お伽草紙 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.79
  • (177)
  • (187)
  • (272)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 2117
レビュー : 160
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • モティーフはほとんどの日本人が知っているであろうおとぎ話である。
    こぶ取り、したきり、カチカチ山、浦島太郎・・
    これらの話をベースに著者のユーモアに富んだ人間分析が加えられるというのが本書の特徴である。
    おとぎ話を現代風にアレンジしたと言えば聞こえはいいのだろうか。
    筆致は重すぎない程度に軽く、情景も風光明媚という言葉がしっくりくるほど美しい。最近の作家を見下すわけではないが、これが文豪か。という感想を抱かずにはいられなかった作品。

  •  「カチカチ山」「瘤取り」「浦島太郎」といった、おなじみの昔話を太宰風にパロディにしてあります。カチカチ山のタヌキはもてない中年男だった!?浦島太郎は風流好きの長男だった!?・・・太宰のユーモアと大真面目でおかしい解釈が光る名作。太宰は暗い人というイメージが先行している人には、ぜひ読んでほしい一冊。

  • 日本昔話を、太宰治の独自解釈で焼き直したもの。僕たちの「おとぎ話」は、実はとても不安定なんだなあと思います。芥川龍之介の「桃太郎」読んだときもそうだし、太宰治の「カチカチ山」読んでもそう思った。新しい視点で文学できる、そんな楽しさを教えてくれました。

  • 「走れメロス」で人への信頼と友情を強く表し、「斜陽」では没落貴族の娘の悲哀としたたかさを描いた太宰治が、日本や中国の説話を解釈すると、土屋賢二も真っ青の減らず口に満ちた毒舌満載なものとなるようです。^^
    太宰治の別の面を知ることができる一冊かと思います。
    カチカチ山のタヌキがギャル兎に執着して翻弄される様子は、そのまま現代に置き換えることもできそうですし、浦島太郎のカメを同定しようとする試みも面白いです。(ただウミガメは産卵以外では陸に上らないのでメスのような気もするのですが…笑)
    他に「盲人独笑」「清貧譚」などの短編が収められています。

  • 再読。
    以前読んだとき(高校時代?)は「御伽草子」の印象ばかり強く残ったが、今回は「新釈諸国噺」もとても楽しめた。
    出てくる人物が皆すごく人間臭くて愛おしい。
    皮肉混じりのユーモラスで軽妙な語りが、相変わらずとても好みだった。

    また、これを戦時中(一部は戦後すぐ)に書いていたのかと思うと、とても興味深く感じた。

  • 饒舌で辛辣な亀と言われ放題の軟弱浦島。小汚い中年たぬきと小悪魔うさぎ。アレンジというかもう最早やりたい放題。なんて面白いんだろう。古い作品のはずなのに、文章にも感覚にも全く時代を感じない。亀やうさぎの奔放な弁舌にドキッとさせられること幾度か。いつの時代にも通用する素晴らしい作品群。

  • 古典や民話に取材した短編集。

    なかなか興味深いお話たちでした。

    「人間失格」しか読んだことがなかったので、暗鬱としたイメージだったのですが、

    この本は皮肉がきいてて、読みやすかったです。

    ただ、「盲人独笑」のひらがなの日記だけはどうにも読む気になれず残念…。

    「新釈諸国噺」では、「貧の意地」「裸川」「赤い太鼓」らへんが比較的後味がすっきりしていて好みです。
    元ネタをぜひとも読んでみたい。

    そして、お伽草紙の「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切雀」は、どれもウマイ。

    「瘤取り」の、「誰も悪くないのだ」という落とし方は慧眼。

    「カチカチ山」の、狸の気持ち悪さも抜群。
    あたしは兎の容赦ない行為を責められません。

    そして、「舌切雀」のラストには背筋がぞっとさせられます。

    昔話は奥が深いと改めて実感。

    読んでいて気持ちのいいお話は少ないけれど、

    「こう来るか!」と唸らされる瞬間が多々あります。

    現代小説に慣れていたので、新鮮な読後感を味わえました。

  • 太宰治、中期の作品集。『盲人独笑』『清貧譚』『新訳諸国噺』『竹青』『お伽草子』収録。

    読み口の硬いものも多くなかなか読み進まなかったのだけど、それを補うように『お伽草子』がおもしろかった。
    太宰による日本の昔話の再構築。『カチカチ山』における兎と狸を、若さゆえに残酷な美少女と醜い中年男に当て込む表現は新発見だった。
    そして森見さんを彷彿とさせるユーモラスな文体。こんな一面もあったのね。

  • 太宰治を読み始めた人にこそ読んで欲しい作品のひとつだと思う。人間失格、斜陽、それもいいですが、この作品を読んでみてはいかがでしょうか。

  • 「清貧譚」が好きなので購った

全160件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

お伽草紙 (新潮文庫)のその他の作品

お伽草紙 Kindle版 お伽草紙 太宰治
お伽草紙 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) お伽草紙 (青空文庫POD(ポケット版)) 太宰治

太宰治の作品

ツイートする