パンドラの匣 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.84
  • (261)
  • (274)
  • (367)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 2669
レビュー : 279
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006116

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正義と微笑
    16歳の少年が迷える将来を手記の形式にして独白。
    躁鬱とも言えるような気分の高まりと次の日に迎える憂鬱の極み、どことなく自分の今に似ている。

    パンドラの匣
    結核患者と看護士のその療養所「健康道場」でのやりとり。
    太宰治の中でも比較的明るい青春讃歌。

  • パンドラの匣は映画が先だったので、
    想像がみんな映画の人たちだった。
    けど、映画と同じようにおもしろかった。

    もうヒトツ入ってる正義と微笑おもしろかった。
    希望に満ちたり、落ちたり、ふてくされたり 笑ったり。

    真面目に努力していくだけさ。

  • 「パンドラの匣/太宰治」人間失格より全然好きなのは、青春好きだからでしょうか。いちいち吹きそうになる文章の面白さ。全然古くないってか新しく感じるってすげー。主人公のダメさ可愛いすぎる。表題作が好き

  • 笑いながら泣くような、そんな短編。2話とも読後にすがすがしい思いでいっぱいになる。この、太宰の短編集はもう何度も読み返したが、読むたびに少しだけ前向きになれそうな気分にしてくれる。大好き。大切な一冊。

  • 表題の「パンドラの匣」の他に「正義と微笑」が収録されている。
    「パンドラ」は大学生の頃に読んだのだと思うが、「正義と…」のほうは読んだ記憶がない。おそらく、途中で断念したのだろう。
    断念した(と思しき)あの頃から10年ほど経った今、再チャレンジしてみたわけだが、率直な感想は「青春とはこんなにも独善で恥ずかしいものなのか」。
    「パンドラ」も含めて、両作品は太宰の中でも青春文学に位置付けられるらしい。ふーん(・_・;
    で、「正義と微笑」。主人公の斜に構えた感じ。もうこれがたまらない。たまらない、というのは、たまらなく良くない。
    何がたまらなく良くないかって、あたかも昔の自分を見ているかのようだからだ。
    途中で何度読み進める手を止めようと思ったことか。
    しかし、過去から逃げてはいけない、その義務感というか強迫観念と闘いながらなんとか読了…。
    あー、青春って恥ずかしい……。

  • 他人の日記からこれだけ面白い(読ませる)ものが書けるのを羨ましいと思った十四歳の秋。青い思い出。書かれている考えよりも文章のリズムがとにかく好きで読んでいた。誇張とさりげなく書いている箇所とのバランスの良さが好き。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“こんな時にこの一言を”で登場。
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/highlight/01.html


    本好きのおばあちゃんが文学で悩みを解決してくれるこのコーナー。
    今回のお悩みは…

    「ダイエット中の彼女がつらい顔をしている時
     なんて励ましたらいいですか?」

    そこでおばあちゃんが引用したのは、太宰治のこの一文。

    『ごはんというものは、たとい量が不足でも、
     明るい気持ちでよく噛んで食べさえすれば、
     充分の栄養がとれるものなのだ。』(パンドラの匣より)



    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/teaser.php

  • 「正義と微笑」と「パンドラの匣」の2作品を収録。
    前者は日記形式、後者は書簡形式で書かれている。
    特に「パンドラの匣」は書簡形式ならではのおもしろさやからくりもあり、明るく楽しめる作品。

  • この作品を執筆していた太宰には、まだ理想、未来を見ていたというのがわかる。「正義と微笑」の主人公の心境は現代の若者にも通じるし、エールだ。「パンドラの匣」は恋愛小説とも青春小説ともとれる。病気になって明日をもしれぬ体でも、蔓は太陽に向かって伸び続ける。

  • 表題作の他に「正義と微笑」を収録。
    どちらも他人の日記を参考に書かれた若者のお話です。
    男の子の青春って、なんだか微笑ましいなぁ…と太郎姉ちゃんが言っていました。
    女の子より素直な感じだよね(笑)

全279件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パンドラの匣 (新潮文庫)のその他の作品

パンドラの匣 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) パンドラの匣 (青空文庫POD(ポケット版)) 太宰治
パンドラの匣 (青空文庫POD(大活字版)) オンデマンド (ペーパーバック) パンドラの匣 (青空文庫POD(大活字版)) 太宰治

太宰治の作品

ツイートする