春琴抄 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.89
  • (754)
  • (667)
  • (906)
  • (43)
  • (4)
本棚登録 : 6129
レビュー : 737
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 盲目の美少女・春琴のドSぶりが凄いです。虫歯で苦しむ佐助の顔をおりゃーと蹴ったあたりなどは思わず笑ってしまいました。(笑)ぶったり、蹴ったり、撥で殴るのも日常茶飯事。それでも付いていくのは盲目の美少女であり芸道の達人というカリスマ性と、幼少期から主従・師弟関係にあるという、三つ子の魂百まで、というやつでしょうかね?
    いや、殴られるのは嫌ですが、こういう美少女なら自分も佐助のようにマッサージだの三助だの性のお付き合いだのはやってもいいかなという妄想を持ってみたりして・・・。(笑)
    もはや、愛だの夫婦だのという言葉すら陳腐と思えるほどの佐助の献身ぶりには、いちいち微笑ましく感じてしまいましたが(笑)、本当の意味でのドMに開眼したのは、やはりあの出来事の後、お師匠様・春琴と精神的にも繋がった瞬間でしょうね!ひたすらその瞬間を待ちわびて、そしてその境地に至った佐助の幸福感を谷崎はさまざまな角度から懇切に描写していて、何か妙に納得させられました。
    切れ目のない文章は最初読みづらかったのですが、慣れれば論理的かつ綺麗な表現がまた心地よく、主人公の内面にあまり立ち入らず状況だけの描写が逆に、谷崎の造り上げた精神的な美の境地のあり様を最初はしんみりと、しかし振り返れば強烈に読者の心に浸透させている感じがします。あと、場面設定の色彩感覚や音感覚にも優れた作品であり、雲雀を求めて天高く見上げる春琴の姿などはとても映像的!で美しいですね。
    精神世界の美に陶酔したい方にはお薦めの一作です。しかし、くれぐれも真似はしないように。いや、三助くらいなら・・・。(笑)

    • mkt99さん
      佐藤史緒さん、こんにちわ。
      コメントいただきありがとうございます!(^o^)/
      って少しすれ違いのコメントになり失礼いたしました。(笑)...
      佐藤史緒さん、こんにちわ。
      コメントいただきありがとうございます!(^o^)/
      って少しすれ違いのコメントになり失礼いたしました。(笑)

      この作品は筋といい構成といい文章といい、どれも優れものだと思いますが、とりわけ自らの趣味(?)をこんなにも追求してさらけ出してそれ自体凄いと思いました。(笑)ここまで開き直ってみてその世界に没頭した結果、出てくるエピソードはどれも愛嬌たっぷりで、谷崎も面白がりながら執筆したのではないですかね?(笑)
      自分も楽しかったです。(笑)
      2014/11/03
    • 佐藤史緒さん
      連投失礼します。
      「谷崎も面白がりながら執筆したのでは」まさに私もそう思っておりました(笑)純愛とか献身とかいう紹介文に騙されそうになるけ...
      連投失礼します。
      「谷崎も面白がりながら執筆したのでは」まさに私もそう思っておりました(笑)純愛とか献身とかいう紹介文に騙されそうになるけど、ぶっちゃけこれコメディだよね?と。
      2014/11/03
    • mkt99さん
      佐藤史緒さん、いらっしゃいませ!(^o^)/

      本の解説には「谷崎文学の頂点」とありました。(笑)しかし、確かに大笑いしたのも事実です。...
      佐藤史緒さん、いらっしゃいませ!(^o^)/

      本の解説には「谷崎文学の頂点」とありました。(笑)しかし、確かに大笑いしたのも事実です。
      あと、三助・・・、羨ましさも半分・・・。(笑)
      2014/11/04
  • 9歳の時に盲目となった春琴。舞技の道を断念し琴三絃の稽古を励み、糸竹の道を志すことになります。その稽古へと通う彼女の手を曳いていたのが丁稚の佐助13歳でした。
    子どもながらも佐助の献身的な奉公の胸の内には、春琴に対する恋慕の情があったに違いありません。ただその頃の春琴にとって佐助は、余計なお喋りはしない、何でも言うことを聞いてくれる都合のよい奉公人だったようです。その上、自分に対する佐助の恋心を何となく察知していたみたいです。彼の気持ちを承知の上で、無理難題をふっかけたり、きつい言葉を投げかけたり、はたまた暴力を振るったり。逆に一言も話さず無視を決め込んだり。それはそれは我が儘放題。普通なら百年の恋も冷めてしまいそうな行動の数々。ところが、佐助は寧ろ彼女の意地悪さは自分に甘えているものだと喜ぶ始末。苦役とも思わず俄然張り切って奉仕しちゃいます。
    きっと春琴の加虐性はこの頃から開花しはじめたのでしょうね……
    そんな傲慢で他人をとことん貶めるような振る舞いは佐助の前だけで行えば良かったものの、三絃の師匠となってからは弟子にも辛くあたるようになります。図に乗った春琴はそこかしこに恨みを買っていったようですね。
    さて、春琴もその頃にはもう佐助に対しては、便利な奉公人以上の気持ちも芽生えていたようです。それでも決して夫婦になることはありませんでした。
    “なんでうちが奉公人なんかと一緒にならなあかんの!阿呆!!”って感じです。
    相変わらず佐助には暴力を振るったり、身の回りのことを全てやらせたり。
    佐助にとっても春琴は何があってもお師匠さまです。その方に仕えるのが自分の幸せ。この関係こそが彼にとっては恍惚となる至福の時だったのでしょう。
    “お師匠さまに虐げられながらお側にいることが私の幸せなのです”というかのように、彼もまた夫婦になるなんて全く望んでいなかったんだと思います。

    春琴が兇漢に襲われ顔に大火傷を負ったあと、佐助は己の目を針で刺し盲目となります。
    春琴の変わり果てた姿を見ることなく、30年来眼の底に沁みついた懐かしい彼女だけを見るのだと。
    さすがの春琴もこの佐助の行動に心動かされます。今の姿を外の人には見られてもお前だけには見られたくないと。春琴自身もこの自分の発した言葉に驚いたんじゃないかなと思いました。佐助への気持ちが自然と溢れて言葉になったんじゃないかと思うのです。とは言え、それが恋かと言えば違うような気もするのですが……

    もし、佐助の春琴に対する恋心が普通(?)の恋愛感情ならば、自分が盲目になることなど選ばずに、それこそ無理矢理でも夫婦となって彼女を支えていったでしょう。
    でも佐助はこのような状態になっても、春琴に尽くして尽くして尽くしぬく立場を選びました。
    誰にも理解してもらわなくてもいい。もう誰にも邪魔されることもない。夫婦なんていう生温い関係は全く眼中にない。盲目となり永遠に変わることのない春琴像を自分の中に確立出来たと思えば、これほどの幸せがこの世にあるはずがないではないか。紅蓮の炎に包まれたような熱く痛い高揚感が彼の胸を焦がしたのではないかと思うのです。
    これが佐助の究極の愛の形なんですね。春琴もその想いを受け入れたのではないでしょうか。

  • 1933年(昭和8年)。
    恥美派というとそれ自体が異端だが、その中でも本書はさらに異端である。顔に熱湯をかけられて大火傷を負う美女と、醜い顔を見られたくないという彼女の願いを叶えるために自ら目を潰す男。極めて悲劇的な題材でありながら、不思議と陰惨さが感じられない。美文調の文体の力でもあろうが、何より作品を貫くユーモアと達観、言うならば一種の「しぶとさ」が、この作品を普通の耽美小説とは一味違うものにしている。

    悲劇を滅びの美学として芸術に昇華するのは耽美派の常道だが、この物語に滅びのムードは存在しない。春琴も佐助も割と長命だし、盲目も彼らにとってはエロスを充足させるために欠かせないツールだ。視力の喪失によって、美貌の喪失という性的な危機を、彼らは悠々と乗り越える。そればかりか、盲目となることによって、佐助は己の理想とする「完璧な春琴像」を作り上げ、嬉々としてそれに隷属する。ここに至っては実物の春琴ですら、「オレの理想の春琴」を完成させるためのツールでしかない。究極の脳内恋愛である。

    現実の女性よりアニメの美少女に萌えるオタク男子にも似て、現実(リアル)より仮想(ヴァーチャル)を優先させて何ら悔いるところのない佐助の生き様は、いっそ爽快で雄々しいとすら言えよう。そして、佐助のインスピレーションの源泉として、最後まで彼の期待を裏切らなかった春琴の堂々たる女帝ぶりも、また天晴れと言うべきだろう。

    畢竟、何が幸福で何が不幸であるか、所詮他人に伺い知ることなどできない。ならばどれほど異端な生き方であろうと、当人が歓びをもってそれを享受するなら、それは生き方として十分アリではないか。谷崎はそんなふうに問うているようにも思える。それをニヒリズムと見るか、それとも人間讃歌と見るか。評価は人それぞれだろうが、この作品が単なる被虐趣味を超えていることは確かだろう。

    • mkt99さん
      佐藤史緒さん、こんにちわ!(^o^)/

      なるほど「脳内恋愛」ですか。まさに自己陶酔そのものでしたからね!(笑)
      春琴の堂々たる女帝ぶ...
      佐藤史緒さん、こんにちわ!(^o^)/

      なるほど「脳内恋愛」ですか。まさに自己陶酔そのものでしたからね!(笑)
      春琴の堂々たる女帝ぶりは、自分なんかは可笑しくて仕方がありませんでしたが(笑)、確かにひとときも「オレの理想の春琴」を揺るがせなかった佐助は現代オタクと何ら変わることはなく、谷崎のエロス的美の理想世界はここにきて広く社会に浸透しているということなんでしょうね?(笑)
      2014/11/03
    • 佐藤史緒さん
      mkt99さん、こんにちは!
      まさに。谷崎はたぶん早過ぎたんですよ。時代がようやく彼に追いついたのです(笑)
      mkt99さん、こんにちは!
      まさに。谷崎はたぶん早過ぎたんですよ。時代がようやく彼に追いついたのです(笑)
      2014/11/04
  • これが"耽美派"というやつなのですね。 主人公の出会いと別れまで、ほぼ日常生活を淡々と描いているに過ぎないながら、愛のみに生きる姿の究極が描かれている。子どもも生まれてしまうのに、愛の結晶という認識もまるでなく二人の世界。へぇー?!というしかない。 愛の果てに心中を図るようなことがなくよかった。個人的に。 解説に-潤一郎は道徳的に健康である・・・中略-健全ではない-と書かれてる。スゴイ納得。 読点のほぼない文体なのに淀みなく美しい。

  • 谷崎が求めた 愛の至上の姿か……

     一九二三年九月一日、関東地方に起こった大地震は、大多数の死傷者を出す大災害となった。この混乱に乗じて、社会主義者の大杉栄、伊藤野技等や、罪もない朝鮮人を多数殺したりして、天災と人災がいりまじった大災害でもあった。
     この大震災のために、東京在住の文化人が関西に移り住んで来たが、その中に谷崎潤一郎もいた。
     「春琴抄」が中央公論に発表されたのは、関西に移り住んで十年目である。この作品は、谷崎文学中、最高傑作と呼ばれ、何度か舞台化、映画化されできたのでご存知の読者も多いだろう。
     物語は、下寺町を通りかかった作者が、春琴の墓参りに立ち寄ったところから始まる。
     椿の木かげに鵙屋家代々の墓が並んでいるが、琴女の墓らしいものは見あたらない。寺男に問うと「それならあれにありますのがそれかも分かりませぬ」と急な坂路へ連れで行く。

    実話と信じで墓探す人も

     <知っての通り下寺町の東側のうしろには生国魂神社のある高台が聳えているので、今いう急な坂路は寺の境内からその高台へつづく斜面なのであるが、そこは大阪にはちょっと珍しい樹木の繁った場所であって琴女の墓はその斜面の中腹を平らにしたささやかな空地に建っていた>
    作者中の春琴は音楽の天才で、美貌に恵まれた冨家の娘だが、不幸にして幼時に失明、それも手伝ってか、わがままで傲慢な娘として描かれる。その春琴に幼少の時から丁唯として琴の稽古へ行く手引きをつとめ、春琴への恋慕と崇拝の念に導かれその弟子になった佐助が、生涯を通じで春琴に献身するのが、この物語の骨子であるが、その佐助の墓石は、死後にも師弟の礼をつくして、少し離れた場所に春琴の半分くらいの大きさで控えていた。
     小説中、二人の墓は格好の場所に、生前の様子をしのばせるように設置されているが、谷崎が手にいれて「春琴抄」を書くもととなったと書かれている小冊子「鵙屋春琴抄」は、作者の創作上のフィクションであって、実際には春琴の墓などない。しかし、谷崎の書き方がうまいため、実在の話だと信じた者が、ちょくちょく、寺へ墓のありかをたずねでくるという。

    自己を無にし春琴を愛した佐助

     この作品の圧巻は、何といっても、就寝中煮え湯を顔に浴びせられ、醜い火傷を負った春琴の変貌を再び見まいとして、佐助自身もまた盲目になるべく自分の眼を針で突く場面であろう。
    それは愛する人の変貌を見たくないのではなく、見ることによって愛する人の心が傷つくのをおそれたためである。相手(春琴)の存在のため、自分を犠牲にしつくす佐助の人生に、谷崎は愛の至上の姿を見出したかったのだろうか。
     地下鉄谷町線の谷九から西へ歩いて真言阪を上がると、そこが生国魂神社である。高台から、数知れないビルが立ち並ぶ大阪の町を見下ろしているとふと、春琴と佐助の墓が、今も変わらぬ師弟の契りを語りあって二つ並んでいるかのような気がしてくる。
     夕陽の沈みゆくころ、上町台地ぞいに源聖寺坂、学園坂、口縄阪、愛染坂、清水坂などを散策し、夕陽ケ丘へ抜けるコースは、風情ある夕涼みに最適である。

  • 佐助が目を針でつく場面は声をあげそうになりぐらい身体が痛くなった。
    本当にこれは「愛」なのか。

  • タイトル通り、架空の伝記である「鵙屋春琴伝」を作者(≒谷崎)が当時を知る人間からの聞き書きも加えてまとめたという体裁をとっている。

    三味線の師匠春琴の生涯を、彼女に献身的に仕え続けた奉公人佐助との関係を中心に描いた谷崎中期の傑作と言ったところでしょうか。この作品の目立つ特徴は、まず、改行がないこと、そして句読点が、ここに入れると文章の調子が整うという箇所以外には入れていないこと、かと思います。
    にもかかわらず、読みにくさよりも文章のリズムが先んじて読み手に入ってきて、名文と思わせる。修飾を省き、簡明な文章であるのに美文に昇華されている。

    断定を避ける文が殆どを占めるのも大いに技巧的。結末なんて「読者諸賢は首肯せらるるや否や」であるから、語り手は材料を並べるだけ並べて読み手に感じ方を任せている、ようにも捉えることができるのだが、断定を避けているからといって曖昧な文章なのではなく、断定を避けてる文章にもかかわらず、言うことはぶれていない。
    つまり、読み手はやんわりと語り手の意図する方向に誘導されているのである。これはかなり巧妙で、気が付けば読み手は物語世界に引きこまれている。

    僕としては、作品内全体の背後に流れている、「でも本当のところは春琴と佐助にしかわからないよ、ともすると本人たちにもわからないのかもしれないよ」という語り手からのメッセージがあるんじゃないかと思ってにやにやするのである。


    似た趣向を持つ『盲目物語』が、献身を最後の最後で己の欲望のための献身に変えてしまったことで堕落した物語とするならば、『春琴抄』は春琴を想う献身が極まり無比なる愛に昇華した作品なんじゃないかと自分のなかでは大分熱く考えている。
    文庫の後ろには初めの佐助の献身は被虐趣味だったなんて書いてあるけれども、この作品に被虐趣味は一度も登場していないと思う。

    授業で、若いころの春琴が、あれほど佐助を日用品同然にしか考えていなかったのに、佐助と肉体関係に及んで子を産んだのはなぜかと先生に訊いたら、曰く、

    「それは私も疑問だったんですけどね、何回か読んでいるうちに気づきました、本文にちゃんと書いてあるんですね、ほらここ、『春琴の佐助を見ること生理的必要品以上に出でなかったであろう乎多分意識的にはそうであったかと思われる』とあるでしょう、女性にも当然性欲はありますから、春琴は盲目で、あれほど日常的に佐助と触れあっていたわけですから、つまりそういうことなんでしょう。だから産まれた子供にも何の関心もないんですね」

    女性の性処理とか谷崎流石に極まっていると感動してしまった。
    春琴と佐助の間には子供が総じて四人産まれているのだけれど、どれも養子に出されている。ここも佐助の愛が献身的かつ真実のものである所以で、愛がある肉体関係の結果として子供が出来、それを愛する、というのではなく、肉体関係によって生じる愛には、佐助は全く関心がない。春琴に尽くす献身さこそが佐助の愛であり、であるからこそ、春琴と佐助の愛はプラトニックなのである。
    肉体関係がない恋愛のみをプラトニックというのではなく、肉体関係に依存しない、観念の恋愛をプラトニックと呼ぶのである。

  • 最高のSM小説。
    谷崎は元々変態野郎だけど、「春琴抄」は格別に変態度が高い。
    どちらかと言えば日本文学としてというよりもSM小説としての最高峰。

    まず文体が変態。
    句読点を一切廃したそのスタイルは佐助の春琴への想いをまるでギュッと濃縮しているかのよう。
    途切れなく止まることなく溢れる愛。
    読んでいる方もいつしかその文体に飲み込まれ息も絶え絶えに春琴を慕わずにはいられなくなってくる。

    そして佐助の春琴への献身的な愛。
    春琴からの佐助へのサディスティック極まりない扱い。

    ただし小説はそれだけではない仕掛けがある。
    それは作者谷崎からの容赦ない春琴へのサディズムである。
    春琴は恵まれた容貌と音楽の才能を持ちながら盲目にされ、挙句の果てには美貌までも奪われる。
    谷崎は執拗なまでに春琴をひどい目に合わせる。
    それはなぜか。
    谷崎は作中の春琴を責めることで自らの内にあるサディズムを慰めていたのではあるまいか。
    それと同時に佐助に感情移入することでマゾヒズムも満たされるのである。
    一度で二度おいしい。
    明らかに谷崎はここでSでもありMでもある。
    両方の快楽を知ればこそ、この作品を書くことができたのだ。

    また読み手は自分がSであろうともMであろうともこの作品を楽しむことができる。
    その二重性こそがこの「春琴抄」の魅力である。

    世の中にはSMを題材とした小説は数知れずある。
    しかしここまで見事なSとMの関係性を持ち得た作品はなかなか見つからない。
    彼らはお互いに補完し合う。
    谷崎と佐助と春琴。
    この小説を単に佐助のマゾヒズムだけに着目して読むのは勿体ない。
    責められつつも責める存在としての春琴の美しさは他に類を見ない。

    また作中で発せられる春琴の台詞が関西弁なのもポイント高し。
    フェティッシュの帝王谷崎は方言のフェティシズムまでも作中に織り込んだ。
    勝気な春琴に「阿保」となじられてみたい。
    これが「バカ」では全く意味がないのだ。

  • マゾヒズムの極致が純愛を育むのか、それとも純愛が人をマゾヒズムに至らしめるのか。

    雇い主でもあり師匠でもあり事実上の妻でもある盲目のパートナー春琴(しゅんきん)の顔面を悪人に無残に傷つけられたとき、丁稚でもあり弟子でもあり夫でもある佐助がとった行動は、自分の両目を針で突き刺し、春琴と同じく盲目の世界に足を踏み入れることでした。
    傷ついてしまった自分の顔を佐助にだけは絶対に見られたくない春琴(しかし春琴は盲目なので自分の顔面がどう傷ついたのかはもともと見ることができない)、自らも盲目の世界に入ることで春琴の美貌を記憶と網膜の裏にいつまでもとどめ続けることを決心し、春琴の思いに応えた佐助。

    「お師匠さま、私はめしい(盲目)になりました」

    そう告げた佐助に対し、「それはほんとうか」と言ったきり押し黙る春琴。この間、春琴には様々な思いが駆けめぐったと思います。佐助を盲目に至らしめたことへの罪悪感や懺悔の気持ち、その一方で愛する佐助に自分の醜い顔を見られずにすむという安堵感。

    この物語の最大の見せ所が、この無言の数分間にあると思います、鳥肌ものです。

  • 簡単に言えばマゾヒスト文学。

    全盲で琴の達人で、超美人だけどめっちゃわがままの春琴先生に、弟子の佐助がいじわるされたりぶたれたりしながらも愛を捧げる話。

    佐助と春琴さんの恋愛は少し倒錯してますが、描かれた人間の弱さや佐助の忠義が美しく、読んでいて気持ちいいです。

    次は刺青かな。

全737件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1886年東京生まれ。東京帝国大学国文科中退。1920年。第二次「新思潮」を創刊、「痴人の愛」「刺青」「麒麟」を発表。1960年に文化勲章受賞。1965年7月没。

「2018年 『あの極限の文学作品を美麗漫画で読む。―谷崎潤一郎『刺青』、夢野久作『溢死体』、太宰治『人間失格』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

春琴抄 (新潮文庫)のその他の作品

谷崎潤一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

春琴抄 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

春琴抄 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする