細雪(中) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.89
  • (183)
  • (147)
  • (224)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 1658
レビュー : 103
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005133

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (旺文社文庫特製版)
    上巻のゆったりとした日常感から一転して、ドキハラ展開が続きました。妙子とその周辺が中心で、近代的で時代の先を行こうとする妙子と旧態依然とした姉たちの対比から、当時の価値観が知れて面白かった。妙子みたいな人はこういう旧家に生まれたら窮屈なやろなー。
    上巻で空気やった鶴子も結構出てきたよ。

    妙子が奥畑のことを言った、「浪費家であるとか、浮気者であるとか、甲斐性なしであるとか、いう程度のことだけなら、何も縁であるから辛抱しようという考えがないでもなかったが、未来の妻のためにズボンを汚すことさえも厭う軽薄さを見ては、すっかり望みを失ったのであった。」
    は名言(?)やと思うよ。よく分かるよ。ただ、何であなたたち姉妹はみんな「浮気者」は許容範囲やと言えるのか理解できん。そんくらい懐の深い女性がいいという、谷崎の趣味か?こいつ(奥畑)余所で子ども作っとるんぞ。わたしには無理やわ。それ以外は全面的に同意。笑
    あと貞之助が好きです。洪水のときにあんなに体張って動いてくれて、旧家のお婿さんなのに進歩的な考え方をしていて、有能やけどめんどくさい関わりたくないと思ったらそそくさと逃げる

    中巻の陰の主役はお春どんやと思っている。上巻であんだけ株が下がっていたのに、洪水で汚名返上して、おおこのこすごい!有能!と思わせといてなんというズボラ女子。

  • ★評価は再読了後に。
    滑稽な感じを受けるのは当方だけなんでしょうか、関西とか血筋とか。作家の狙いとか意図とは別にあまりに時代が遠くになってしまった感じがして、これではあまり今では読まれないのかな?とふと思った次第。
    そんなことはないかな?それが作家の意図なんでしょうか?世に出回る谷崎評を念頭に置くと、そうではないなと思う。関西出身の人の独り相撲的意識を何気に理解できるだけに猶更その感ありです。

  • 中巻、ページ数が増える。
    大半は大水でのお話が大半。丁稚奉公を前にしていた板倉が妙子を助けることから急展開になる。しかし、終盤に病に陥ることになる。下巻へ続く。

  • 中巻は何といっても豪雨による大水害の描写が圧倒的でこの場面は一気に読み切ってしまった。読みながら昨年の関東・東北豪雨の様子が思い出されて、妙子が無事だとわかるまで本当にハラハラしながら読んだ。
    この巻の中心は妙子だが、視点は幸子なので妙子自身がどう考えているかはあまり出てこない。そんな彼女が幸子に自分の気持ちを打ち明けるシーンが印象的だった。この姉妹は単なる仲良し姉妹ではなくて、旧家ということもあるしそれぞれの立場で損得勘定も持っており、利害の対立する時もあるのだけど、それを踏まえた上で相手の気持ちも慮っている。妙子もただの不良娘ではなく、「こういう事情で」「自分はこう考えるから」と筋道立てて説明し、出来る限り家族に迷惑をかけないよう自立の道を進もうとする。合理的なものの考え方をする、現代のキャリアウーマンに通じるものがある。
    幸子が雪子と妙子という二人の妹を「悦子にも劣らぬ可愛い娘であったと同時に、無二の友人でもあった」と気が付く場面も好きだ。こういう姉妹関係って理想の極致じゃない?強烈に憧れるんですけど。
    おとなりのシュトルツさん家の子どもたちと遊ぶ悦ちゃんの「アオギリギリ」のやり取りもすごく微笑ましくて、雪子ちゃんと同じく笑いがこぼれた。

  • 愛しき関西。

    大水害と、東京の嵐と、四女・妙子の恋愛事件のすったもんだの顛末。生まれ育ちというのは、そんなに尊いものかと思いますが、でもやっぱり最終的に気が合う・気が合わないの、理屈では通らない部分があるのかもしれない。けれど、姉妹として同じ家に生まれても、理解し合えない部分があるのも本当のことで。幸子の苦労がしのばれます。むしろ、貞之助の方だろうか。雪子、結婚できるの?

  • んもう、最後なんなのよ。

  • 上巻、優雅な文章を楽しんでいたら、この巻ては大水害や姉妹の差別意識など、同じ調子ではとても読み続けられない展開。悪気なく「身分が違う」「低級な人間」と言う蒔岡家、なんぼのもんじゃい。ときに小説は当時を伝える記録として優れた論文を超える。

  • 妙子を自分の中でどう受け止めたらいいのか分からない。
    応援した方がいいのか、批判した方がいいのか。。。
    曖昧になってしまうのはこの話が一昔前のお話だからなのかな。

  • 一言でいうと、関西の上流家庭の風俗を描いた絵巻物だが、見方を変えれば、それ以上の価値をみいだすことができる。

    つまり、谷崎文学の陰影の美しさを読み取る読み方だ。この作品には幾重にも陰影がある。光と影が。それゆえに美しい。
    まず、総論として『陰翳礼讃』を掲げておこう。
    「事実、日本座敷の美は全く陰翳の濃淡によって生まれているので、それ以外には何もない。西洋人が日本座敷を見て、その簡素なのに驚き、ただ灰色の壁があるばかりで何の装飾もないという風に感じるのは、彼らとしては至極もっともであるけれども、それは陰翳の謎を解しないからである。・・・われらはどこまでも、見るからにおぼつかなげな外光が、黄昏の壁の面に取り付いて辛くも余命を保っている、あの繊細な明るさを楽しむ。我らにとってはこの壁の上の明るさあるいは仄暗さが何物の装飾にも優るのであり、しみじみとみアキがしないのである。」
    まことその通りである。そしてこれを作品として『細雪』はこれを地でいっている。
    そう、戦争にかけて滅びゆく家には、斜陽がある。だんだん消えていく夕陽のような美しさだ。
    3人姉妹で、うまく生きていくのは、妙子だろう。その光と、雪子の影。
    さらには、谷崎氏の簡潔な筆致。
    これらのおりなす、幾重にも重なる灰色の濃淡がこの作品の美しさだ。
    参考に掲げておきたいのは、『楡家の人々』。太宰『斜陽』。チェーホフ『桜の園』『三人姉妹』あたりか。
    個人的に「ふん」という言い方が気に入らない笑
    また、変化が少ないという批判があるが、これはあたらない。いうなれば、フーガのように、同じテーゼを繰り返しながら遁走している。桜の美しさを詠じるように、個性とは逆に、文化の様式に従うことがそのまま美の表現の根拠となっている。四季の巡行に根差した円環的な時間ではあるが、今年の花は去年の再生でありながら、歳月は人間に老いをもたらし、女には若さの喪失をもたらしていく。

  • 中巻は、こいさん=妙子メインの内容になってますね。雪子さんの見合いもどこへやら…あるにはありますが。
    現代の感覚からすると、何故そこまでこいさんが不良娘扱いされなきゃならないの!?と感じますが、そういう時代だったのだなぁと思わずにはいられません。

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細雪(中) (新潮文庫)のその他の作品

新装版 細雪 中 (角川文庫) Kindle版 新装版 細雪 中 (角川文庫) 谷崎潤一郎
細雪 (中) (角川文庫) 文庫 細雪 (中) (角川文庫) 谷崎潤一郎
細雪(中)(新潮文庫) Kindle版 細雪(中)(新潮文庫) 谷崎潤一郎

谷崎潤一郎の作品

ツイートする