細雪(上) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.85
  • (244)
  • (196)
  • (321)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 2415
レビュー : 213
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005126

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦争中は言論統制によって発表の場を奪われていた『細雪』だけれど、上巻はどこに差し支えがあったのかわからないのんびりホームドラマ。というか雪子がはっきりしなさすぎで驚き呆れる。上流なのか関西なのか、まったく別文化の世界。

    着飾った三姉妹が外出するシーンが、においたつようなうつくしさ。これは映画化されるのがよくわかる。あと、ウサギの耳というか足の話は、谷崎らしいなと思った。

  • 大阪の旧家の四姉妹が繰り広げる、四季折々の物語絵巻。

    この作品を読んだころ、私は「名作って、読まなきゃいけないのかなぁ」なんて考えていた。
    というのは、高校の図書室の先生と仲良くなって、彼女に名作をもっと読むことを薦められていたからだ。
    そこで漱石とか三島とか、ちょびっと読んでみたのだが、どうにものめり込めない。
    怠け者の私は、「ああ、やっぱり私には早いんだ」と単純に考えて、名作からしばらく離れていた。

    ところが、ちょっとした偶然から(?)私の敬愛する作家である恩田陸氏が「自分の中で面白い小説」とかいう本を3冊紹介しているのを読んで、その中にこの『細雪』が挙げられていた。
    そんなわけで、名作素人の私はいきなり、上中下巻の大作の『細雪』を手に取ったわけである。

    この本は私が今まで抱いていた「名作」のイメージとは、全く違う本だった。
    まず、会話が全部関西弁というところからして驚きのはずなのだが、名作初心者の私はそんなことには全く気づかず、一文がとにかく長いことにびっくりした。
    それまではなんとなく、名文と言うのは贅肉のない簡潔でストイックな文章のことだと思い込んでいたのだ。しかし、この本ではゆらゆらとしかし不思議にたおやかな文章が、取り留めなく語られている。それが不思議と心地よく、姉妹の会話がそのまま耳に聞こえてきそうで、面白かった。
    また、人間の機微や心理描写など、じれったくなることを細々と書かない乾いた語り口にひかれた。私は基本的に、アンニュイな湿っぽい雰囲気が苦手なのである。

    というわけで、この本は初めて「名作も面白いんだ」と思うことが出来た、私にとっての記念の本なのだ。
    名作だからのめりこめなかった、というのではなく、新刊でも自分に合う合わないがあるのと同じように、名作にも相性があるだけなんだ、とこの本が気づかせてくれたのである。

  • 1948年(昭和23年)。
    しっとりとした日本情緒と、瀟洒な昭和モダンの雰囲気、双方が味わえる風雅な風俗小説。前者の象徴として雪子が、後者の象徴として妙子が配置されていて、その対比も面白い。それもステレオタイプに美化されているのではなく、内気な雪子が実は強情で口論となると舌鋒鋭かったり、怖いもの知らずにみえる妙子が案外意気地がなかったりと、人物造形がリアルで生き生きしている。世間体を気にする所や、金銭的にガッチリしている所も、関西人らしくて楽しい。幸子が桜に思いを馳せるくだりでは、日本人なら誰もが感じ入るところがあるのでは。

  • 言わずと知れた昭和の初めの四姉妹物語。四姉妹と言えば「若草物語」を意識せずにはいられない。

    長女は生真面目で頑固、
    三女は内気でおとなしく、
    四女は明るく活動的。
    そこまでは共通しているけれど、
    次女の幸子はジョーのようにテキパキ快活ではない。どちらも姉妹の纏め役ではあるけれど、幸子ははんなりと悠長。

    雪子の婚活を中心に、これと言った大きな事件もなく、日常が淡々と綴られているが、意外と読んでいて面白かった。

  •  『春琴抄』『痴人の愛』に続き、同著者の小説もこれで3冊目。どれもこれも非常に魅力的だけど、いわゆるマゾヒズム的美しさ・妖しさがある前2作とはやや異なり、失われゆくものの美しさが上中下巻のいたるところに散りばめられている。溜息が出るような儚さと美しさを前に、何度も読む手を止めて感慨に耽った。

     全体の感想は下巻にまとめ、上巻の感想をカンタンに。

     いつの時代にもあるであろう旧世代と新世代の考え方の違い、大きな事件は起きないがありふれた喜劇と悲劇の交じった日常がこれでもかというほど美しくほっこりと描かれる。雪子がかわいい(「かわいい」風に描かれている、という感じもする。都合のいい、とでも言ったらいいだろうか)。
     花は散りゆく故に美しい。燃え上がり、燃え尽きるまでの過程こそが美しい。そんな日本(海外にもありそうなもんだけど)の美学をひしひしと感じる小説だけど、自分の人生に置き換えたら散っては困るし燃え尽きても困る。細雪のような、手のひらに付いたそばから融けてしまう儚さ。それをどうして美しく感じてしまうのか。美しいって何なのか。

  • 三浦しをんさんの「あの家に暮らす四人の女」を読んだことをきっかけに、神戸に暮らしているうちに読みたいと思っていた作品。
    関西上流階級の浮世離れしたお話なんだけど、だからこそ美しくて、でも地名は耳慣れているものが多いから想像は膨らみやすくて楽しくて、予想以上に読みやすい。
    長編苦手だけれど読めそう。

  • 言葉が可愛いな。やっぱり大家族憧れる。あと京都の桜鑑賞コースいいと思う。

  • 『平成細雪』
    NHK BSプレミアム/毎週日曜放送
    2018年1月7日から

  • なんと上中下巻それぞれ108円で古本を見つけた。それが読むきっかけ。
    こいさん?きあんちゃん?のっけから誰が誰なの???なスタートだったが、すぐになんてことなくなった。どちらかというと、上巻はのんびりしたテンポ。

  • 2・30年前に一気読み。しかも数年を経て再読。
    今また再々読。
    生涯、何度もページをめくる本ですね、きっと。

    やっぱり、映画よりこちらのほうがいい。

全213件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細雪(上) (新潮文庫)のその他の作品

細雪 (上) (角川文庫) 文庫 細雪 (上) (角川文庫) 谷崎潤一郎
細雪(上)(新潮文庫) Kindle版 細雪(上)(新潮文庫) 谷崎潤一郎
新装版 細雪 上 (角川文庫) Kindle版 新装版 細雪 上 (角川文庫) 谷崎潤一郎

谷崎潤一郎の作品

細雪(上) (新潮文庫)に関連する談話室の質問

細雪(上) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする