蓼喰う虫 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.37
  • (45)
  • (58)
  • (204)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 1014
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005072

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書名の「蓼喰う虫」とは諺である「蓼食う虫も好き好き」の、あんな不味い蓼を食べる虫もいるように好みは人いろいろである、というところから来ているのだろう。
    この物語は大きくは2つの流れになっているようで、主人公の要(かなめ)を中心に、通である義父の人形浄瑠璃好きに付き合っている内にだんだん自分も傾倒していく様子と、もうひとつはこれが本流ですが、妻の美佐子を抱けなくなったのを発展(?)させ、妻には愛人を持たせ、自分は娼婦通いで、将来的に離別するのを前提に仮面夫婦を演じている異常な関係を、両者巧みに場面を移しながら描いていきます。書名からすると、人形浄瑠璃の世界をこんこんと描き、義父自体、人形のような妾・お久を自分色に染め上げている物語の方がその意に直接的ですが、その関係の異常さを解消せずに夫婦のぐだぐだな惰性生活に実のところ浸っている要・美佐子の関係性のことも指しているのでしょうね。
    大阪文楽や淡路の人形浄瑠璃の世界をそれこそ通の道楽さながらに描く様は、谷崎の文芸評論であるとともに谷崎自身の傾倒ぶりも感ぜられ微笑ましい。
    夫婦の機微やそれを察する息子の言動などみっちり細やかな表現は、逆にますますぐだぐだ感を高めていきますが(笑)、実のところのどうしようもない心情が奥ゆかしく(?)読者に伝わってきて、物語の行く末がとても気になりだしますが、これも谷崎らしい非常な余韻をもったラストになって、おいおい!と。(笑)考えるに、これは最早「夫婦」ではなく仮面夫婦だが、しかし相性は「夫婦」としてぴったりというこの異常な関係を、この瞬間においてぴったり切り取り、夫婦である男女間のある心情として永遠に封じ込めたかったのでしょう。放置、あるいは投げっ放しジャーマンを食らうのも好き好きなんですけどね。(笑)

  • 文学好きの知人が「谷崎潤一郎の中では『蓼喰う虫』が好きだ」と言っていたので、読んでみた。読後「どうだった?」と聞かれたので、「人形浄瑠璃が見たくなりました」と言ったら、知人も「私も全く同じ感想だった」と。人形浄瑠璃は徳島で『傾城阿波鳴門』を見たことがあるだけなので、要たちが淡路島で見る『朝顔日記』を見てみたいと思った。こんな風に、お重にお弁当を詰めて行って一日中屋外で浄瑠璃見れたら楽しいだろうなぁ。トイレが無いのは困るけど。
    夫婦関係は、まぁそういうこともあろうかなぁという感じであまり心動かされなかった。谷崎の書く男女関係や恋愛のあれこれよりも、作品に表れる谷崎の日本文化に対する目の方が好きだ。

  •  妻が外に愛人を持つことを夫が容認する仮面夫婦。「別れよう」と心に決めながらも、決断できない様子、ゆらゆらする心情は、理屈っぽい読者(と従弟)を苛立たせるが、そう簡単に割り切れぬのが人間というものなのだろう。

     結末は描かれない。主人公が妻の老父の妾(いかにも日本的な美しさを湛えた女性)に心惹かれる様子がなんとなく書かれ、あっけなく幕切れが訪れる。別れたのか、それとも別れなかったのか、そこは大して重要ではないのかも。ハイカラなもの、日本的なもの、その両方が多く描かれる中で、終局は日本的なものに原点回帰したことが根底にあるテーマなのかも知れない。注釈の多さが読み進める上で苦労にもなったが、当時の文化芸能の片鱗が見えておもしろかった。

     娼婦型と母婦型。娼婦型の女は男を引きつける「女性らしい」肉体を持ち、母婦型の女は控えめな「女性らしい」精神を持つ、ということなのかなと思った。どちらも「女性らしい」なら、女性はその逆説の中で生きなければならないということなのかも知れない。そしてそれは、現在も変わらず女性につきまとう逆説なのかも。

  • 谷崎潤一郎の作品にしてはさらっとした作品だなぁと思ったのが第一印象であった。
    様々な提案をしておきながらも、結局何も変わろうとしない登場人物たちが妙にリアルで、意味もなくだらだら会話している場面が何故か好き。

  • 主人公と、そのオルターエゴとも言える老人の美的感覚があるところでだんだんと交差してくるところが面白い。

    人に何かの美的感覚を教え込むところから教育ははじまるのだけれども、小説のタイトル通り蓼喰ふ虫も好きずき、良いか悪いかは受けとる側の時期と機嫌次第のところも大きいのでありまして、はいそうですかという具合にはみんな自分の美的感覚を人に合わせることはできない。

    老人の文楽趣味にしたところで玄人ぶって高尚ではあるように見せてはいるけれども、上方びいきではない人にとってはなんてことない退屈な人形芝居である。でもだんだんとその良さが分かってくるのもまた面白いところ。人の好きにはそれぞれ生理や系譜があるのでそう簡単にはいくまいよと谷崎が笑う姿が浮かぶような気がする。

    しかし、何でも選べる時代であるからこそ、「好き」と「べき」の折り合いをどう付けて行くのか、という観点から見れば、教訓になる小説であると思った。

    もっと派手で倒錯した谷崎っぽい世界観が好きな人は多いと思うので、ぱっとしない作品かもしれないが、個人的には関西に生まれ育った者として耳にしたことのあるフレーズの数々がちりばめられているこの作品、そしてこの作品をとおして伝えようとする「女性観」「美的感覚」が僕は好きです。

    女性の権利を云々言う方々からすれば、女性の内面や外面をモノのように扱うことに強く嫌悪感を感じるのだろうけども、それは理想の男性像云々の話にしてもどっこいどっこいでありまして、結局は好きか嫌いかという無理強いできない好みの話になってしまうわけです。

    合わなくても、好みが違っても、どこかで繋がらなければならないときもある、それを切ることに未練を感じることもある。こういう捉え方の方が、なんでも割り切る考え方よりも僕は好きですね。

  • あからさまな変態はでてこない谷崎。人形のような操られ(舅の)愛人と、浮気妻を対比した女性観と読むのがストレートだろ?が、語り役はゆとりかっ!?てほどめんどいこと避けまくりの中年だし、色ボケ爺はうざいし、正しくはダメ男のハナシだと思うのね。

  • "妖しく交錯する"という表現がぴったり当てはまるような内容。
    既婚者だからこそ、この小説を興味深いと思えるのかもしれません。

  • 理想の別れ方

    と言ってしまえば簡単だけど、
    この別れ方を出来る夫婦はそう居ないと思う。

    12年連れ添ったということ自体に
    大きな愛が育まれており
    男女の情愛は欠落していても
    切れない絆がある。


    心に残った一節

    『要にとって女というものは神であるか玩具であるかのいづれか』
    そして要にとって妻とはそのどちらにも属さない。。。

    男にしか分からんことだな。と言いつつ、
    女である私はその『妻』に分類されがちな
    女であるということが何となく分かるこの頃。。。

  • 性的不調和が原因で、離婚しようとするが、なかなか踏み切れない夫婦を描いた作品。
    今のように簡単に踏み出せないのは、当時の世間の目が大いに関係している。
    妻の立場を思うと、こんな夫は嫌だ!と言いたくなる。自分に性的な魅力を感じてくれず、また他の男のもとへ通うのも助長されるのだから。しかし、なかなか夫を攻めきれないのは長年寄り添ってきて情がなかったわけでは無かったからであろう。しかし、妻は夫に素直になることができないのは可哀想だと感じた。

    スッキリしない終わり方、と言われればそうなのだが、当然なのではないかと感じた。最初から曖昧な関係、曖昧な心持ちの夫婦だったのだ。それが、最後に綺麗に収集される方が違和感がある。きっと夫婦は別れ、それぞれの道を歩むのだろう。しかし、そこまで描く必要もない。一貫した終わり方だと感じた。

  • 著者自身が体験したとはいえ、妻を他の男に譲るという常軌を逸したストーリーを、日常生活上の一場面のようなリアリティを持って描くことの出来る著者の筆力に感嘆する。

全84件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蓼喰う虫 (新潮文庫)のその他の作品

蓼喰う虫 Kindle版 蓼喰う虫 谷崎潤一郎

谷崎潤一郎の作品

蓼喰う虫 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする