人間失格 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.70
  • (1756)
  • (1854)
  • (3161)
  • (251)
  • (66)
本棚登録 : 15901
レビュー : 1939
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006055

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分みたい。生きた文学。

  • やっと読み終わった。薄いわりに内容が濃いし難しいからなかなか進まない。でもつまらないとかじゃない。表現とか独特なところが多く、考えながら読むと遅くなってしまう。私は結構序盤から、主人公に感情移入するのは諦めました。現実世界でも私から見て、何を考えているのか分からない人。そういう人の人生を覗いているような気持ちで読み進めました。読んでいる時は、これが手記なんだとは分からなかった。最後まで読んで、そうだったんだと気がついた。恥の多い生涯を〜の文も有名だけど、最後の最後の一文も、なかなかですね。突然終わったのでびっくりして、余韻が残りました。

  • 暗い。人間の暗さを分解して顕微鏡でひとつひとつ見ていくような本。

  • ずっしり重い内容だけど、これからも読み続けると思う

  • もっと読みにくい本なのかなとの先入観があったけれど、意外と読みやすい感じだった。途中で太宰の自叙伝みたいなものなんだと気づいた時に、内容にグッと入り込んだ。人付き合いってどこまでも難しいものだし、自分を作り上げているんだろうかとか人見知りとしては少し共感できる分があったり。最後のほうはいわゆるこの時代でいう文春砲なみの話題も満載だなぁと思ったり。屈折しすぎるような、でも正直すぎる生き方で生きづらい人だったんだな。

  • 再読もいいとこだが相変わらず主人公は私だ……

  • 自分で自分を許せなかったら、何をやっても地獄。
    理解し難い他者に怯えて怯えて怯えた葉蔵。
    恐怖と嫌悪の対象でしかない人間たちに、心の声をどれだけやり過ごし
    それでも縋るしかなかった彼の人生は一体どんな心地がしただろう。

    思ってた以上に普遍性が高くてびっくりする。

  • 主人公が自分なのではないかと思うほど共感する。
    と書くと、いつまで思春期をやっているんだ、いい大人なんだから現実的な思考をしなさいという声が聞こえそうだ。
    でも仕方ない。
    シンパシーを感じるのを止めることはできないし、この本を読んだ人は時代に関係なく共感する部分があるんじゃないだろうか。

    凄まじいほどの過剰な自己意識、他人への劣等感、人間への不信や恐怖。
    死への渇望。

    自分の子供を優等生に育てたい親御さんは、この本を子供に勧めるということはないだろう。
    でもその子はいつか、挫折や絶望を知った時、この本に触れるかもしれない。

    声や言葉にならない感情が小説によって視覚化され、自分と同じ感覚を持つ人がいるという事実や、もしくはそれ以上のものをこの小説によって知ることで、救われる人もいるのじゃないか。

    読む状態によっては、良くも悪くも、人生において決定的になる小説。

  • こういうのを私小説っていうんでしょうか。
    陰鬱な気持ちになり、時々イライラしながらも、引き込まれるように読み終えました。
    私はこの手記の書き手が、第一の手記冒頭で大嫌いになりました。自分は人間失格だと言いながら、人間たちを俯瞰して見下す自分(≠人間)が好きなんだろうな、と。
    でも、自己について突き詰めてさらけ出してみたら、私だってろくなもんじゃない(そんなことしたらきっと耐えられない)。本文中に、身につまされるようなもろい部分がないわけでもなく。
    全く他人である読者たちに、自己の内面をここまで突き付けて、文学にしてしまう力はすごい。

全1939件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1909年(明治42年)、青森県金木村(現五所川原市)生まれ。本名、津島修治。東大仏文科在学中に非合法運動に従事し、やがて本格的な執筆活動へ。35年、「逆行」で第1回芥川賞の次席となり、翌年には処女作品集『晩年』を刊行。以後「走れメロス」「斜陽」など多数。

「2018年 『津軽』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人間失格 (新潮文庫)のその他の作品

人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) 太宰治
人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) 太宰治

太宰治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
坂口 安吾
フランツ・カフカ
ヘミングウェイ
安部 公房
武者小路 実篤
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする