春琴抄 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.90
  • (758)
  • (669)
  • (909)
  • (43)
  • (4)
本棚登録 : 6207
レビュー : 743
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙が綺麗。

  • どうして彼が語り手なのか、最後まで理解できなかった。
    てる女が語り手になってもよかったのではないか、もしくはこれ自体を「春琴伝」とし、ストーリーテラーのいない構成ではダメだったのか?そこだけが理解できなかったため後味がすっきりしない。
    ただ、やはり日本語の美しさには圧倒される。
    心理描写、感情表現の乏しい作品であるからこそ、書かれなくてもにじみ出る春琴や佐助の心理変化にのめり込んでしまった。
    句読点の少ない文章の書き方は狙ったものなのか、息をつかず読み進めてしまうためあっという間に読了してしまった。

  • 壮絶なお話。終盤、春琴と佐助が雲雀を空に放ったシーンが印象的だった。

  • 究極の観念的な愛でした

  • これも愛情の一つの形、表現だと頭に叩き込まれる感覚。
    現代の二次元からみると、いろんな属性が付いてそう。

  • 三味線の師匠であり盲目の美少女春琴と、その弟子であり奉公人佐助少年の話。

  •  プロフのお気に入り、第2位にランクインしているのが本作品である。中学時代の多感なころに、なにげに手にして、強烈な印象を残したのが、今回紹介する『春琴抄』である。この本を切っ掛けに、谷崎潤一郎作品を読みあさった記憶がなつかしい、谷崎潤一郎が求めた至高の愛の姿がここにある。

  • 男女の関係が面白い。
    春琴の様子をいつでもうかがって気配で気づかなくてはいけない佐助。
    気づけなければ不機嫌になる春琴。
    「しかしこういう場合「もうええ」といわれても「そうでござりますか」と引き退がっては一層あとがいけないのである」
    女の子は変わらないなあ。
    そしてその意地悪さを甘えられているように思う佐助。
    男の子も変わらないなあ。

    でも、春琴の傷つけられた顔(自業自得のように思えなくもない)のため、自分の黒目を突いて見えなくしたのは猟奇的と言わざるを得ない。
    そこでようやく、春琴も「この人は私になくてはならない人だ」と気づく。

    現代も変わることない、愛情の物語なのではと感じた。

  • 春琴がそのように望むから佐助はそうなり佐助がそのように望むから春琴もああなる。艶かしい引力のお話し。

  • 知り合いから「日本文学の誇る美文の書」「一番の純愛小説」と宣伝を受け。
    美文とは何か、純愛とは何か考えてしまうという学のなさを露呈してしまったな……笑。
    最初句読点が少なくて非常に読みづらく感じたのだけど、読むうちにすらすらと読めるようになって。佐助が盲いる時の描写など人目を憚らず顔をしかめてしまった。たぶん美文とは句点や読点や平仄に依らない音声的な美しさが一つあるんだろうな。
    そして純愛とは。僕には佐助の行いが幼く勝手なように思えたけど。でもつまりそれって、お互いを思いやってーとか、助け合い支え合うーとかってのを言外に理想としてるのかもしれなくて。それは近代の結婚制度とかに依拠してるのかも。と考えるとひたすらエゴイスティックな二人の愛は文化的な影響を受けておらず、極めて動物的原初的である点で「純」であるといえるのかもしれないなあ。
    なんてかもかもな感想になってしまった。

  • これが愛なのかな…?来歴を見ると作者自身は一途じゃないみたい??作風が好きです。

  • No.23 工学部建築学科 やきとりさん
    皆さんは、どういった時本を読みますか?私は美しい文章を体感したい時、谷崎文学を手にとります。
     この本は、盲目の三味線師匠、春琴と彼女に仕える佐助の二人の生涯を描いたもので、谷崎文学の頂点とも言われます。ストーリーもさることながら、大阪弁と共に「饒舌体」という、句読点が殆ど無い息継ぎの少ない文体で展開されています。しかし読みにくいことは無く、彼の独特な世界観にどんどん、加速度的に引き込まれていきます。平安時代の古典に見られる文体と似ています。
    谷崎氏の著書「文章読本」によれば、若い頃には英語文体を真似た小説を書いたそうですが、その後、日本語の良さ、流麗さを表現する為「饒舌体」にたどり着いたそうです。
     読み終わった後には心臓が鷲掴みにされたかのような感慨が待ち受けています。
     この本を携え、日本語の美しさにどっぷりと浸かる旅に出てみてはいかがでしょうか。

  • 谷崎作品の中でも断トツ耽美で儚くって美しい……墓場に持っていきたい文章ナンバーワンです。わたしの中で

  • 全体的にあだっぽい。

  • 佐助が最後に盲目になってしまうのは最初から書かれているのですが、なんというか…。沼 正三が「マゾヒスティック」と著書の中で紹介していましたが、これは愛なのだろうか。だとしたらなんと苛烈な愛なんだろう。

  • 【あらすじ】
    大阪道修町の薬種商鵙屋の次女、春琴(本名は琴)は9歳の頃に眼病により失明して音曲を学ぶようになった。春琴の身の回りの世話をしていた丁稚の佐助もまた三味線を学ぶようになり、春琴の弟子となる。わがままに育った春琴の相手をさせようという両親の思惑とは裏腹に、春琴は佐助が泣き出すような激しい稽古をつけるのだった。(wikipedeiaより)

    途中、あいたたたたた、ってなります。
    お気を付けて。

    それにしても春琴さんをここまでサディスティックに書く必要あったんでしょうか。
    盲目の美貌の三味線弾きとその弟子の愛の形...も、春琴さんのキャラが違えば違う話になっていただろうなぁ...
    でもそれでは作者の嗜好を表現できないし><

    「謎」も合わせて読むと、より深く楽しめます。

  • 究極の愛

  • 「春琴抄」 谷崎潤一郎 宝塚大劇場「愛限りなく」
    のちに、バウホールでも違う脚本で上演されました。「殉情」
    まさに、ふたりだけの世界!
    佐助とお琴(春琴)以外の人間には理解できない究極の愛。
    クライマックス、佐助が自分自身の目を・・・という場面では、
    演技と知っていながら恐ろしくって、顔をおおわずにはいられませんでした。
    原作は、もっと生々しくて、衝撃的です。

    http://yuuzuki61.blog79.fc2.com/blog-entry-39.html

  • 春琴ちゃんに頬蹴られたい

  • 幼い頃に光を失った春琴と彼女に添い従った佐助。春琴が佐助にかけた「痛くはなかったか」の一言に、二人が纏う仄暗さの先にある美しさを見た。

  • 記念すべき、読書会第一回目の課題図書です。初めての読書会で自由に意見を言うことに慣れていないこともあって、遠慮しがちな意見が多かったとも思うけど、振り返ってみて読書会向きの本だったと思います。印象深い本だったのでラジオでも取り上げました。

  • 当時の彼女に勧められて。

  • 春琴と佐助の間のサディズム、マゾヒズムを描いた作品。
    互いの行為はエスカレートしてゆき、自分の目をも針で突き失明させる佐助。それを喜ぶ春琴。2人の愛の形は異常ととれるが、人間的にも見え、怖いような気持ちになる。
    また、句読点を一切省き書かれた文章が不思議とすっと心に入り込んでくるところも、この小説をより際立たせている。

  • 谷崎潤一郎が1933年に発表した中編小説。映画や舞台などで取り上げられ、個人的にも好きな作品の一つです。幼い頃から盲目の春琴に付添い、彼女になくてはならない奉公人の佐助は、後年春琴が何者かによって顔を傷つけられると、彼女の面影を脳裡に永遠に保有するため自ら目を潰し盲目の世界に入る。主従関係を越えて、春琴のサディスティックな部分と佐助のマゾヒスティックな部分がパズルのピースのようにはまってしまった時に起こる歪んではいるが純粋な愛の物語です。うがった読み方ですが、春琴が徐々にデレていくのを楽しむのも一興かと。

  • 私には理解するのが難しい、読了し第一に感じた。それと同時に、一人の人を愛することへの憧れも感じた。

  • 谷崎文学をもっと読みたい!そう感じさせてくれた作品。盲目のお嬢様とそれに仕える使用人の、悪魔的で耽美な物語。
    ほんのワンシーンだけ、お嬢が優しい言葉をかけるんだけど、この言葉を聞くためにここまで読み進めたのか!と納得してしまうくらいのありがたみが含まれていました(笑)

    美しい作品。自信をもってそう言い切れます。

  • 萌え文化のさきがけ的小説。歪んだ愛の合間に覗ける春琴たんの可愛さったら!

  • いまも色褪せることのない美しい言葉の響き。
    変わり果ててしまった愛する人の面影をその心に留め、
    死ぬまで寄り添いつづけた一途な想いに涙しました。

  • 句読点がない、改行がないって本当に読みにくいのだけれど、それを気にしなくなるくらいすらすら読めた。
    最初実話かな、と思ったくらい真実みのあるお話。
    盲人の三味線奏者とその弟子の強固たる愛のお話で、客観的に語られているからこそ、読めたのかもしれない。
    所々描写が生々しくて「うわ」って思ったりしたけれど、一応春琴と佐助にとっては幸せな生涯だったんだろうと思う。まさに恋は盲目。

  • こんなにもペラペラの本なのにめちゃくちゃ時間掛かった…。改行なしかつ言葉遣い難しいのが原因でしょう。佐助の春琴に対する愛は怖いもんがあるね…。それほどにまで春琴には人を惹き付ける何かがあるんだろな。2011/351

全743件中 181 - 210件を表示

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

春琴抄 (新潮文庫)のその他の作品

谷崎潤一郎の作品

ツイートする