お伽草紙 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.79
  • (177)
  • (187)
  • (272)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 2119
レビュー : 160
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  夏だ!太宰を読もう!と、思い立った私。周りの文学クラスタに「一番好きな太宰治の小説」を尋ねたところ、『お伽草子』を挙げた人が一番多かったです。『人間失格』や『桜桃』『津軽』なんかが人気あるのかな、と思っていたので少し意外でした。
     この新潮文庫版では、「お伽草子」の、全四話と前書きに加え、井原西鶴から材をとった「新釈諸国噺」や、中国の古典に着想を得た「竹青」「清貧譚」、盲目の三味線奏者の日記に着想を得た「盲人独笑」を収録。 
     どれも面白かった!日本のあらゆる作家の中で、太宰治は最高のユーモアセンスを持っていると思いました。なん箇所か、クスクス笑っちゃった。そのユーモアが、ちょっと悲哀があって、やさしくて、いいんです!
     お伽草子は、「瘤取り」「カチカチ山」「舌切り雀」「浦島」と、日本人なら誰もが知っているおとぎ話を下敷きにしています。その人間描写が、ユーモアに満ちててすばらしい。瘤取り爺さんにでてくるおばあさんやら、カチカチ山の残酷な処女ウサギと、愚かな狸やら。いとしくなること間違いなし。
     お伽草子に比べて、「新釈諸国噺」は知名度が低い気がするけれど、これはかなりおもしろかったです。私は西鶴を読んだことがないので、太宰がどこまで物語を創作したのかわからないけれど、西鶴と太宰のコラボ、これは最強だ。残酷さ、滑稽さ、人情。短い話にまるっとはいってます。読みながら日本全国を旅行できるのもイイ!笑
     「盲人独笑」は、半分ホンモノ、半分太宰の創作、というのが私には仇に働いて、あまり楽しみきれませんでした。本物の日記を読みたくなってしまって、集中できなかった。

  • 前半はちょっと我慢しながら読んだけど
    昔ばなしベースのやつはおもしろかった
    太宰治ってこういうカヴァー的なの多いの?
    この人の書くダメな男は笑える
    自分のこと書くのがうまいのか
    笑えるヤツだったから文章にしてもおもしろいのか
    ダメな男しか出てこないけど
    そこがまた魅力なんだろうな

    フツーだったから星3つ

  • 2012年6月30日読了。学校の課題で読み始めました。

  • 空襲の避難先で子供たちに聞かせた、アレンジ昔話。斬新すぎる切り口で、当時としては現代版日本昔話になるのだと思う。中学か高校時に読了。

  • 盲人独笑
    清貧譚
    新釈諸国噺
     貧の意地 大力 猿塚 人魚の海 破産 裸川 義理 女賊 赤い太鼓 粋人 遊興戒 吉野山
    竹青
    お伽草紙
     瘤取り 浦島さん カチカチ山 舌切雀

  • 有名な人のを読んでみよう計画。面白いところだけ。
    御伽草子はおもしろかった。なまえから良い。

    百国のほうは・・・次時間のあるときに。

  • 太宰治をはじめてちゃんと読んだ!

    五所川原行ったときに太宰治の生地に行き、太宰作品まともに読んだことないな…とりあえず読んでみるかと買ってみた本。

    短編集だし、ユーモアが随所にあって意外と読みやすい!…といっても「意外と」なので現代小説と比べたらやっぱ読みにくい。まぁそこは単純に時代の問題ですかね。ユーモアといっても今で言うオチのある笑いではなく、どちらかというと皮肉めいた感じ?それはそれで面白いけども。

    後半のお伽草子が面白い!昔話をもとに太宰さんが想像を膨らませて書いたお話。カチカチ山とかほんとにかわいそう笑 こういうお話も書く人だったんだなと太宰さんへのイメージが変わった一冊でした~

  • 2012年2月9日読了。iPhoneの青空文庫リーダーアプリにて。「こぶ取り爺さん」「浦島太郎」「カチカチ山」「舌切り雀」の4つの昔話を太宰流に、当世風に語りなおした小説。太宰らしいユウモア、風刺と自虐ネタ満載で滅多矢鱈に面白い。「批評を嫌いといいながら自分は批評めいたことばかり言ってやがる」などの風流人浦島と亀とのやり取り、つれなく冷酷な美処女(?)兎の前に「惚れたが悪いか」と果てる醜悪な狸、なんら生産的な活動をせず婆さんに生活の世話になりながら、雀一匹に異様な執着を見せる爺さんなど・・・面白くて仕方ない。「浦島太郎」のラストにあるような、救いがたい境遇に落ち込んだ人へ太宰が見せる共感・やさしさもいい。しかし、太宰が疑問を抱いたように、これらの昔話を聞いた子供はどんな教訓を得ればいいのだろうか・・・?「君子危うきに近寄らず」・・・?

  • 太宰が御伽話を読むとこうなるんだ。

    誰もが知っている御伽話ですが、
    一作家が解釈することで、こんなにも広がるのだなぁと、
    物事を解釈し、そこから思考を展開する楽しさ・大切さを感じた。

    人間の本質や社会風刺を楽しめ、
    太宰の作品ながら、読後に気分が暗くならなかった。

  • 人の世の常なる喜怒哀楽を込めた寓話の数々。
    そこに筆者なりの思いをのせて大胆に解釈を施している。
    この太宰の解釈を、ピュアととるか、シニカルととるか、そこのところはよく分からない。
    多分どっちも。


    数ある寓話の中でも、気にいった文句。

    “気の弱い男というものは、少しでも自分の得になる事に於いては、極度に恐縮し、汗を流してまごつくものだが、自分の損になる場合は、人が変ったように偉そうな理窟を並べ、いよいよ自分に損が来るように努力し、人の言は一切容れず、ただ、ひたすら屁理窟を並べてねばるものである。極度に凹むと、裏のほうがふくれて来る。つまり、あの自尊心の倒錯である。"

    ~『新釈諸国噺 貧の意地』より、ダメ男の空気の読めなさを表して


    “曰く、惚れたが悪いか。
    (略)女性にはすべて、この無慈悲な兎が一匹住んでいるし、男性には、あの善良な狸がいつも溺れかかってあがいている。”

    ~『お伽草紙 カチカチ山』より、作者の所感。愛すべきブサメンへの愛が透けて見える。

全160件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

お伽草紙 (新潮文庫)のその他の作品

お伽草紙 Kindle版 お伽草紙 太宰治
お伽草紙 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) お伽草紙 (青空文庫POD(ポケット版)) 太宰治

太宰治の作品

ツイートする