春琴抄 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.92
  • (865)
  • (789)
  • (961)
  • (50)
  • (5)
本棚登録 : 7925
感想 : 844
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 盲目の美少女・春琴のドSぶりが凄いです。虫歯で苦しむ佐助の顔をおりゃーと蹴ったあたりなどは思わず笑ってしまいました。(笑)ぶったり、蹴ったり、撥で殴るのも日常茶飯事。それでも付いていくのは盲目の美少女であり芸道の達人というカリスマ性と、幼少期から主従・師弟関係にあるという、三つ子の魂百まで、というやつでしょうかね?
    いや、殴られるのは嫌ですが、こういう美少女なら自分も佐助のようにマッサージだの三助だの性のお付き合いだのはやってもいいかなという妄想を持ってみたりして・・・。(笑)
    もはや、愛だの夫婦だのという言葉すら陳腐と思えるほどの佐助の献身ぶりには、いちいち微笑ましく感じてしまいましたが(笑)、本当の意味でのドMに開眼したのは、やはりあの出来事の後、お師匠様・春琴と精神的にも繋がった瞬間でしょうね!ひたすらその瞬間を待ちわびて、そしてその境地に至った佐助の幸福感を谷崎はさまざまな角度から懇切に描写していて、何か妙に納得させられました。
    切れ目のない文章は最初読みづらかったのですが、慣れれば論理的かつ綺麗な表現がまた心地よく、主人公の内面にあまり立ち入らず状況だけの描写が逆に、谷崎の造り上げた精神的な美の境地のあり様を最初はしんみりと、しかし振り返れば強烈に読者の心に浸透させている感じがします。あと、場面設定の色彩感覚や音感覚にも優れた作品であり、雲雀を求めて天高く見上げる春琴の姿などはとても映像的!で美しいですね。
    精神世界の美に陶酔したい方にはお薦めの一作です。しかし、くれぐれも真似はしないように。いや、三助くらいなら・・・。(笑)

    • mkt99さん
      佐藤史緒さん、こんにちわ。
      コメントいただきありがとうございます!(^o^)/
      って少しすれ違いのコメントになり失礼いたしました。(笑)...
      佐藤史緒さん、こんにちわ。
      コメントいただきありがとうございます!(^o^)/
      って少しすれ違いのコメントになり失礼いたしました。(笑)

      この作品は筋といい構成といい文章といい、どれも優れものだと思いますが、とりわけ自らの趣味(?)をこんなにも追求してさらけ出してそれ自体凄いと思いました。(笑)ここまで開き直ってみてその世界に没頭した結果、出てくるエピソードはどれも愛嬌たっぷりで、谷崎も面白がりながら執筆したのではないですかね?(笑)
      自分も楽しかったです。(笑)
      2014/11/03
    • 佐藤史緒さん
      連投失礼します。
      「谷崎も面白がりながら執筆したのでは」まさに私もそう思っておりました(笑)純愛とか献身とかいう紹介文に騙されそうになるけ...
      連投失礼します。
      「谷崎も面白がりながら執筆したのでは」まさに私もそう思っておりました(笑)純愛とか献身とかいう紹介文に騙されそうになるけど、ぶっちゃけこれコメディだよね?と。
      2014/11/03
    • mkt99さん
      佐藤史緒さん、いらっしゃいませ!(^o^)/

      本の解説には「谷崎文学の頂点」とありました。(笑)しかし、確かに大笑いしたのも事実です。...
      佐藤史緒さん、いらっしゃいませ!(^o^)/

      本の解説には「谷崎文学の頂点」とありました。(笑)しかし、確かに大笑いしたのも事実です。
      あと、三助・・・、羨ましさも半分・・・。(笑)
      2014/11/04
  • 耽美主義!

