人間失格 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.70
  • (1756)
  • (1854)
  • (3161)
  • (251)
  • (66)
本棚登録 : 15895
レビュー : 1939
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006055

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どうも受け付けられなかったな

    暗い気持ちになるというか、反面教師的な小説だと位置付けている

  • 私はものすごくマイナス思考で、とにかく暗い人間です。
    もう、悩むことが趣味で、正直生きづらい(笑)
    そんな私にとって『人間失格』のタイトルは、それはもう魅力的でした。
    読まずにはいられないですよ。
    自分と同じことを考えている人がいたなんて!とか
    今まで読んだ本の中で一番好きな本。とか、
    高評価を山ほど耳にしたうえで、
    かなり期待しながら高三の受験期に読みました。

    最初は主人公と自分との共通点を必死になって探して、
    得た共感にほっとしてました。
    自分が人間失格だと思いたかったんです。
    でも、段々馬鹿らしくなってきた。
    途中からは、引きずり込まれないように
    なるべく拒絶しながら、客観的な目で読み進めました。

    確かに、人間誰しもが持つマイナスな部分というのを、
    よく描いてると思います。
    道化とかね。
    共感する人間は多いだろうし、私も共感した。

    だけど、ほんとに、絶望しかない。
    この本を書いて作者は死んでしまってるし、
    希望なんて微塵もない。
    苛立ちと不快を感じます。
    大体、誰が人間失格なんて決めたんだ!と怒り心頭。
    自分を人間失格と決め込んだって
    なんにも救われないし成長もしない。

    ただ絶望的なだけの小説がもたらす
    負の大きさを強く感じたし、絶対だめだと思った。
    実際この小説を読んで泥濘にはまってしまった若者もいる。
    多分、そういう人間はたくさんいると思う。
    弱い人間がホイホイ引き寄せられて
    共感して、勘違いして、とことん甘えて、だめになる。

    解説で
    太宰治はこれを書くために生まれてきた
    的なことが書いてありましたが、馬鹿馬鹿しい。
    ‘高尚’な‘文学’の世界なんてくだらない。
    陶酔も甚だしい。

    三島由紀夫の『不道徳教育講座』の【弱い者をいじめるべし】
    まさにこれ。

    これを読んで救われる人もいるだろうけど。
    私は嫌いです。
    好きになったら最後、もう自殺しかない。

  • 葉蔵が「お道化」ながら幼少時代を生きてきたことを思うと心が痛む。私もお道化ながら生きてきたからだ。誰かに認められたい訳じゃなく、自分が傷付かずに、ただ生きてその時間をやり過ごすためにはお道化るしかないのだ。だから他人を欺き、自分を騙して生きる人を否定しない。
    ただ、性格を父親のせいにする葉蔵は理解できない。家庭環境が人格形成に影響するのは確かだが、結局は自身の弱さが問題なのである。更生するチャンスはいくらでもあったのだから。
    モテたみたいだが、訳あり女が近付いてくるだけで、類は友を呼ぶ状態だっただけだと思う。

  • どこかで主人公が違う選択をしていれば、ここまで不幸にならなかったのではないか。とも思ったが、人生とは1度悪い方に転がり始めると、ズルズルと沼に落ちてゆくのが常なのかもしれない。
    主人公の内面に自分が重なる部分も多々あった。
    文章が少し回りくどいので、読了まで時間がかかった。
    次は同じ著者の明るい作品を読んでみようと思う。

  • 暗い本だった

  • 人間の世界で生きることの恐さ、苦しさ、虚しさを感じ、心の中で葛藤し続け、人間を信じることができず、もがきながら生きる主人公。
    共感できるところもあった。人からの好意を恐ろしい、といっていたけれど、本当は、本当に信じられる愛を求めていたのではないか。

  • 高校生の時よんだけど、理解できなかった。

  • 一回読んだだけでは、私にはよくわからなかった。

  • ベストセラーとなった理由はタイトルのインパクトによるものだろう。
    内容はそう感じてしまった程度の出来具合。
    太宰にしては描写の仕方が荒い。
    その余裕の無さが逆に迫真的。
    エッセイとして読めば面白いのかもしれない。

  • 太宰治の自伝に近い内容なのだろうか?
    読んでとても暗い、重い小説。
    複数回読まないと理解できないような気がする。
    でもこのような人間性を一部自分も持っているようなきがした。
    以前、映画化されているようであるが、この深い内容がちゃんと伝わっているだろうか??

著者プロフィール

1909年(明治42年)、青森県金木村(現五所川原市)生まれ。本名、津島修治。東大仏文科在学中に非合法運動に従事し、やがて本格的な執筆活動へ。35年、「逆行」で第1回芥川賞の次席となり、翌年には処女作品集『晩年』を刊行。以後「走れメロス」「斜陽」など多数。

「2018年 『津軽』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人間失格 (新潮文庫)のその他の作品

人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) 太宰治
人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) 太宰治

太宰治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
三島 由紀夫
ヘルマン ヘッセ
武者小路 実篤
坂口 安吾
三島 由紀夫
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする