お伽草紙 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.79
  • (177)
  • (187)
  • (272)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 2119
レビュー : 160
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 満島ひかりの兎がよかった

  • それぞれに知っている話で、でも違う。
    不思議な感じがした。

    中国の話を題材にしている、
    鳥の話だったかが印象的だった。

    これも前過ぎてうろ覚え。

  • 高校の時論文用に。

  • 太宰はなんとなく敬遠していたが(太宰、と呼ぶのまでなんだか気恥ずかしいくらい)、これだけは別格に好き。
    歪んだユーモアにけれんみたっぷりで、娯楽作品としても楽しい。

  • カチカチ山のモデルになった山へ登ったあとに購入して読みました。
    太宰治特有のユーモア、ブラックユーモア、凛とした文章の短編集。

    特にカチカチ山はたぬきをパッとしない中年男性、うさぎをあどけない少女にしたあたりが物凄く好みでした。
    私の好きな、手塚治虫の世界を見ているかのようだし、更にそこに残忍さを持った少女に片思いする汚いおっさん!

    それでも愛を語る、たぬきの最期の台詞が、とても愛しい。

  • これも文芸論の授業の教科書でした。笑

  • 全く読書をしない人間なんだけど、世間様の太宰=「斜陽」「人間失格」「グッド・バイ」→自殺 というイメージに対してどうしても「そうか?」と思ってしまう。
    なので中期太宰。読み始めるなら中期からと決めた。

    新潮文庫版のまとめ方・解説が素晴らしく、
    これを読むと他のも読みたくなってくる。

    「清貧譚」や「浦島さん」の亀なんかを読むと
    声を出してゲラゲラ笑ってしまう。
    太宰は元よりエンターテイメント志向、特に中期はそのケが強い。
    物語冒頭によくつける「これを書く理由」がまたイイ。
    読み易く、非常に面白かったです。

  • 軽妙な語り口なんだけど、どこかやるせない。
    「盲人独笑」は何度もじっくり読みたい。

  • 西鶴のオリジナルを読める気がしなかったので、太宰版で読もうと思い、手に取る(軟弱者・・・)。

    西鶴の作品を骨子にしているけれど、きちんと太宰の作品になっているんだな、と思った。解説でも言われているように、ところどころ太宰は西鶴センセイに遠慮をしているようだ。太宰の「らしさ」が出ている作品の方が、なるほど生き生きしていて出来がよいように思われた。
    とはいえ、太宰は本当に西鶴のことが好きなのだな、と思った。その尊敬がなんとなく、初々しくも見えて清らかだ。

    お伽草子の方も、太宰がオリジナルを多少曲げても「自分のもの」にしている作品の方が面白かった。かちかち山のたぬきや、舌切り雀のおじいさんなど。キャラを描き切っている感じがする。

    太宰と西鶴の大きな違いは、生まれではないだろうか。西鶴は町人で太宰は大地主の家柄だった。それがもっとも、二人の価値観の違いになっているような気がする。
    私も商売人の子供だからかもしれないが、西鶴はやっぱり、町人の生まれなんだなぁ、と思うもの。太宰はそういうところに関してはやはり、お坊ちゃんが抜けないんではないかな。

  • 「清貧譚」 「貧の意地」 「舌切り雀」 のみ読了。

全160件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

お伽草紙 (新潮文庫)のその他の作品

お伽草紙 Kindle版 お伽草紙 太宰治
お伽草紙 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) お伽草紙 (青空文庫POD(ポケット版)) 太宰治

太宰治の作品

ツイートする