人間失格 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.70
  • (1754)
  • (1848)
  • (3159)
  • (250)
  • (66)
本棚登録 : 15826
レビュー : 1936
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006055

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 太宰の思想と人生、祈りが色濃く反映された
    自伝的小説「人間失格」。

    「恥の多い生涯を送って来ました。」
    あまりに力強いこの一文だけで圧倒される。

    人生の本質や普遍的な人間の罪、弱さ、
    愚かしさ、美しさ、愛情、恐怖を
    すさまじいまでの集中力で落とし込み
    苦悩と解放の間でもがき書ききった太宰。

    根拠のない自己肯定のできる人間たちに戦慄し、
    傲慢の醜悪さに苦い思いを抱く。

    苦しみから逃れ、享楽的に生きることの
    愚かしさを人生を持ってして示し、
    暴力的な時代への嫌悪を嘆き、
    実体のない世間へと祈りを込めて矢を放つ。

    麗しくも恐ろしきは浮世なれ。
    人の世を憂い、時代に絶望しながらも
    それでも生涯求めてならなかった人間への
    長い長いラブレターに思えた。

  • 太宰治の自叙伝的最終長編。
    大人になって初めて読んだ太宰治。学生のころ『走れメロス』は読んだことあったけど、他のは読んでなかったので、太宰治の傑作から読んでみました。

    『人間失格』太宰治の自伝的な小説。
    それにしても、こういうダメな人っているよね。それでいて女性にはめちゃめちゃモテるっていう男の人。
    太宰治自身も本当に色男で格好良かったんだろうな。
    自分からアプローチしなくても女性の方から寄ってくる。それが十代の女の子から後家さんまでという幅広さ。

    太宰を見ると女性は自分からお世話をしたくなっちゃうんだろうね。
    「私がこの人を支えてあげなきゃダメだ」
    っていう母性本能をくすぐりまくるタイプ。しかもとびっきりのいい男。

    もしも自分に娘がいて、娘がこういう男性に熱を上げてたら『絶対にダメだ』って怒るだろうけど、そうすると娘はその男と駆け落ちしてしまうんじゃないかっていう恐怖に襲われるので、仕方なく二人の交際を認めしまうくらいに色男、もう手に負えない。

    さらにこの『人間失格』の主人公のダメっぷりが半端ない。
    生きる気力というか、そういうのがまったくなくて、女性に養ってもらいながら、酒におぼれ、薬物におぼれる。そして、もうダメだと思ったら心中しようとする。

    こういう小説を読むと、「自分も大したことないけど、この男は俺よりもっとダメだな」って勇気づけられる・・・のかどうか分からないけど、そういう気持ちにさせる小説って、ある一定の需要はあるよね。
    このあたりはドストエフスキーの『地下室の手記』に通じるものを感じます。

    自分は、あまり共感する部分は無かったけど、こういうデカダンスな人生に憧れるところは実際にありますね。もし自分がものすごい色男だったらだけど(笑)。

    太宰の文体は嫌いじゃなので、今度は『斜陽』あたりを読んでみますね。

  • 「恥の多い生涯を送ってきました。」という、まぁ、ぶっちゃけ身もふたもない、主人公 大庭葉蔵の手記から始まる、あまりにも有名な小説を新年早々38年ぶりに再読。

    今作は昭和23年に上梓。「斜陽」と並ぶ太宰の代表作。
    書き上げた1ヶ月後に、前年、屋台のうどん屋で知り合い、愛人となってまだ日も浅い山崎富栄と玉川上水に入水自殺を図る。流行作家が愛人と身投げというセンセーショナルさも手伝い、遺作として自叙伝を書いたとも言われ当時ベストセラーとなった作品。

    さて本書。主人公 葉蔵がこれまでどんな人生を送り、その我が人生に影のようにつきまとう“孤独”が如何様なものであったか、その孤独がもたらしたものとは…」を、幼少期から薬物中毒に至るまでを終始葉蔵の独白で綴られていく。

    言うまでもなく決して明るい小説ではない。葉蔵が齢を重ねるにつれどんどん壊れていく、救いようのない展開が進むのだが、ついつい笑ってしまうのだ。

    それは葉蔵がとにかく女にモテるからだ。
    そのモテ方は尋常じゃなく、カフェの女給と心中を図るも自分だけが生き残り、その心の傷も癒えぬうちに雑誌記者の女性の家に転がり込んでヒモ男に。少し落ち着くのかと思えば、突然タバコ屋の純情娘と結婚する。「袖触れ合うも多生の縁」の数珠つなぎというか、それを逆手に取ったのか思いたくなる程の『だめんず』。「これだけモテてて何が孤独や!」と思う人は少なくない筈。もっともなツッコミである。

    「私が支えてあげなくちゃ!」という女心。恋の百戦錬磨の男ゆえ女性の扱い方を熟知。この2つが見事に交錯する人がモテるんですな。55歳になって「“モテる”を科学できた」と実感。お金があるところにお金がさらに集まるみたいなもんでしょうか。

    そこで『人間失格』を、男性は「モテるための指南書」として、女性は「“だめんず”診断」として読む。不朽の文学を齢を重ねてから読むと、「な〜んだ。取っつきやすいじゃん!」と思えるはず。

    太宰の著した作品が、太宰より先に生まれ、彼自身が先達の作品として読んでいれば、薬物中毒にならず、死なずにすんだかもしれないと思うのは、文学に求め過ぎか。

  • この男はヒドイね、ほんとダメだね。
    超ネガティブ、超後ろ向き。
    でも、超純粋で超ナイーブなんだなぁ、きっと。
    女性にもてるのは解る気がします。
    放っておけず、あなたを解かってあげられるのはわたしだけ、と錯覚させてしまう魅力はあるよね、なんか。

    太宰の自叙伝といわれる遺作、底知れぬものを感じます。
    巻末の解説がまたすごい。
    他の太宰作品未読のわたしには深すぎる・・・
    確か高校のときに読もうとしてあまりの暗さにやめてしまった気がするけど、あの頃のわたしにはこれは読めないわと思うのであります。

    何で突然太宰治なのかというと、今年の読書目標として
    「月にひとつ、文豪の作品を読む」と決めたからです。
    今まで気になりつつも、なかなか手を出せなかった領域に踏み込んでみようと。
    そして、誰のどの作品を読もうかいろいろピックアップしているうちに今月も終わりに近づき、いちばんメジャー感のある「人間失格」を手にしたという次第です。

    文豪(あくまでわたしの考える)って、誰を読んだっけ?と考えると
    芥川龍之介や宮沢賢治は児童文学で数作品読んで、あとは夏目漱石を読書感想文の課題で読まされたくらいか。
    吉行淳之介はあんまり文豪ぽくないけどけっこう好きで何冊か持ってます。
    あとは現代の文豪村上春樹とかね。
    外国文学となると、ミステリーか児童文学ばかりだしな。

    そんなこんなで読んでみたい文豪作品リストがずいぶん長くなったので、数年かけてぼちぼち読んでいけたらいいなぁと思います。


    「人間失格」ハマリはしないがおもしろかったです。
    一度で理解できたとは到底思えないけど、読み終わって改めてこうして感想を書いていると何かがじわじわ来る。

    “ただ一さいは過ぎて行きます。 
    自分がいままで阿鼻叫喚で生きて来た所謂「人間」の世界に於いて、たった一つ、真理らしく思われたのは、それだけでした。”

    ラストの無常観はすごい。

    • kwosaさん
      tiaraさん! こんにちは。

      >「月にひとつ、文豪の作品を読む」

      上で vilureefさんもおっしゃっていますが、いいですね。
      知っ...
      tiaraさん! こんにちは。

      >「月にひとつ、文豪の作品を読む」

      上で vilureefさんもおっしゃっていますが、いいですね。
      知ってるつもりになっているけれど読んでない作品って、かなりありますもんね。

      『人間失格』の、鉄棒から落ちて、友人に「わざ、わざ」って言われるあたり(うろ覚えですが)は自分の心を見透かされたようで冷や汗をかいた記憶があります。
      日本には相当数、共感する男がいるようです。
      『第2図書係補佐』でピース又吉も言っていたような気がします。

      文豪作品フェア、三島由紀夫の『金閣寺』はどうですか?
      僕は読んだ当時、ラスト二行に衝撃を受けましたよ。
      2013/05/13
    • tiaraさん
      vilureefさん、ありがとうございます。

      イマドキの小説を読んでいても、ちょくちょく引用されたり、比喩につかわれたりするので、やっぱり...
      vilureefさん、ありがとうございます。

      イマドキの小説を読んでいても、ちょくちょく引用されたり、比喩につかわれたりするので、やっぱり知識として必要な気もして興味を持っていたんですよね。
      でも学生の頃は、あんまりおもしろいと思えなかったので、ほとんどあらすじさらっただけできてしまったので、いい大人になった今挑戦してみようと思いました。

      やっぱり、難しかったりとっつきにくいですけど、なかなか悪くないですよ。
      vilureefさんもぜひー。

      太宰はやっぱり他の作品でもダメ男なんですね(笑)
      2013/05/13
    • tiaraさん
      kwosaさん、ありがとうございます。

      今のところ続いていますよ。
      1月にここで宣言したことで、モチベーションも維持できそうです。
      ほんと...
      kwosaさん、ありがとうございます。

      今のところ続いていますよ。
      1月にここで宣言したことで、モチベーションも維持できそうです。
      ほんと、名前だけ知ってて内容よく知らない作品だらけなので、
      何から手をつけたらいいのか迷うほどです。

      やっぱり男性は共感するんですねー。そうなのかぁ。
      『第2図書係補佐』もブクログで人気なので読んでみたいです。

      三島由紀夫の「金閣寺」読んでみたいリストに入ってます!
      今月は漱石を借りてきたので、7月に読んでみようと思います。
      (奇数月は日本文学、偶数月は外国文学をを読んでるので)
      2013/05/13
  • 限定カバーが素敵だったので数年ぶりに読みました。
    私の人生に於いて欠かせない一冊「人間失格」。
    津軽の大地主の生まれである太宰は、生まれもっての裕福な環境で成長していく中で、他者との調和を求めるべくわざとおどけてみせたり道化精神を培っていきます。
    貴族の生まれが逆にコンプレックスであり、例えば勉学などで目立つことも好まず、酒や薬に溺れわざと自堕落になることで自分へのハンデを与え、破滅することでしか生きる意味を見い出せなくなっていく様は非常に痛ましくそれでいて美しいとさえ感じました。
    私自身似たようなところがあり、やはり道化を演じてしまうところがあるのですが、演じる程に自己を見失っていく感覚はとても苦しいものです。
    ある人に「あなたはもっと悪者になったほうがいい。感受性が強すぎる。」と言われたことがあるのですが、
    太宰にしても私なんか以上に感受性が強く抽象的な物事を読み解く才能もあるが故、恐ろしく沢山の物事を見てしまい感じなくてもいい苦痛や気にしなくてもいい事を見つけてしまう苦痛に溺れていったのだろうと感じました。

    しかし道化を演じながらも酒や薬に溺れ自堕落になり、家族までも崩壊させていく姿は
    人間の本質を丸裸にして見せられているような感覚になり、逆に「生」を感じさせるものでもありました。
    無頼派でいてデカダン的な生き方は「ダメ人間」ではなく心の底から一生懸命だからこそできる生き方だなと感じました。
    きっと誰よりも人を愛して愛されたいと思っていた太宰の生き様は美しいと私は思います。
    賢くも生々しい生きることが不器用な人間性、私は好きです。

  • 2014年の新潮文庫プレミアムカバーの黒い表紙をふと手に取って読み始めた。きっかけはたわいの無いものだ。先日マンガ大賞を受賞した「響 小説家になる方法」の冒頭で、太宰治の名前が出て来たからである。文芸部の若い編集者が呟く。「世界を変えるような新人が出てこないかしら。太宰治のような‥」と。確かに、純文学の世界はずっと右肩下がりで、なおかつ出版不況で行き止りだ。彼女の嘆きもわからないではない。けれども、それが太宰治なのか?と、私はその時に正直思ったのである。それで3年前に買って積ん読状態だったこの本に手を伸ばした。

    文体は今読んでも新鮮だ。短い文で、リズムを作る。私の文章もつい短くなる。既読だと思っていた。初読だった。自伝かもしれない。そうでない、かもしれない。主人公は最近のテレビドラマの主人公が悩むようなことを悩む。だから、今でもテレビドラマに影響をあたえているという意味で、影響力は絶大なのかもしれない。

    けれども、私は流石に歳をとった。太宰かぶれなどにはなるはずがない。ホント自死したコイツの悩みとか、「惚れられる」運命にあるオトコへの嫉妬とか、戦前の共産主義運動のこととか、すべてがまるで台詞のようだ。すべてが私の周りを廻って過ぎて行った。

    世界は描かれていない。1人の寂しいオトコが描かれている。まるでテレビドラマのように。

    若い漫画家に言いたい。早く、出来るだけ早く卒業しなよ、と。

    2017年4月25日読了

  • 人間失格、読んでいなかったのである。
    ひねくれ者の私は、あまりにも有名な「恥の多い人生を送ってきました」を読む機会を逸して、今の今まで読めずにいたのである。

    しかし、読んでみて「ああ、やっぱり凄いなぁ」と思った。
    もしこれを私が高校生のときに読んでいたら、間違いなく今よりずっと太宰ファンになっていただろうと思う。
    逆に言えば、今の私はこれを、一歩引いて読んだのかもしれない。

    この本の感想を一言で言うと、「憐憫」。物語として、お話としてのきれいな哀れみ。
    途中途中で心臓をぎゅっと締め付けられるような描写や気持ちは、たくさんあった。「ああ、自分と同じことを思って生きている人がいる・・・」というような。
    しかし、それ以上に、太宰は悲しいくらい芯から道化だったのだな、という思いのほうが全てを読み終えた今では強い。
    それは物語の冒頭の「恥の多い人生を送ってきました」よりも、最後の最後、「神さまみたいないい子でした」に、よく表れていると思う。これを読んだとき、私は、あ、このお話は一種のファンタジーだったんだ、と思った。太宰もそれを痛いくらいわかっていて、だからこそ主人公の手記が、他の誰かの手に渡ったという形にしたんだ・・・と。

    この「神さまみたいないい子でした」を読むまで、私は『人間失格』は太宰の叫びなのかな、と思っていた。
    しかし違ったのだ。確かに叫びでもあったけれど、それ以上にこれはおとぎ話だったのだ。少なくとも、太宰にとってはそうだったのではないかと思う。ちゃんちゃらおかしい話。どこかの誰かが残した、本当か嘘かもわからない、哀しくてきれいなお話。
    太宰の絶望は『人間失格』よりも、もっともっと深かったのではないかと思う。けれど彼は、その持ち前の「道化精神」から、どうしてもその絶望をありのままに書けなかったのではないか。ありのままに書きすぎたら、読者に申し訳ない。読者に気に入ってもらえない。それに、なんだか、一人でもうダメだダメだと言っているようで恥ずかしい(自分では、もう何もかもダメだとしか思えないんだけど)。
    だから、「人間、失格」ですら彼は「おとぎ話」にしてしまったのではないか、と私は思う。本当は太宰の絶望は、これ以上にずたずたに脆くて、打ちひしがれて、繊細だった。けれど、その繊細さが、彼は恥ずかしくて申し訳なくて、たまらなかった。だからより一層、辛かった。

    そういう意味で、『人間失格』は太宰の道化精神を痛いくらいに表した、とてもきれいな「おとぎ話」だと、私は思ったのだった。本当の絶望は、自分の気持ちすらフィクション(作り物)としてしか認められないこと、なのかもしれない。

    • じゅんさん
      そっか・・・とてもきれいな「おとぎ話」と言われると、うんうん、と頷けるものがあります。私はまさしく10代のころにこの「人間失格」を読んで、な...
      そっか・・・とてもきれいな「おとぎ話」と言われると、うんうん、と頷けるものがあります。私はまさしく10代のころにこの「人間失格」を読んで、なんで私のことがこんな風に活字になってるの??と驚いた、典型的な太宰ファンです。
      太宰治の道化が哀しくて、恥ずかしくて・・。

      大人になってから読む太宰というのもまたいいものですよね。
      2011/11/11
    • 抽斗さん
      >じゅんさん 
      コメントどうもありがとうございます。私も高校生のときに読んでいたら、「これは、私だ・・・!!」と衝撃だっただろうなぁ、と思...
      >じゅんさん 
      コメントどうもありがとうございます。私も高校生のときに読んでいたら、「これは、私だ・・・!!」と衝撃だっただろうなぁ、と思います。
      太宰の道化精神に、「自分が一番わかっているのに、自分じゃどうもできない」ものを感じました。
      2011/11/11
  • 人間失格。
    人間に合格も失格もあるものだろうか。
    堕落し道化に成り果て、追従ばかりになり、生きるのが辛くなればなるほど、それこそが人間なのではないか。
    と、するなら、人間失格者はもっとも人間らしいのかも知れない。

  • 太宰治は色々な評価があり、色々と言われている作家ですが、結論を言えばわたしはこの人間失格という本に65%くらい共感して感銘を受けた。もうすごく言いたいことも分かるし、あなたの絶望も分かるし、あなたの明るさの陰に隠れた卑屈な臆病な心も分かると全肯定したくなる。わたしだけがあなたを分かると言いたくなる。そんな不思議な魅力を持った人物。残りの35%は、わたしはここまで行ききれないという気持ち。ここまでは、世を捨てられないし、ここまで絶望はしていない。レベルが違うと悲しくなる。隔たれている、と感じるのが35%だった。
    しかしどちらにしろ、ひどく魅力的な本。それよりも嬉しいのは、この本をすきと言う人が日本中にたくさんいること。わたしと同じように太宰治を捉えるひとがたくさんいるということ。それだけでよし生きてみようという気持ちになる。

  • ああ。読んでしまった。


    表紙カバー裏に太宰の略歴が書かれていて、「戦後、『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し山崎富栄と玉川上水で入水自殺。」と締めくくられ、文字通りの遺作は、その次のページから、あまりにも有名な一文目に始まり、自己への反省、批判、嫌悪、羞恥、後悔、あらゆる否定に満ち満ちた文章を連ねていく。やっぱり新潮文庫はオシャレだ。

    僕は、不思議なことだけれど、この、行間から漂う絶望、「人間」として生きることに対する諦観のようなものたちに対して、居心地の良さのようなものを感じてしまっていた。それはやはり、表面的に「道化」を演じ続ける一方で、内なる空虚を抱える主人公に対し、どうしようもなくシンパシーを感じていたからじゃないかとおもう。それが、人間、なのかもね、みたいな。彼は「廃人」として自らに人間失格の刻印を押している(もしくは押されたと評している)が、酒や薬物の中毒に陥るまでか否かという「程度」の違いであって、根源的にはみな、人間は、「人間」失格なのではないか、とおもってしまう。

    読んでしまった、というのは、こうして自己を否定することで人間は純粋で、妥協せずに、「人間」らしくいられる印象を、自分が抱いてしまったからだ。自分の目を通せば、ヒラメや堀木と言ったような周囲の人々よりも、主人公が、よっぽど「人間的」に見えたからだ。こうなってしまっては、自分に自信を持っている人間や、現状に満足しているような人間を見たり、そういった人々の本を読もうとすれば、違和感や疎外感を覚えずにはいられない。おそらく僕は、彼に、感化されてしまったのだ。

    解説によれば、太宰をその人にとって特別な存在として位置づけ評価する人々もあれば、その文学を全否定し認めようとしない人々もいるのだそうだ。言うまでもなくそういう意味で自分は前者だろうが、後者のような人々が存在することも確かになあと思う。そういう人たちにとっては、むしろ太宰こそが傲慢な人間に思われるのかもしれない。たぶんだけど、そういう人たちが批判するよりも、太宰を愛読する人が彼の文学の「よさ」を表現するほうが、よっぽどむずかしいんじゃないかとおもう。少なくとも僕は。事実今このレビューでさえ不完全燃焼感でいっぱいだ。もうちょっとこの花火燃えるはずなのに!根っこのほう湿気ちゃってるよ!みたいな。何の話だ。

    いつかもう少し大人になったときに、また読み返そうとおもいます。

全1936件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1909年(明治42年)、青森県金木村(現五所川原市)生まれ。本名、津島修治。東大仏文科在学中に非合法運動に従事し、やがて本格的な執筆活動へ。35年、「逆行」で第1回芥川賞の次席となり、翌年には処女作品集『晩年』を刊行。以後「走れメロス」「斜陽」など多数。

「2018年 『津軽』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人間失格 (新潮文庫)のその他の作品

人間失格 (大活字シリーズ) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (大活字シリーズ) 太宰治
人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) 太宰治

太宰治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
三島 由紀夫
遠藤 周作
ヘルマン ヘッセ
坂口 安吾
有効な右矢印 無効な右矢印

人間失格 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

人間失格 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする