人間失格 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.70
  • (1756)
  • (1854)
  • (3161)
  • (251)
  • (66)
本棚登録 : 15900
レビュー : 1939
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006055

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 太宰治の自叙伝的最終長編。
    大人になって初めて読んだ太宰治。学生のころ『走れメロス』は読んだことあったけど、他のは読んでなかったので、太宰治の傑作から読んでみました。

    『人間失格』太宰治の自伝的な小説。
    それにしても、こういうダメな人っているよね。それでいて女性にはめちゃめちゃモテるっていう男の人。
    太宰治自身も本当に色男で格好良かったんだろうな。
    自分からアプローチしなくても女性の方から寄ってくる。それが十代の女の子から後家さんまでという幅広さ。

    太宰を見ると女性は自分からお世話をしたくなっちゃうんだろうね。
    「私がこの人を支えてあげなきゃダメだ」
    っていう母性本能をくすぐりまくるタイプ。しかもとびっきりのいい男。

    もしも自分に娘がいて、娘がこういう男性に熱を上げてたら『絶対にダメだ』って怒るだろうけど、そうすると娘はその男と駆け落ちしてしまうんじゃないかっていう恐怖に襲われるので、仕方なく二人の交際を認めしまうくらいに色男、もう手に負えない。

    さらにこの『人間失格』の主人公のダメっぷりが半端ない。
    生きる気力というか、そういうのがまったくなくて、女性に養ってもらいながら、酒におぼれ、薬物におぼれる。そして、もうダメだと思ったら心中しようとする。

    こういう小説を読むと、「自分も大したことないけど、この男は俺よりもっとダメだな」って勇気づけられる・・・のかどうか分からないけど、そういう気持ちにさせる小説って、ある一定の需要はあるよね。
    このあたりはドストエフスキーの『地下室の手記』に通じるものを感じます。

    自分は、あまり共感する部分は無かったけど、こういうデカダンスな人生に憧れるところは実際にありますね。もし自分がものすごい色男だったらだけど(笑)。

    太宰の文体は嫌いじゃなので、今度は『斜陽』あたりを読んでみますね。

  • 人間失格、読んでいなかったのである。
    ひねくれ者の私は、あまりにも有名な「恥の多い人生を送ってきました」を読む機会を逸して、今の今まで読めずにいたのである。

    しかし、読んでみて「ああ、やっぱり凄いなぁ」と思った。
    もしこれを私が高校生のときに読んでいたら、間違いなく今よりずっと太宰ファンになっていただろうと思う。
    逆に言えば、今の私はこれを、一歩引いて読んだのかもしれない。

    この本の感想を一言で言うと、「憐憫」。物語として、お話としてのきれいな哀れみ。
    途中途中で心臓をぎゅっと締め付けられるような描写や気持ちは、たくさんあった。「ああ、自分と同じことを思って生きている人がいる・・・」というような。
    しかし、それ以上に、太宰は悲しいくらい芯から道化だったのだな、という思いのほうが全てを読み終えた今では強い。
    それは物語の冒頭の「恥の多い人生を送ってきました」よりも、最後の最後、「神さまみたいないい子でした」に、よく表れていると思う。これを読んだとき、私は、あ、このお話は一種のファンタジーだったんだ、と思った。太宰もそれを痛いくらいわかっていて、だからこそ主人公の手記が、他の誰かの手に渡ったという形にしたんだ・・・と。

    この「神さまみたいないい子でした」を読むまで、私は『人間失格』は太宰の叫びなのかな、と思っていた。
    しかし違ったのだ。確かに叫びでもあったけれど、それ以上にこれはおとぎ話だったのだ。少なくとも、太宰にとってはそうだったのではないかと思う。ちゃんちゃらおかしい話。どこかの誰かが残した、本当か嘘かもわからない、哀しくてきれいなお話。
    太宰の絶望は『人間失格』よりも、もっともっと深かったのではないかと思う。けれど彼は、その持ち前の「道化精神」から、どうしてもその絶望をありのままに書けなかったのではないか。ありのままに書きすぎたら、読者に申し訳ない。読者に気に入ってもらえない。それに、なんだか、一人でもうダメだダメだと言っているようで恥ずかしい(自分では、もう何もかもダメだとしか思えないんだけど)。
    だから、「人間、失格」ですら彼は「おとぎ話」にしてしまったのではないか、と私は思う。本当は太宰の絶望は、これ以上にずたずたに脆くて、打ちひしがれて、繊細だった。けれど、その繊細さが、彼は恥ずかしくて申し訳なくて、たまらなかった。だからより一層、辛かった。

    そういう意味で、『人間失格』は太宰の道化精神を痛いくらいに表した、とてもきれいな「おとぎ話」だと、私は思ったのだった。本当の絶望は、自分の気持ちすらフィクション(作り物)としてしか認められないこと、なのかもしれない。

    • じゅんさん
      そっか・・・とてもきれいな「おとぎ話」と言われると、うんうん、と頷けるものがあります。私はまさしく10代のころにこの「人間失格」を読んで、な...
      そっか・・・とてもきれいな「おとぎ話」と言われると、うんうん、と頷けるものがあります。私はまさしく10代のころにこの「人間失格」を読んで、なんで私のことがこんな風に活字になってるの??と驚いた、典型的な太宰ファンです。
      太宰治の道化が哀しくて、恥ずかしくて・・。

      大人になってから読む太宰というのもまたいいものですよね。
      2011/11/11
    • 抽斗さん
      >じゅんさん 
      コメントどうもありがとうございます。私も高校生のときに読んでいたら、「これは、私だ・・・!!」と衝撃だっただろうなぁ、と思...
      >じゅんさん 
      コメントどうもありがとうございます。私も高校生のときに読んでいたら、「これは、私だ・・・!!」と衝撃だっただろうなぁ、と思います。
      太宰の道化精神に、「自分が一番わかっているのに、自分じゃどうもできない」ものを感じました。
      2011/11/11
  • 人間は表と裏があり、その恐ろしさはひどいものであるという主人公の見方には共感できる。主人公について考えてみると、やはり、彼自身も人間を恐れながらもどこかで見下している。ニーチェっぽい考え方から、こいつには道化程度で充分だという他人の見方こそが、他の数多の愚行以上の人間失格にふさわしいものだと思う。人は自分が思っている以上に自分の素が出たりするし、それに他人は気づいている。悲しい事に、この様に彼を必死になって批判しないと気が済まないのはやはり、読者である自分にも彼の様な部分があるからだと思うし、この作品の主人公をむきになってこきおろしたり嘲笑ったりする人には彼との何かしらの共通点を持っているはずだ。
    一つ面白いのは、彼の世間についての見方だと思う。世間とは個人であり、いかなる心配も過剰に過ぎないという彼の吹っ切れは辛い時に読むと元気が出るに違いない。

  • やっと読み終わった。薄いわりに内容が濃いし難しいからなかなか進まない。でもつまらないとかじゃない。表現とか独特なところが多く、考えながら読むと遅くなってしまう。私は結構序盤から、主人公に感情移入するのは諦めました。現実世界でも私から見て、何を考えているのか分からない人。そういう人の人生を覗いているような気持ちで読み進めました。読んでいる時は、これが手記なんだとは分からなかった。最後まで読んで、そうだったんだと気がついた。恥の多い生涯を〜の文も有名だけど、最後の最後の一文も、なかなかですね。突然終わったのでびっくりして、余韻が残りました。

  • ずっしり重い内容だけど、これからも読み続けると思う

  • もっと読みにくい本なのかなとの先入観があったけれど、意外と読みやすい感じだった。途中で太宰の自叙伝みたいなものなんだと気づいた時に、内容にグッと入り込んだ。人付き合いってどこまでも難しいものだし、自分を作り上げているんだろうかとか人見知りとしては少し共感できる分があったり。最後のほうはいわゆるこの時代でいう文春砲なみの話題も満載だなぁと思ったり。屈折しすぎるような、でも正直すぎる生き方で生きづらい人だったんだな。

  • こういうのを私小説っていうんでしょうか。
    陰鬱な気持ちになり、時々イライラしながらも、引き込まれるように読み終えました。
    私はこの手記の書き手が、第一の手記冒頭で大嫌いになりました。自分は人間失格だと言いながら、人間たちを俯瞰して見下す自分(≠人間)が好きなんだろうな、と。
    でも、自己について突き詰めてさらけ出してみたら、私だってろくなもんじゃない(そんなことしたらきっと耐えられない)。本文中に、身につまされるようなもろい部分がないわけでもなく。
    全く他人である読者たちに、自己の内面をここまで突き付けて、文学にしてしまう力はすごい。

  • 相当もてたんだろうなぁ、と。ところどころ気持ちがわかるわ。手紙をわざと横で書いて、見せてみろって言ってあげるとあらいやよあらいやよって嬉しそうに言うのをみて鳥肌が立つみたいな表現、女の私でもすごく理解できると思った。

  • 数年前に読んだ時は、途中で嫌になって、なんとか読了、という感じだったが、今回読んでみて、前より読みやすい感じがした。
    学校の宿題で、記述式のワークシート2枚を埋めながらやったからだと思うけれど。

    私は葉蔵とは違うかな、と思いながら読んだ。
    堀木とか、ヒラメタイプになりそう。

    今読んでもまったく色あせない作品なのが、本当にすごいと思う。
    好きな人も嫌いな人も、どっちもいるけど読み継がれる、傑作だと感じた。

  • う〜ん、この何とも言えない感じ。

著者プロフィール

1909年(明治42年)、青森県金木村(現五所川原市)生まれ。本名、津島修治。東大仏文科在学中に非合法運動に従事し、やがて本格的な執筆活動へ。35年、「逆行」で第1回芥川賞の次席となり、翌年には処女作品集『晩年』を刊行。以後「走れメロス」「斜陽」など多数。

「2018年 『津軽』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人間失格 (新潮文庫)のその他の作品

人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) 太宰治
人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) 太宰治

太宰治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
遠藤 周作
ドストエフスキー
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
ヘミングウェイ
坂口 安吾
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする