春琴抄 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.90
  • (758)
  • (670)
  • (910)
  • (43)
  • (4)
本棚登録 : 6224
レビュー : 744
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 盲目の美少女・春琴のドSぶりが凄いです。虫歯で苦しむ佐助の顔をおりゃーと蹴ったあたりなどは思わず笑ってしまいました。(笑)ぶったり、蹴ったり、撥で殴るのも日常茶飯事。それでも付いていくのは盲目の美少女であり芸道の達人というカリスマ性と、幼少期から主従・師弟関係にあるという、三つ子の魂百まで、というやつでしょうかね?
    いや、殴られるのは嫌ですが、こういう美少女なら自分も佐助のようにマッサージだの三助だの性のお付き合いだのはやってもいいかなという妄想を持ってみたりして・・・。(笑)
    もはや、愛だの夫婦だのという言葉すら陳腐と思えるほどの佐助の献身ぶりには、いちいち微笑ましく感じてしまいましたが(笑)、本当の意味でのドMに開眼したのは、やはりあの出来事の後、お師匠様・春琴と精神的にも繋がった瞬間でしょうね!ひたすらその瞬間を待ちわびて、そしてその境地に至った佐助の幸福感を谷崎はさまざまな角度から懇切に描写していて、何か妙に納得させられました。
    切れ目のない文章は最初読みづらかったのですが、慣れれば論理的かつ綺麗な表現がまた心地よく、主人公の内面にあまり立ち入らず状況だけの描写が逆に、谷崎の造り上げた精神的な美の境地のあり様を最初はしんみりと、しかし振り返れば強烈に読者の心に浸透させている感じがします。あと、場面設定の色彩感覚や音感覚にも優れた作品であり、雲雀を求めて天高く見上げる春琴の姿などはとても映像的!で美しいですね。
    精神世界の美に陶酔したい方にはお薦めの一作です。しかし、くれぐれも真似はしないように。いや、三助くらいなら・・・。(笑)

    • mkt99さん
      佐藤史緒さん、こんにちわ。
      コメントいただきありがとうございます!(^o^)/
      って少しすれ違いのコメントになり失礼いたしました。(笑)...
      佐藤史緒さん、こんにちわ。
      コメントいただきありがとうございます!(^o^)/
      って少しすれ違いのコメントになり失礼いたしました。(笑)

      この作品は筋といい構成といい文章といい、どれも優れものだと思いますが、とりわけ自らの趣味(?)をこんなにも追求してさらけ出してそれ自体凄いと思いました。(笑)ここまで開き直ってみてその世界に没頭した結果、出てくるエピソードはどれも愛嬌たっぷりで、谷崎も面白がりながら執筆したのではないですかね?(笑)
      自分も楽しかったです。(笑)
      2014/11/03
    • 佐藤史緒さん
      連投失礼します。
      「谷崎も面白がりながら執筆したのでは」まさに私もそう思っておりました(笑)純愛とか献身とかいう紹介文に騙されそうになるけ...
      連投失礼します。
      「谷崎も面白がりながら執筆したのでは」まさに私もそう思っておりました(笑)純愛とか献身とかいう紹介文に騙されそうになるけど、ぶっちゃけこれコメディだよね?と。
      2014/11/03
    • mkt99さん
      佐藤史緒さん、いらっしゃいませ!(^o^)/

      本の解説には「谷崎文学の頂点」とありました。(笑)しかし、確かに大笑いしたのも事実です。...
      佐藤史緒さん、いらっしゃいませ!(^o^)/

      本の解説には「谷崎文学の頂点」とありました。(笑)しかし、確かに大笑いしたのも事実です。
      あと、三助・・・、羨ましさも半分・・・。(笑)
      2014/11/04
  • これが"耽美派"というやつなのですね。 主人公の出会いと別れまで、ほぼ日常生活を淡々と描いているに過ぎないながら、愛のみに生きる姿の究極が描かれている。子どもも生まれてしまうのに、愛の結晶という認識もまるでなく二人の世界。へぇー?!というしかない。 愛の果てに心中を図るようなことがなくよかった。個人的に。 解説に-潤一郎は道徳的に健康である・・・中略-健全ではない-と書かれてる。スゴイ納得。 読点のほぼない文体なのに淀みなく美しい。

  • タイトル通り、架空の伝記である「鵙屋春琴伝」を作者(≒谷崎)が当時を知る人間からの聞き書きも加えてまとめたという体裁をとっている。

    三味線の師匠春琴の生涯を、彼女に献身的に仕え続けた奉公人佐助との関係を中心に描いた谷崎中期の傑作と言ったところでしょうか。この作品の目立つ特徴は、まず、改行がないこと、そして句読点が、ここに入れると文章の調子が整うという箇所以外には入れていないこと、かと思います。
    にもかかわらず、読みにくさよりも文章のリズムが先んじて読み手に入ってきて、名文と思わせる。修飾を省き、簡明な文章であるのに美文に昇華されている。

    断定を避ける文が殆どを占めるのも大いに技巧的。結末なんて「読者諸賢は首肯せらるるや否や」であるから、語り手は材料を並べるだけ並べて読み手に感じ方を任せている、ようにも捉えることができるのだが、断定を避けているからといって曖昧な文章なのではなく、断定を避けてる文章にもかかわらず、言うことはぶれていない。
    つまり、読み手はやんわりと語り手の意図する方向に誘導されているのである。これはかなり巧妙で、気が付けば読み手は物語世界に引きこまれている。

    僕としては、作品内全体の背後に流れている、「でも本当のところは春琴と佐助にしかわからないよ、ともすると本人たちにもわからないのかもしれないよ」という語り手からのメッセージがあるんじゃないかと思ってにやにやするのである。


    似た趣向を持つ『盲目物語』が、献身を最後の最後で己の欲望のための献身に変えてしまったことで堕落した物語とするならば、『春琴抄』は春琴を想う献身が極まり無比なる愛に昇華した作品なんじゃないかと自分のなかでは大分熱く考えている。
    文庫の後ろには初めの佐助の献身は被虐趣味だったなんて書いてあるけれども、この作品に被虐趣味は一度も登場していないと思う。

    授業で、若いころの春琴が、あれほど佐助を日用品同然にしか考えていなかったのに、佐助と肉体関係に及んで子を産んだのはなぜかと先生に訊いたら、曰く、

    「それは私も疑問だったんですけどね、何回か読んでいるうちに気づきました、本文にちゃんと書いてあるんですね、ほらここ、『春琴の佐助を見ること生理的必要品以上に出でなかったであろう乎多分意識的にはそうであったかと思われる』とあるでしょう、女性にも当然性欲はありますから、春琴は盲目で、あれほど日常的に佐助と触れあっていたわけですから、つまりそういうことなんでしょう。だから産まれた子供にも何の関心もないんですね」

    女性の性処理とか谷崎流石に極まっていると感動してしまった。
    春琴と佐助の間には子供が総じて四人産まれているのだけれど、どれも養子に出されている。ここも佐助の愛が献身的かつ真実のものである所以で、愛がある肉体関係の結果として子供が出来、それを愛する、というのではなく、肉体関係によって生じる愛には、佐助は全く関心がない。春琴に尽くす献身さこそが佐助の愛であり、であるからこそ、春琴と佐助の愛はプラトニックなのである。
    肉体関係がない恋愛のみをプラトニックというのではなく、肉体関係に依存しない、観念の恋愛をプラトニックと呼ぶのである。

  • 高校の図書室で見つけた。今思えば、教科書以外で初めて読んだ古典文学だったかも。
    薄くてこれなら自分でも読めそう、という不純な動機ではあったけど、いざ読んでみたらものすごかった。SM小説だよこれ!
    相手の欠点が自分の悦びに昇華されるなんて、まあ愛の形としては究極なのかもしれませんが。

  • 句読点が極端に少なく最初は難儀しましたが、慣れてくると、浄瑠璃のように流れる言葉の旋律に、読まされてしまいました。言葉の一つ一つが美しく、行間から匂い立つエロスに魅了され、気がついたらあっという間に読み終わっていました。梅花の幹を春琴に撫でさせるシーンや、佐助が春琴の小さな足を誉め語るシーンなど、エロとフェチが散りばめてあって、盲目の二人の拙いやり取りの間に交わされる情など、まさに耽美。下手なエロ小説より余程妄想を駆り立てられて、谷崎って変態だったんだなぁってしみじみ思える作品でした。大好きです。

  • 谷崎潤一郎の小説の中で最も好きな作品。切なく美しい。情景が目に浮かんでくるようです。傑作としか言いようがないと思います。

  • 私の変態性の原点かもしれない。
    耽美って一言では表せない。春琴と佐助の2人の関係に心をもっていかれる。あぁ、信奉ってこういうことなんだ、って思った。佐助は春琴の事を愛してるわけじゃなくて、きっと神様みたいにあがめている。

    そんじゃそこらのラノベなんかよりずっと萌える小説だとおもう。そんなこと言うと怒られるかもしれないけど。

    • しま子さん
      はじめまして「お仲間発見っ!!」と思わずコメントつけさせて頂きました。

      冷え性の春琴の足を掻き抱いていた佐助が蹴っ飛ばされるエピソード...
      はじめまして「お仲間発見っ!!」と思わずコメントつけさせて頂きました。

      冷え性の春琴の足を掻き抱いていた佐助が蹴っ飛ばされるエピソードが心に残っています。
      この本のせいで、そんじょそこらの純愛では満足出来ない身体に・・・谷崎先生め。
      2012/03/11
    • やたさん
      しま子さん
      コメントありがとうございました!
      もう、盲目の美少女が手をひかれて稽古に通うってだけで萌えるのに、もう・・・・。
      やっぱり...
      しま子さん
      コメントありがとうございました!
      もう、盲目の美少女が手をひかれて稽古に通うってだけで萌えるのに、もう・・・・。
      やっぱり最後に春琴がデレるとこが好きすぎて。
      2012/03/11
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「私の●●性の原点かもしれない」(一部自主規制)
      谷崎の殆どの著作は悶々としながら読んだのですが、コレは苦手。。。もっと精進せねば、、、
      「私の●●性の原点かもしれない」(一部自主規制)
      谷崎の殆どの著作は悶々としながら読んだのですが、コレは苦手。。。もっと精進せねば、、、
      2012/04/03
  • 耽美主義の谷崎潤一郎の読みはじめの一冊とされるもの。大学2年の春に初めての谷崎作品として読んだことを覚えている。美しく残忍な盲目のお嬢さまに仕え、尽くしぬく被虐趣味のある奉公人佐助。彼ら二人で完結した世界で繰り広げられる絶対美の世界。

  • ドン引きです。ドン引きですよ!!!
    目を潰すシーンとか「イテーー‼」って言いながら読んだよ!!!

    最高です。

  • 谷崎潤一郎は、あらすじだけを語ると確かに変態。
    この春琴抄はあらすじを聞いて、読まないであろうと思っていたが、他の谷崎作品が好きなので読んでみた。
    今まで、何を怖がっていたのかと思うほど、痴人の愛と同じく、性的描写はほぼなく、谷崎特有の綺麗さがあった。
    もう少し勇気が出たら、卍にも挑戦してみよう。

    谷崎さんのなかで、かなり純愛度の高い作品。
    わがままな春琴に尽くす佐助の愛を感じた。
    また春琴も、やけどした顔を最も佐助に見られたくないと最後の最後で述べて、素直になり、春琴を見ることにより彼女を傷つけること全力をかけて拒んだ佐助の愛情を受け入れる。
    なんか感動した。盲目で、あたかも2人しか存在しないように感じる完璧な世界。
    谷崎さんしか書けない世界。

    すでに谷崎作品は5冊目になるが、どれもいい。
    全集を買おうか、迷いだした今日この頃。

  • 小説執筆の勉強をしているなら、これだけは読むな、という小説の1つ。なぜなら再現性がないから。
    人物や描写はもちろん「良い」のだが、それよりなにより、文体の美しさが驚異的で、かつ分かりやすい。といって詩的なわけではなく、あくまで伝記的な小説なのだ。
    文豪というのは、こういう上空に抜き出た筆力を持っている人のことを言うのだな、と脱帽すること間違いなし。
    僕はこの春琴抄を読んでから、三日間、何も書けなくなった。

  • サイモン・マクバーニーの舞台「春琴」を見て、20年ぶり?くらいに再読。句読点が少なく、昔の文庫だから文字も小さくびっしり。その字面にくらくらし、文章のすばらしさによろよろし、谷崎の世界観にフラフラした。この短い中にある豊饒さ。他の作品も久しぶりに読みたくなった。

  • 薄いからと侮るなかれ。中身はぎっしり詰まっています。
    あまりこういったお話は読まないのですが、春琴抄は大好きです。
    ですがなぜか春琴抄が好きだという白い眼で見られます。SMぽいから?
    でも私はこの佐助の春琴に対する深すぎる愛が羨ましいのです。
    句読点がなく文字ばかりで一瞬読むのをためらってしまいますが、読み始めるとすらすら流れるように読めるので、私のように文学初心者でも入りやすいのではないかと思います。
    好きすぎて手放したくない一冊です。

  • 盲目の美学。

    師弟・夫婦・主従・SM。
    その全てを兼ね備えているようで、それらを全部超えている春琴と佐助の関係。2人のやりとりではなく第3者が伝え聞いたり読んだりした視点で描かれているので静かに狂っている感じ。短い小説なのに読んだ後の余韻がすごい。

    ほとんど句読点がない文章だけど意外に読みやすく、次第に脳内で「、」や「。」を想像しながら読んでいくのが快感になっていった。

    純文学の美しさ・艶めかしさにしびれる1冊。

  • 高校時代の現代文で(一部分を)読んだことがありますが,その全貌は知らなかったので本屋さんで手に取りました。

    琴の名人,春琴は盲目の美女。
    佐助はその使用人というかお弟子さんというか丁稚。

    「高校時代には,春琴の顔に傷を負わせたのは誰か?」っていう議論をしたのを覚えています。
    ストーリーもさることながら,美しい日本語の調べに魅せられてしまいました(三島由紀夫とはまたひと味違う美しさ)。
    「痴人の愛」も期待大です。

  • 積み重ねる積み重ねる句読点も無く押し寄せるかの様に言葉を積み重ねる。まるで息継ぎする事を拒否するかのように連なる言葉の水脈を追う行為は、佐助が春琴に身も心も捧げたのと同様なマゾヒズム的快楽が篭められている。ある意味、この文体こそが本書の内容全てを表しているようなものかもしれない。深みに嵌れば嵌るほど盲目にそう盲目なまでにその言葉に沈んでいく。日本語で書かれた文章の中でも、恐ろし程に精緻化された美意識が結晶化された一冊。

  •  Sな女とMな男が包括関係になっていることを示すところがとても興味深い。春琴に強く美しく強靭であることを暗に強制しているように見える佐助。盲目になったのちは、観念世界の中の美しい春琴を二人で作り上げているよう。
     崇拝される女性と、崇拝する男性。谷崎文学の醍醐味である、妖しさとエロティックさが日本美に溶け込んで、何とも言えない妖艶さと美しさを感じさせる。
     アブノーマルな関係ほど、深みにはまるもの。

  • これは学生時代に読んで全然理解できない愛の形であったけど、
    今なら少しは・・・

  • 谷崎潤一郎の本は殆ど読んだが春琴抄は秀逸。この薄さで深い深い内容。文章の美しさ、無駄のない描写。何度となく再読した私の中のNo.1です

  • 学校の先生が、沢尻エリカ主演で映画化するべきと言っておりましたが、けっこう同意。見てみたい。色々なトリックがあって、面白い。

  • 登場人物の主観的な表現が全く無く、あくまで「筆者」の客観的な視点から想像しうる事が多く描かれています。
    読み手と登場人物の間に生まれるそのもどかしい距離感が、かえって春琴と佐助の関係性を読者の脳内に瑞々しく想像させる要因になっている気がしました。

  • 究極の愛のかたちである。でも今の小説では一般化した露悪的な性描写が一切ない。
    一切ないまま、読み手に究極の愛のかたちを伝える近代文学の傑作。

    盲目ではあるが、美貌で、傲慢で、天才肌の三味線の師匠・春琴。
    その春琴に幼い時から、命がけで献身的に仕える佐助。
    この作品を10代で読んだ時には、春琴の、高慢にふるまえる自信と才能にひそかな憧れも感じたが、
    時を経て再読してみると、佐助の尋常でない献身愛に、崇高な「母性」をも感じて震えるほどだ。
    会話の中のやわらかな京ことばと、第3者に物語を語らせる手法が、
    アブノーマルに傾く内容に、抑制と気品を与えている。
    句読点や「」をあえてはずしてあるため、読者は会話や文末を自分で判断して読み進めなければならないが、
    その負担を感じないほどに、耽美的な世界へ読者をいざなう。
    過去に読了。レビューのため再読。


  • 春琴ってきれいな名前



  • 7回くらい読んでいる大好きな作品。
    私を魅了するのは、佐助の献身的な愛です。

    4歳年上の佐助は、春琴が9歳で失明した頃から、身の回りの世話を始めます。三味線の師弟関係や夫婦同然の生活と、濃密な時間を過ごすも、41歳で失明した佐助が「やっとお師匠様と同じ世界に住むことが出来る」と思うあたり、彼の愛の深さを知ることができます。お墓の記述でも変わらぬ愛を感じます。

    佐助のような愛し方はできない。
    それでもそれが本来の美しい愛の在り方であり、人間らしい愛し方であると思うから、この作品の世界観に引き込まれていくのだと思う。

  • 泡んを

  • 私は主従愛が大好物だ。
    気位高く、決して心を許さぬようにみえて、それでいて側に居ることを許す心の隙。
    当時の使用人は主人と同類の人間とはみなされない。主人と忠犬のような、言葉で幅を狭めてしまうようなやり取りなんざせずに、ただただ一日一日を過ごす。
    二人は主従である、ただそれだけで説明される関係が良い。

  •  文豪・谷崎潤一郎の代表作の一つにして、耽美主義の傑作。
     19世紀の大阪を舞台に、男女の主従の奇縁が描かれる。
     三味線の師匠である盲目の美女・春琴と、献身的に身の回りの世話をする弟子・佐助。
     幼き頃より、二人は、余人には窺い知れぬ繋がりを持つ。
     長じて後、春琴は、弟子の一人から深刻な恨みを買い、凄惨な復讐を受ける。
     就寝中に熱湯を浴びせられ、その美貌は無残に焼け爛れた。
     欠損した姿を、佐助にだけは見られたくない春琴の意を汲み、また、彼女の面影を永遠に脳裡に保有するため、佐助は自ら目を潰し、盲となる。
     分かち難く結びついた二人の歪な関係は、歪であることによって完成し、完遂された。
     その巧緻で流麗な筆致が形作る美と愛の世界は、谷崎文学の芸術性と官能を十二分に堪能させ、読後の深い余韻を誘う。
     二人の物語を入れ子構造の伝聞体とすることで、虚構があたかも歴史の如き昇華する構成も、見事の一言に尽きる。

  • 谷崎潤一郎の作品の中で一番好き。谷崎というとグロいのも結構あるが、例えば「痴人の愛」のようにあからさまなエロさはなく、抑制された表現の中のエロチシズムを感じられる。文章力、ストーリー、野心的作風、バランスも取れてて文句なし。

  • 昨年没後50年ということもあり、谷崎潤一郎の著作権が切れましたこの『春琴抄』も早速青空文庫で読むことができます。本書の出版は1933年で『痴人の愛』の8年後のことです冒頭10ページほど読み旋律が走りました『痴人の愛』と同様に、病的までに被虐的な美少女崇拝の世界が繰り広げられているからです私は、谷崎という人は日本文学史上もっとも美しい日本語で書き著す小説家だと思っていますが、本書でもあますことなく春琴の美しさを著しています。
    http://naokis.doorblog.jp/archives/shunkinsho.html【書評】『春琴抄』美少女の肌を愛でつつも純愛を描く谷崎潤一郎

    2016.03.01 千年読書会課題図書
    2016.03.24 読書開始
    2016.03.28 読了
    2016.12.16 トイアンナのブログでも見つける。

  • 「鵙屋春琴伝」という書物をもとに第三者が回想する形で語られる本作。書籍の裏のあらすじをを見て勝手に奉公人の佐助視点の話かと思っていたら予想外であった。
    しかし読んで見ると、この第三者視点で語られることによって傲慢で我儘という春琴の性格の悪さが目立たなくなり、そのキャラクター性や春琴と佐助の特殊な関係性に不快感や嫌悪感を感じず、むしろ美しく尊いもののように感じられた。
    また、春琴を先に亡くし盲目の佐助を評した下記の一文に文学的な凄みを感じ、感嘆させられた。
    「人は記憶を失わぬ限り故人を夢に見ることが出来るが生きている相手を夢でのみ見ていた佐助のような場合にはいつ死別れたともはっきりした時は指せないかも知れない」

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

春琴抄 (新潮文庫)のその他の作品

谷崎潤一郎の作品

ツイートする