春琴抄 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.90
  • (758)
  • (669)
  • (909)
  • (43)
  • (4)
本棚登録 : 6207
レビュー : 743
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 盲目の三味線師匠春琴に仕える佐吉のドMな愛と献身。彼女の面影を永遠に脳裏に保存するために自ら盲目の世界に入り、それを楽しむところが究極の官能だと思う。師弟の関係でありながら、二人の間に何人も子供がいるところが含みがある。文豪の官能小説はやっぱり美しい。

  • こんなに薄かったのか!(本が)

    当時は、この描写が「官能」とか「耽美」と捉えられていたのですね。
    内容は全く忘れていたけど、究極のエゴイズムを感じさせられました。

  • 裕福な家に生まれ三味線の天才的な才能を持つ盲目の春琴。
    そして春琴の身の回りの世話をしながら弟子として仕える佐助。
    春琴はわがままに育った気質が災いして他人に恨みを買い、ある日その美貌を傷つけられる。
    佐助は変わり果てた彼女の姿を見る事の無いよう自らの目を針で刺して盲目となる。

    春琴、佐助ともに失ったものは大きかったが、その代わりに得たものはそれ以上のものだったかも知れない。
    佐助が盲目になって初めてお互い分かり合えたのだから。

  • 春琴を嫌いになることは、佐助にとってはもはや、自分自身の人生を否定することと同じだったかもしれないね。確かにまるで宗教のよう。でもそれも愛には違いないんだろうなぁ。

  • ここまで人は誰かを愛することができるのかと。怖くもあり、羨ましくもあり。

  • 谷崎作品後期。江戸時代に、裕福な薬屋の娘が、容姿端麗、頭脳明晰、芸事も優秀だったが、盲目になり、三味線に一本化し、江戸一番の腕前に。付添人の男性も、三味線を始め、女の弟子になり、やがて事実婚に。女は、弟子一般にキツイこともあり、35歳のときに、何者かの恨みを買い、顔に熱湯をかけられる。男は、顔を見られたくない女の気持ちを察して、両目に針を刺し、視力を捨てる。男と女は、精神的にも真の夫婦になる。男は、視力を失うと聴力などが鋭敏になり、女の奏でる音がの素晴らしさを、再認識できたりする。
    正直ふーん、だからという印象。
    解説読んだら、谷崎が芥川に、何の足しにもならないことをやってると思うときない?と尋ね、芥川があるけどその度にその思いを捨て去るようにしていると回答しているとの件が紹介されていた笑
    心理描写が少ないとの批判があるようだが、グダグダ描かれても、読み疲れるので、こんなもんですいいかももー

  • ‪春琴という盲目で美人な三味線弾きとその奉公人の佐助、春琴はある時に弟子の逆恨みで顔に熱湯をかけられて後遺症を負います。この顔を佐助にだけは見られたく無いと言うと、佐助は自ら目を潰して盲目になったという話し。献身的な愛と評されますが若干怖いですね。‬

  • 美しい文体と空気に惑わされる。
    マゾヒスティックとか狂気とは違い、
    美しい語り部による美しい民話に聞こえる。

  • これが、耽美主義なのか。。すごい世界だ。

  • 谷崎潤一郎「春琴抄」

    手の第二関節を誰かずっと軽く触れられているような感覚で
    ゾクゾクして、ソワソワしながら読んでいて。

    2人の関係に師弟愛以外の愛は存在しない、と私は思いました。
    その愛は、計り知れない、尋常じゃないもので
    傍目には怪物的にしか見えないけれども、
    きっと境遇の違う2人にとっては、共に生きるための
    一番大事な、変えてはいけないものだったのではないかと。

    あまり好きな小説ジャンルではない、と読んだ今も思っているけれども、読んだことで読書経験値が増えた気がする。
    まだ積み本の中に「痴人の愛」があるのですが、
    それはもう少し先でいいかなと思いました。笑

  • 再読…のはず。盲目の春琴への佐助の献身的な愛、ということで、勝手なイメージで春琴をか弱い女性と思い込んでいた…(全く違っていた)。
    文章が続けてあり読みにくいかなと思いつつも意外とそうでもなかった。
    佐助があのような行動に出たのは時代もあるのだろうか?なんだかありえないなと冷めた目で読んでしまい、純粋に話に入り込めないのは大人になったからなのか?

  • この時代の作品は何年経っても読まれる名作ですね。

  • 「春琴に仕える佐助の愛と献身」だそうですが、究極のツンデレというか、SとMというか。話はざっくりと漫画か何かで読んだ覚えがある。
    文章自体は読みづらくなかったものの、原文を尊重してか、句読点がだんだん少なくなってきたのが辛かった。

  • 古い文章は良い。難しい単語も多い。文学なのかしら。

  • 盲目の女性と、琴を共通点に小さい頃からずっと仕えてきた男の話。春琴のツンしかない行動言動にも全く頓着しない佐助が、正直何を考えて奉仕しているのかわからないのですが、やはり好きだからこそなんでしょうか。目を同じくしてまで、尽くす精神は生半可なものではないですし、てる女になって二人の暮らしぶりが見てみたいです。

  • へ、変態だ……。

    21世紀のネット社会でエログロ奇天烈なものの洗礼を散々あびているはずなのに、ちょっと腰が引けつつそう思うのは久しぶりな気がした。

    二部からの佐助の存在感の増しようが甚だしく、あ、実はこの人が主役でしたか(春琴抄という表題にもかかわらず!)、と恐れ入る。男女二人の愛欲の世界といえば、まあそうなんでしょうが、初読では、佐助の官能に春琴女が絡め取られたようにも見える。
    春琴女はその性向、驕慢や癇性に至る経緯が述べられるので共感できなくもないけれど、佐助さんのは物語的な必然性というより、性癖なんですね、と思うのみなのだ。

    「佐助は此の世に生れてから後にも先にも此の沈黙の数分間程楽しい時を生きたことがなかった」
    このセンテンスの力がすごい。

  • 恥ずかしながら…初谷崎。

    小説かと思いきや、伝記?のようなもので少し驚いた。
    春琴と佐助の関係は凄いとしか良いようがない。

    まさかに盲目。

  • 純愛かな?ともチラッと思ったけど、やっぱり違う気がするな。
    変態だと思うけど美しい話だとも思うので、スラスラと読めるような力が欲しいです。
    文章が難しすぎて読むのめっちゃ時間かかった。
    とは言え満足。

  • SM版ロミオとジュリエット

  • 初・谷崎潤一郎。だと思う。女王様気質の盲目の美女と弟子であり丁稚である青年のこじれた純愛物語。こじれてんなー。でも本人らはそうしないといられなかったんだろうな。わからんでもないが…いやはや。何と言うべきか。

  • 青空文庫で読んだ。
    意外とさらっとしてた。
    あと最後のほう読んで、この展開知ってたなと思い出した。

  • これもまたひとつの愛の形・・・

  • 独特の文体。句読点がないので流れる水を眺めるが如く読み進む。クレージーな愛の形の話。佐助という主人公には共感できないが、グロテスクな人間関係を覗き見している気分で読了。うーん。

  • 病的な恋愛小説。佐助に共感できないので、小説には 入りこめないが

    言葉の使い方、文章の起こし方は 和歌や樋口一葉みたいに 一つ一つが 丁寧。文学が芸術であることを再認識

  • 容姿端麗で才気煥発な盲目の女師匠春琴と彼女を慕い丁稚から彼女の弟子兼奉公人
    になった佐助の愛の物語。

    佐助が針で自分の目を突き刺す部分は読んでいてとても痛々しく、自分には絶対にそんな真似は出来ないと思った。

    しかし盲目になった佐助が観念的で触感的な世界の中でより一層春琴に対する愛を深めていく部分は読んでいてとても引き込まれた。

    個人的な感想ではあるが、佐助はあくまでも観念的な存在としての春琴を愛していたのであって、実在としての春琴を愛していたのではないと思う。

    でなければ佐助の自ら針で目を刺して失明するほどの狂気を説明することが出来ないし、彼らが晩年になっても婚姻関係を結ぶことなくあくまで師弟という関係を守り続けた意味も分からない。

    彼の異常とも言える愛情も忠誠心も、全ては自分の被虐趣味を満足させるための手段でしかないのである。

    老いて年々かつての美しさを失っていく春琴の姿を見続けるより、盲目の世界でいつまでも彼女の気高さと美しさを思い返し続ける方が彼にとっては幸せなのであろう。

    人がどんなに佐助を哀れみ蔑もうとも、彼は自分がこの世で最も幸せな人間だと信じて疑わないに違いない。

  • 今の世の中、視覚から入る情報が多すぎるとも感じるし、
    観念の世界で自己満足に浸ることをあながち否定もできないと感じる。

  • 初めての谷崎作品。

    読み始めたらあっという間だったが、特に表だった心理描写などなく淡々と物語が進んでいく。

    主を追って、自らも盲目となり、かつそれが幸せだと言うのである。

    これは、マゾヒズムなのか、もしくは自己満足の自己愛か、はたまたこれを究極の愛というのか。
    壮絶である。

    出来ないなぁ、自分には。

  • 佐助が春琴に対して、行っていた行為。愛と呼ぶものでしょうが、私には、あそこまで出来る自信はありません。しかし、同じような気持ちで、相手に接し、愛するように努力はして行きます。

  • 難しかったが、肉欲的な描写は無いに等しいのに薫るエロスを感じた。倒錯しまくり。佐助は純愛でまっすぐに見せかけてかなり屈折してると思う。まあマゾヒストの時点でアレだが。単なるSとMの関係と片付けられない複雑さ。
    サディストは相手への奉仕の精神が無ければつとまらない云々の話はよく聞くが、その逆のマゾヒスト、佐助の場合は盲目の主君に陶酔する人間であり、同時に日常生活の世話をほば一人で任されているので実質的に春琴を手中に収めていて、最終的には主君と同じ盲目になることで同じ世界を見る事が出来ると更に心酔し、春琴を亡くした後もひたすらにあること無いこと誉めちぎる。忘れ形見の3人の子供にも関心を持たない。マゾヒストでありながらも徹底した偶像崇拝者。
    春琴が結婚してもよいと言い始めてもそれを拒否する始末……佐助の愛の本質が自分だけの理想の春琴像を一心に求める偶像崇拝であるなら、ある意味裏を返せば加虐性の塊なのでは……
    読んでる間は読みづらい文体と小難しい表現が災いして読むの疲れるし、面白味やエンタテイメント性のある台詞や心情表現はほぼ無いし淡々と内容が語られるだけだけど、アブノーマルっぷりが凄いんでこうして考察してみると結構面白かった……かもしれない。純文学に向けてこうコメントするのも筋違いだが。
    サドとマゾの世界の深みを覗いた。

  • 文章がきれいと思ってしまうのは懐古主義補正がかかっているからなのか。
    短いけど内容は詰まっていて面白い

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

春琴抄 (新潮文庫)のその他の作品

谷崎潤一郎の作品

ツイートする