    究極すぎて春琴と佐助にしかわからない2人だけの世界。
    はっきりと描かれていないことも多いから、
    読者ももちろんその世界には入れない。
    何でも語られすぎるのは好きじゃなくて。
    読者の想像に委ねる。謎は謎のまま。
    真実は当人同士しか知らなくていいのだから。っていうスタンスが良い。

    春琴の冷えた足を胸で温めるところはすげぇなと思ったし、
    手をとって梅の木の幹をなぞらせるところは溜息が出たし。

    静かに狂ってるところがすごく匂やか・・・
    句読点がほぼ無い息継ぎを許さない文体がその狂気に拍車をかける。
    (怖いもんな、終盤の名シーン・・・)

    なんというか、ちょっと弱い?苦しんでいる男が好きなのかも。(?)
    そういう趣味はないけれども。

    「お師匠様お師匠様私にはお師匠様のお変わりなされたお姿は見えませぬ
    今も見えておりますのは三十年来眼の底に沁みついた
    あのなつかしいお顔ばかりでござります」

  • 9歳の時に盲目となった春琴。舞技の道を断念し琴三絃の稽古を励み、糸竹の道を志すことになります。その稽古へと通う彼女の手を曳いていたのが丁稚の佐助13歳でした。
    子どもながらも佐助の献身的な奉公の胸の内には、春琴に対する恋慕の情があったに違いありません。ただその頃の春琴にとって佐助は、余計なお喋りはしない、何でも言うことを聞いてくれる都合のよい奉公人だったようです。その上、自分に対する佐助の恋心を何となく察知していたみたいです。彼の気持ちを承知の上で、無理難題をふっかけたり、きつい言葉を投げかけたり、はたまた暴力を振るったり。逆に一言も話さず無視を決め込んだり。それはそれは我が儘放題。普通なら百年の恋も冷めてしまいそうな行動の数々。ところが、佐助は寧ろ彼女の意地悪さは自分に甘えているものだと喜ぶ始末。苦役とも思わず俄然張り切って奉仕しちゃいます。
    きっと春琴の加虐性はこの頃から開花しはじめたのでしょうね……
    そんな傲慢で他人をとことん貶めるような振る舞いは佐助の前だけで行えば良かったものの、三絃の師匠となってからは弟子にも辛くあたるようになります。図に乗った春琴はそこかしこに恨みを買っていったようですね。
    さて、春琴もその頃にはもう佐助に対しては、便利な奉公人以上の気持ちも芽生えていたようです。それでも決して夫婦になることはありませんでした。
    “なんでうちが奉公人なんかと一緒にならなあかんの!阿呆!!”って感じです。
    相変わらず佐助には暴力を振るったり、身の回りのことを全てやらせたり。
    佐助にとっても春琴は何があってもお師匠さまです。その方に仕えるのが自分の幸せ。この関係こそが彼にとっては恍惚となる至福の時だったのでしょう。
    “お師匠さまに虐げられながらお側にいることが私の幸せなのです”というかのように、彼もまた夫婦になるなんて全く望んでいなかったんだと思います。

    春琴が兇漢に襲われ顔に大火傷を負ったあと、佐助は己の目を針で刺し盲目となります。
    春琴の変わり果てた姿を見ることなく、30年来眼の底に沁みついた懐かしい彼女だけを見るのだと。
    さすがの春琴もこの佐助の行動に心動かされます。今の姿を外の人には見られてもお前だけには見られたくないと。春琴自身もこの自分の発した言葉に驚いたんじゃないかなと思いました。佐助への気持ちが自然と溢れて言葉になったんじゃないかと思うのです。とは言え、それが恋かと言えば違うような気もするのですが……

    もし、佐助の春琴に対する恋心が普通(?)の恋愛感情ならば、自分が盲目になることなど選ばずに、それこそ無理矢理でも夫婦となって彼女を支えていったでしょう。
    でも佐助はこのような状態になっても、春琴に尽くして尽くして尽くしぬく立場を選びました。
    誰にも理解してもらわなくてもいい。もう誰にも邪魔されることもない。夫婦なんていう生温い関係は全く眼中にない。盲目となり永遠に変わることのない春琴像を自分の中に確立出来たと思えば、これほどの幸せがこの世にあるはずがないではないか。紅蓮の炎に包まれたような熱く痛い高揚感が彼の胸を焦がしたのではないかと思うのです。
    これが佐助の究極の愛の形なんですね。春琴もその想いを受け入れたのではないでしょうか。

  • 春琴抄

    九つの時に失明した美貌の三味線弾き・春琴。裕福な彼女の家に丁稚に来た4つ年上の佐助との不気味でいて美しくさえある関係性を描く。
    最初めちゃくちゃ読みにくいけど、慣れるので少し辛抱して読み進めるべし。

    彼らの主観ではなく主に「春琴伝」なる伝記を読み解くことで物語は進む。その第三者の視点というのが読者と彼らの間に絶妙な距離感をもたらし、肝心なところが謎のままだったりする。物語のクライマックスは最高の幸福感だが、過度に盛り上げず呆気なく終わるのが逆に良い。

    ◉春琴の世話がめちゃくちゃ大変
    傲慢で気性の荒い春琴と、献身的に奉仕する佐助。
    春琴の着替え・食事・入浴・排泄など生活の全てに手助けが必要な上、細かな注文が山ほどつく。彼女の介助はとてつもないストレスなのだ。
    彼女のSっ気を佐助は気心知れた仲の証と捉えて、ワガママもどんどん受け入れる。そのため幼少期から2人は、お互いがなくてはならない存在になる。
    2人の間で侍従と恋愛の境界が極めて曖昧なまま、佐助は春琴の介助のプロフェッショナルになっていく。

    ◉本人たち無自覚のエロ
    かの有名な佐助の虫歯のくだり。
    寝床で春琴が足を温めよという。胸板に足を入れて温めていたが、虫歯が痛すぎて冷たい春琴の足で頬を冷やしていたら足蹴にされたというやつ。
    …いやいや、佐助の胸板で足あっためんなや!虫歯どうこうの前に、そっちが気になりすぎて話入って来んわ!

    彼らの生活にはこういう行き過ぎた侍従関係の風景があり過ぎるのだろうが、本人達はそれが普通なので無自覚。
    しかし周りから見ている分にはその無自覚がそこはかとなくエロく見えてしまう。
    私達の見えないところで2人はどんな生活をしているのだろう…見えない分、余計に想像力を掻き立てる。
    そして春琴が妊娠し、本人は最後まで父親を明かさなかったが生まれた男の子が佐助そっくりであったことから
    「あんたたち結局やることやってんじゃねーか!」と周囲をズッコケさせることになる。

    ◉災禍が招いたこの世の極楽
    ひたすら春琴武勇伝を淡々と語っていたが、ある春琴の身に降りかかった災難をきっかけに、驚くべき展開になっていく。
    佐助の愛の深さに身の毛のよだつ思いがするものの、春琴と佐助の関係はもうエロさえ超越し、神々しささえ感じるフェーズに突入。
    佐助にとっては春琴とたった2人きりの極楽を生きているようだったという。

    読了した後で冒頭の2人の墓の描写を改めて読み直すと、心の底からしみじみと感慨深い。墓になってもなお、春琴の側にひっそりと佇む佐助の生涯を想う。
    こんな複雑で美しいエロもあったんだ、と新しい世界を発見してしまった感じ…

  • 1933年(昭和8年)。
    恥美派というとそれ自体が異端だが、その中でも本書はさらに異端である。顔に熱湯をかけられて大火傷を負う美女と、醜い顔を見られたくないという彼女の願いを叶えるために自ら目を潰す男。極めて悲劇的な題材でありながら、不思議と陰惨さが感じられない。美文調の文体の力でもあろうが、何より作品を貫くユーモアと達観、言うならば一種の「しぶとさ」が、この作品を普通の耽美小説とは一味違うものにしている。

    悲劇を滅びの美学として芸術に昇華するのは耽美派の常道だが、この物語に滅びのムードは存在しない。春琴も佐助も割と長命だし、盲目も彼らにとってはエロスを充足させるために欠かせないツールだ。視力の喪失によって、美貌の喪失という性的な危機を、彼らは悠々と乗り越える。そればかりか、盲目となることによって、佐助は己の理想とする「完璧な春琴像」を作り上げ、嬉々としてそれに隷属する。ここに至っては実物の春琴ですら、「オレの理想の春琴」を完成させるためのツールでしかない。究極の脳内恋愛である。

    現実の女性よりアニメの美少女に萌えるオタク男子にも似て、現実(リアル)より仮想(ヴァーチャル)を優先させて何ら悔いるところのない佐助の生き様は、いっそ爽快で雄々しいとすら言えよう。そして、佐助のインスピレーションの源泉として、最後まで彼の期待を裏切らなかった春琴の堂々たる女帝ぶりも、また天晴れと言うべきだろう。

    畢竟、何が幸福で何が不幸であるか、所詮他人に伺い知ることなどできない。ならばどれほど異端な生き方であろうと、当人が歓びをもってそれを享受するなら、それは生き方として十分アリではないか。谷崎はそんなふうに問うているようにも思える。それをニヒリズムと見るか、それとも人間讃歌と見るか。評価は人それぞれだろうが、この作品が単なる被虐趣味を超えていることは確かだろう。

    • mkt99さん
      佐藤史緒さん、こんにちわ!(^o^)/

      なるほど「脳内恋愛」ですか。まさに自己陶酔そのものでしたからね!(笑)
      春琴の堂々たる女帝ぶ...
      佐藤史緒さん、こんにちわ!(^o^)/

      なるほど「脳内恋愛」ですか。まさに自己陶酔そのものでしたからね!(笑)
      春琴の堂々たる女帝ぶりは、自分なんかは可笑しくて仕方がありませんでしたが(笑)、確かにひとときも「オレの理想の春琴」を揺るがせなかった佐助は現代オタクと何ら変わることはなく、谷崎のエロス的美の理想世界はここにきて広く社会に浸透しているということなんでしょうね?(笑)
      2014/11/03
    • 佐藤史緒さん
      mkt99さん、こんにちは!
      まさに。谷崎はたぶん早過ぎたんですよ。時代がようやく彼に追いついたのです(笑)
      mkt99さん、こんにちは!
      まさに。谷崎はたぶん早過ぎたんですよ。時代がようやく彼に追いついたのです(笑)
      2014/11/04
  • 三味線の師弟の究極の愛。春琴は三味線で高名な先生だが、幼い頃から美しく、しかしながら盲目で、丁稚の佐助に身の回りの世話をしてもらってきた。この佐助は幼い春琴の三味線の稽古を盗み聞きしては、夜な夜な雑魚寝部屋で三味線の練習をし、やがて周囲にも認められる腕前になる。佐助は丁稚の仕事をお役御免され、晴れて4歳年下の春琴に弟子入りする形で、彼女に奉仕することを許される。

    佐助にとっては春琴は師弟関係を超えた究極の崇拝対象であって、彼にとって春琴に取って代われるものはない。その佐助の姿勢が春琴の嗜虐性を助長し、彼女は殴る蹴る打つのが当たり前になる。佐助のマゾヒズムと献身は生涯続き、彼は春琴の美を夢想し続ける。純愛を通り越しているというか、最後は被虐性愛をも超えて、春琴と佐助は真実の愛で一体になったように思える。これも愛のひとつの形かと思った。

    これを海外文学で置き換えるとピアノとかギターの師弟関係みたいになるんだろうか。そんなものがあったら、それもなんだか洒落ていて面白そうだ。読んで思ったのは僕は佐助のように生きるのは無理そうだ、ということ。笑 

  • 愛を貫くひとつの形。
    佐助の献身はひたすらの愛なのだろう。対比され描かれる春琴の傲慢さから、より引き立つ。

    ストーリー展開の「抄」という形式の絶妙さ。句読点他極端に少ない文章で読者の思考さえ作者の手の内にあるようだ。

  • 久々の再読。あらすじは勿論覚えていたが、語り手の「私」が「鵙屋春琴伝」という本を手に入れてその内容を実在の人物風に語る体裁だったことは、すっかり忘れていたので、え、こんな感じだっけ、と驚いた。谷崎は、時期によって文体が全然違う。春琴抄は短い評伝といった感じで、なぜか本来あるべき読点がなかったりして(でも不思議と自然に読める)実は実験的な文体だったのかも。

    すじがきはおなじみ、少女の頃に病で盲目になってしまった裕福な薬種問屋のお嬢様・春琴が、長じて三味線の師匠となるも、美人ゆえ高慢で性格に険があるためあちこちで恨みを買い、顔に大やけどを負わされてしまう。幼い頃から彼女に仕えていた佐助は、ずっとかいがいしく春琴の世話を焼き続けていたが、体の関係を持ちながらも春琴は身分の差のある佐助を対等な伴侶とは認めない。しかし春琴が火傷を負ったあと、佐助は自らも盲目となりようやく二人は精神的にも強く結びつく。

    なんとなく記憶の中で、佐助の献身がとてもプラトニックなイメージだったのだけど、ちゃっかり子供も作っていて今更驚いた。というか春琴嬢のこじらせぶりが凄い。谷崎の恋愛小説(?)を読んでてよく思うのは、ドSだろうがドMだろうが結局は需要と供給の一致が大切で、どんな特殊な性癖だろうが、お互いの趣味が一致してれば幸せなんだろうなというところ。

    そして「幇間」なんかもそうですが、結局ドMのほうが一方的に献身して辛い目にあってるように一見みえても、実は自分の幸福のために相手をとことん利用しているという点では、佐助のほうが春琴よりしたたかなのかも、と思ったりもしました。

  • 盲目の琴の師範、春琴と付き人で弟子の佐助の愛が描かれた作品。
    耽美的な世界観で好きな人には堪らないんだろうとは思ったが、個人的にはお付き合いするなら対等かつ痛くない方が良いので深く入り込めず…。

  • 単純だが迂遠極まりない哀しい愛の形。

    病的な部分が強調されがちな谷崎潤一郎の作品群にあって、『春琴抄』もおそらくきっと、嗜虐的な女性と被虐的な男性という病的なカップルの姿が浮かび上がる。

    確かに、そうした性的趣向はどうしたって否定できようがない。

    他方で、この物語を読んで感想を言い合う際にあまりにも性的倒錯という側面にのみ集中しすぎていないだろうかとも思う。

    実際のところ、彼らなりのコミュニケーションがあわさったのだろう。

    攻撃性・衝動性の高い、しかし美貌と才能に溢れる女性と、献身的な男性。

    男性側は恐らく他者のお世話をするという事が自己充足であるひとなのだろう。
    それは、地方都市から丁稚奉公なる封建的な人生のなかで見つけた彼の居場所だ。

    そして女性は、この関西特有の母系ゲマインシャフトのなかで盲目というハンディキャップという器官劣等がありながら激しい気性という優越欲求の結果得た芸事の世界が居場所だ。

    物語前半まではまったく、封建社会における主従、師弟という枠での関係でしかない。

    ところが、後半にあってその関係は激変し、師弟・主従から夫婦関係へ至る。

    それは男の献身であり、女性の受容という力動の結果だろう。

    その後、2人の関係は逆転している。

    春琴は妻という立場に甘んじようとする。文字通り、甘え始める。
    しかし佐助は、もちろん献身と尊敬という彼なりの持ち味は残れど、婚姻という関係を迫ることもない。

    春琴は暗にそれを求めたにも関わらずだ。

    これによって、主は佐助に、従は春琴に、目立たぬが入れ替わっている。

    かといって、被虐−嗜虐が入れ替わるとかそういうことでもない。

    単純に、互いに愛するということをこの2人が手に入れたのだと思う。

    単純だが、迂遠極まりない哀しい愛の形だ。
    そして多分に倒錯している。

    悲劇なのは子供たちのはずだが、この物語ではそれについて触れられることはない。

    その意味では残虐な愛でもあるだろう。

    そのことも、この2人の物語の哀しさを際立たせてはいないだろうか。

全844件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

谷崎潤一郎

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2021年 『盲目物語 他三篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷崎潤一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×