グッド・バイ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.66
  • (186)
  • (223)
  • (420)
  • (20)
  • (7)
本棚登録 : 2448
レビュー : 196
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006086

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 饗応夫人が怖かった。我が身を犠牲にしてまで不作法で利己的な相手をもてなす、過剰なサービス精神。まだ夫人が幸せそうなら割り切れるのに、苦しみながら諦めて饗応するのが悲しい。優しさが食い物にされる社会てイヤだ。

    グッドバイは、キャラクターが面白かった。現代小説になりそうな雰囲気。

  • 太宰治の後期の作品。
    日本人の心を、的確に、しかも平易な言葉で書き表しているのは凄い。
    でも、酔っ払いばかり出てくるので、途中で少し嫌になってしまいました。(笑)自虐なんだろうけど…。

  • 太宰治の未完の作品である「グッド・バイ」を含む後期の作品が数多く収められている1冊。
    戦争後期から戦後にかけての激動の時代を必死に生き抜きながらも自己否定、道化精神、自己破壊的な精神状態が極限にまで達して後の太宰の自殺までがまざまざと文字に現れていて、
    ページが残り少なくなる程に「ああ、太宰がいなくなってしまう」という空虚な寂しさに襲われました。
    「春の枯葉」にある
    「めぐり来れる春も、このくたびれ切った枯葉たちには、無意味だ。なんのために雪の下で永い間、辛抱していたのだろう。」という文章や
    「グッド・バイ」に於ける全てを清算して平穏な生活を目指すところなどは、「人間失格」に於ける破天荒な生活や絶対的な絶望感から更に先の脱力感や極限突破した精神状態を感じました。
    大好きな太宰文学の新境地がこれから幕を開く、というところで命を絶ってしまいましたが
    「自殺の許可は、完全に幸福な人にのみ与えられる」というヴァレリイの言葉も引用していたので
    彼が生前僅かでも幸福だと思えることがあったのだと信じたいです。

  • 未完の絶筆『グッド・バイ』をはじめとする後期16編

    表題作や『たずねびと』『饗応夫人』等の佳作

  • 終戦後のエッセイのようなものから未完となった遺作「グッド・バイ」までいろいろ収録された本。太宰文学後期の作品になるのかな。それゆえ『人間失格』のような絶望感や悲壮感はあんまりない。でもこの後に自殺しちゃうんだよね。「グッド・バイ」は完結が見たかった、本当に。伊坂幸太郎の『バイバイ・ブラックバード』がこの作品を下敷きにしているとのことなので買ってみたが、小説が少なめだったので少し残念。2013/366

  • 表題は太宰治の未完の遺作、著者の代表作である「人間失格」や「斜陽」と比べると軽口でユーモラスも富んでいる。

    この文庫におさめらている作品の「饗応婦人」を読んでも改めて実感させられるのだけど、太宰治の真骨頂は女性的視点がもの凄くリアルなところだと思う。

    女性が読んでどう思うかは不明だけれども、男性の自分が読み進めると、本当に細やかに女性の感情を描ききっていると思う。多くの女性と浮き名を流した著者だからこそ出来る技なのかもしれない。


    或る評論で太宰作品は「青年の麻疹」と呼ばれているのを思い出したけど、それは太宰治が目指すところが「純粋な善意」であり、偽善に対する羞恥心を全面にだす著者の青臭さが共感を呼ぶのだと思う。


    20代で読む太宰は、ちょっと距離を置いて読めるようになった感じ。

  • 読んだのは間違いないのだけど、内容を思い出せないのであります。。

  • 【眉山】
    ええ子やないか
    超みじかい作品だけど太宰よんで久々に切なくなった

    【フォスフォレッスセンス】
    これが一番すき
    マグリットの「光の帝国」を見ているような感じ
    病んでるとき、こんなだよなー。
    ってことで、この人は病んでいる。

    【女族】
    個人的にびみょう

  • 太宰は苦手だけど、これはおもしろかった。でもね、あの顔が嫌い。

  • 伊坂幸太郎が『グッドバイ』から着想を得て書いたという『バイバイブラックバード』を読むために。

    暗い話が多いけど、表題作はコミカルで面白い。
    これを未完のまま入水するなんて・・・。
    もし完成していたならどういう着地だったんだろうな。

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グッド・バイ (新潮文庫)のその他の作品

グッド・バイ (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) グッド・バイ (青空文庫POD(ポケット版)) 太宰治
グッド・バイ (青空文庫POD(大活字版)) オンデマンド (ペーパーバック) グッド・バイ (青空文庫POD(大活字版)) 太宰治
グッド・バイ (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) グッド・バイ (青空文庫POD(シニア版)) 太宰治

太宰治の作品

ツイートする