佐助の立ち位置は有名すぎて
    また遠い昔に映画でチラッと観たこともあって
    全く内容について知らなかったわけではないけれど
    文字で読むとなかなか難しかった。

    映画のせいで春琴は若いイメージがあったけれども
    意外に火傷を負った年齢は
    そこそこなお年頃だったようです。

  • 谷崎通読一作目。見目麗しい琴師の春琴と、その付き人の生涯をテーマとした作品。となった師、春琴を想う余り自ら盲目となるほどの愛。互いに互いしかあり得ぬという、閉ざされた深い情が冒頭より示されていく。ただ単純に事実を並べたようでいて、執拗な愛情を美しく彩った谷崎の筆致が素晴らしいのだろう。深めるためにはさらに谷崎の他の作品を読む必要がありそうだと感じた。

  • 初谷崎。盲目の師匠に仕え、身も心も全て尽くす。尽くしまくる。気持ち悪いほど。その愛と使命に満ちた異常な世界。
    丸のない文体が読むのを止められなくて、これは意図してなのか?最近の作家でもあったような気がしたが、谷崎からきてたのかな?

  • 皮膚の裏を濡れた指でなぞられるような、湿った色気に満ちた作品。
    倒錯的だというのは否定しないけれど、SとかMとか不粋な分類なしに、二人の関係が美しかった。

  • 谷崎潤一郎没後50年とテレビでやっていたので、読んでみた。
    文学少女だったころに読まなくて良かった。オトナになった今こそ、この小説の凄みがわかる。

  • 第六感と記憶を頼りに、研ぎ澄まされた感性で感じる愛、、ため息が出る程甘美な物語。

  • 初谷崎本。主従関係・師弟関係・そして恋人という複雑な関係の男女を描いた物語。春琴に対する奉公人佐助の常軌を逸した献身ぶりは、どこまでも相手のことを想う真の愛情なのか、はたまた自分の理想的な"美"にとじこもり、それに閉じこもる哀れさの象徴なのか。そんなことを考えさせられた。色んな読み方ができると思う。

  • ---解説から抜粋---

    潤一郎は次のように述べている
    「作家も若い時分には、会話のイキだとか、心理の解剖だとか、場面の描写だとかに巧拙を競い、そういうことに夢中になっているけれども、それでも折々『一体己はこんな事をしていいのか、これが何の足しになるのか、これが芸術と云うものなのか』という疑念がふと執筆の最中に脳裏をかすめることがある。」

    ------------------

    『細雪』を集大成とみるならば、この作品はそれに辿り着くまでの試行錯誤の作品のように思える。解説にもあるが、芸術とは何か? 何を書き表現するか? を悩んでいた節がある。心理描写を抑え、その代りに読者への問いかけの形にして必要以上の心理描写を抑えたのも、その試行の1つのように考える。

    と、まぁ、偉そうに書きましたが。
    でも、この作品は試行品なのではないか?

    あと、キャラクター設定の話になるが、佐助は決して純愛な人ではない。愛ならば、寛容に通じるでしょう。けれども、佐助は寛容ではない。むしろ、狭隘な性格な人物として捉えたほうがよいように思う。そうでなければ、
    ・春琴との子供を3度も捨て、
    ・春琴が結婚をしてもよいと思うようになっても、佐助のほうが拒否、
    したりしない。

    空想上の春琴「のみ」を愛し、特に佐助が老いてからは(老いの特徴でもあるだろうが)、春琴をやたら理想化した発言を繰り返していた、というのは、そういうことだろう。

    ストーリーとして、SとMの話として言われるように思うが、あるいは純愛物のように言われるかもしれないが、少し違うように思える。作品中にあるとおり、佐助は現実の春琴ではなく、空想上の春琴を愛し、現実の春琴を拒否していたのだから。それをドMといえば、ドMですがw

  • 二人の関係を、決して愛という枠にはめたくはない。
    そうじゃないと、愛なんて言葉、とてもじゃないが使えない。
    そう思わずにはいられない、凄絶な関係だった。
    多分、終盤の佐助の「本当に春琴を理解するに至ったきっかけ」さえなければ、そんな感想は抱かなかったかもしれない。
    だが、彼の行動は、あまりにも常軌を逸している。
    春琴は盲人だったかもしれないが、本当の盲人は、佐助だったのではないか。
    何も、開いた両の眼で見ることだけが、「見る」ではない。
    最後まで春琴の真を見なかった彼の眼は、その実、ずっと閉じられたままだったのかもしれない。

  • もしかしたら究極の愛なのかもしれない。でも違う気もする。どう違うのかは、うまく説明できないのだけれど。

  • 盲目の三味線奏者春琴とそれに仕える丁稚の佐助。
    美しいが、倒錯的な物語。暴力的でツンデレの春琴が可愛らしく思える部分もあり、献身的な佐助がいじらしく思える部分もあるが、物語の後半でふたりの精神世界に深く踏み込むにつれ、その濃厚さ重厚さに何ともいたたまれない気分になる。
    句読点を極力排除した文体のためかなり読みにくいが、谷崎潤一郎の筆力のおかげでなんとか読むに耐えうる。

  • 谷崎作品で一番好きな『春琴抄』。

    春琴は音楽的才能をもった盲目の美女。わがまま放題に育てられたために女王様気質。
    佐助は春琴の弟子にして小間遣い。もともとは春琴の家に奉公に出された丁稚。小間遣いどころかトイレから風呂まで身の回りの世話を淡々とやってのける。

    直接的には描かれてはいないが、良家の子女としての矜持と身分違いの恋愛に対する苦悩の狭間で苛んでいる(であろう)春琴がいじらしい。佐助が失明してからの後半の流れがいい。物語が進むにつれて減っていく句読点も相俟って作品の世界に吸い込まれる。

    読み終わった後、冒頭に書かれていた二人の墓の記述を思い出して胸がキュンとなる。

  • 中学生の頃、学校では「必読図書」なるものがあったが、谷崎作品はあまりなかったように思う。
    読む人が読めばポルノにもなり得る作品ためなのだろうか…。
    それがかえって思春期の私には興味をそそるものだったのかもしれない。
    この作品は、当時のスーパーアイドル山口百恵主演で映画化されている。共演はもちろん現在のご主人。
    究極の純愛と云う人もいるだろうが、私的にはイっちゃてる二人って感じ。読んだ当時もそう感じたのを覚えている。

  • 谷崎文学に初めて触れました。
    盲人である女性と付き人とのツンデレ劇であります。
    作品としては面白く読めました。ただ、現代文に使われていない表現や句読点の少ない文体に慣れる必要があります。
    また、痛々しい表現が含まれているのでそういった表現が苦手な方は読むのは避けた方が良いと思います。
    谷崎作品をまだ読まれていない方には90ページ程ですので読まれてみてはいかがかと思います。

  • 高校時代の思い出が蘇る。あのひと、この春琴の気の強さ、気位の高さを本当に良く演じてたな。
    愛は狂気か。狂っていると思われることはじつは、ただただ純粋な、普遍的な感情の延長線上にあるに過ぎないのか。
    佐助が説明する場面は、あまりに生々しく文字から目を背けた。うえっと、気持ちが悪くなるくらい。今まで見たどんな映像よりグロテスクだ。
    なんでも「ヤバい」で片付けがちな世の中だが、この狂気は、この愛はヤバいでは到底収まりきらない。そして哀しい。観念の春琴、という言葉がとても哀しい。でもそういう風に人を見てしまった覚えは自分にもあるのだ。

    それはそうと、敵本主義という言葉がが面白い。敵は本能寺にあり、のように目的は他にある最後まで仲間を欺く人。だれが言い出したのだろうか。敵本主義。使って見たくてうずうずしてる。

  •  春琴女が三十七歳の時の写真は朦朧としている輪郭の整った瓜実顔に一つ一つ可愛い指で摘まみ上げたような今にも消えてなくなりそうな柔かな目鼻に見えるのは遠い昔の記憶がうすれているからでその面立ちは空想よりもっとぼやけているでもあろう此の写真を写した年に検校も亦盲人になったので検校が最後に見た彼女の姿も此の程度にぼやけたものではなかったか。

    『人は記憶を失わぬ限り故人を夢に見ることが出来るが生きている相手を夢でのみ見ていた佐助のような場合にはいつ死別れたともはっきりした時は指せないかも知れない。』90頁

  • とても面白かった。相手を恋い慕っているからといって、こんなことをしてしまうのかと衝撃を受ける内容だったが、そのクレイジーさが面白く感じた。

  • 装丁が美しく、谷崎潤一郎の著書を読んだことがなかったためこの本を手に取った。
    目明きにはどうしても理解し難い内容であったが、ともすれば視界のない人間にも理解の及ばない、耽美な印象を受けた。美しいか美しくないかで云えば美しく、しかしどうしようもない人間のどろっとした感情、春琴と佐助の理解していただかなくても結構という二人の昏い、分かりずらいぐらいの、静かに燃える熱情が、読んでいる本から伝わってきて火傷を負いそうであった。
    句読点のない文章であったためにゆっくり読まねば目が文字を滑ってしまう。が、内容は面白く、先に先にと読み進めてしまう。2日で読了。

全744件中 151 - 180件を表示

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

春琴抄 (新潮文庫)のその他の作品

谷崎潤一郎の作品

ツイートする