吾輩は猫である (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.63
  • (250)
  • (299)
  • (538)
  • (52)
  • (13)
本棚登録 : 4117
レビュー : 303
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101010014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 猫から見た人間。猫とは昔からこんなキュートな生き物だったのだ。主人の観察日記みたい。
    小説で人間が死ぬのはなんとも思わないが、猫が餅を詰まらせて苦しんでいるのは生きた心地がしなかった。猫によっぽど感情移入している。
    なんてことない世間話が飽きもせず繰り広げられて平和も平和な日常の風景。そこへ妻や子供達、姪が会話に出てくると途端に共感できるようになり、全景が見え始めた。浮世離れした主人や訪ねてくる人たちだけではとらえどころのない会話が多く読み進めづらかった。
    夫婦観の記述には驚いた。現代でも問題は多いままだし、考え方に古いや新しいはなく、そういう人間かそういう人間じゃないかの違いなんだなと思った。
    餅事件と同様、ビール飲んで大丈夫かなと固唾をのんだら、今度こそ死んでしまった。でもこの終わり方は好きだ。
    死生観が確立されている。死ぬ時というのはこんな具合なんだろうか。その瞬間は穏やかであるんだろうか。
    最期、南無阿弥陀仏と唱えている。猫は極楽浄土に導かれただろうか。

  • こんなに面白いとは思わなかった。
    話はちっとも進まないし、話の中身はどうでもいいし、何より古めかしくて読みづらい。
    けれど漱石の深い教養と観察眼が今でも新鮮でわくわくする

  • 猫の視点から語られているだけあって、人間のおかしな所・奇妙な所がコミカルに描かれている。そして語り手である猫が実に渋くて正論を言う。こう見ると人間ってなんてバカなんだろう、と思ってしまった。しかし時代が時代だけあって、主人公の苦沙味先生の差別的発言・態度に終始イライラしっぱなしだった。そして物語終盤、急に語り手の猫が消えたと思ったら、あっけなく終わってしまった。中々消化しづらい作品だった。

  • 衝撃のラスト。
    ショックだった。泣く、とかではなく文字通り呆然とした。
    中学校の国語の授業で一部分だけ習ったのはよく覚えているが、通読は初めて。
    明治時代の日本の世相がごく自然に織り込まれているのだが、全く厭味というか作為を感じさせない。リアルとフィクションが溶け合っている、といおうか。
    そして、端々に滲む、「病み/闇」。
    最も如実に表れていたのはやはり最後だが、全編通して神経衰弱が脈打っていた。著者の漱石の、というよりは漱石の生きた明治という時代の、近代化に対する疲弊なのかなと思う。それは漱石没後100年を経た今も大きくは変わらないのだろう。この本が受け入れられる限り。
    好きなのは迷亭。自称・美学者という胡散臭さ100%の嫌味大魔王の傍若無人っぷり、序盤は「なんだコイツ。ヤな奴」と思っていたが、実はとても気が利くし頭の回転は速いしで、どんどん彼の株価上昇、終盤に至って当社比200%。ほんとに。

  • さすが名作。面白かった!

    何というのか、
    人が持つ「めんどくささ」が、
    かわいく見えたりもする。

    猫視点の本でなかったら?
    本のタイトルがコレでなかったら?
    と想像すると・・・ほんとにゾッとする(笑)

    通勤電車の中で読んでいたが、
    結構頻繁に笑いを我慢する必要があり困った。
    途中から読書中はマスクをして回避。
    それくらい面白かった。

  • 猫視点で書かれた全11話の人間観察記。猫ならではの小憎らしくも可愛らしい小説、と思えたのは正直初回だけ。2話以降も時折は面白いけれど冗長で退屈した。嫌な予感をなぞった結末で読後感も悪い。漱石流のユーモアは高尚で私の肌に合わないのかな。解説によると、もともとは読切作品の予定で、その初回のみ高浜虚子の訂正が入っているとのこと。虚子が最後まで関わっていたらどんな作品になっていただろう。

  • 何度目かの挑戦。
    苦沙弥先生の家に集まる面々は、何だか京極堂に集まる彼らのように見えて、あ、ここらへんにルーツが、と思いました。
    意外に面白くて、そしてこれを読んでいるとすぐ眠れる。今後の枕頭の書?になるでしょう。
    そして私はあの後助かったと信じています。

  • わかってはいたけれど、両手放しで褒められた小説ではない。それだけに、少し時間を置いて噛み砕いていきたいとも思う。漱石の執筆順に読み進めていくことで、何かわかってくるような気がする。
    途中、落雲館のあたり(八話)は読むのが本当に退屈で、実際に体調が悪くなるほど。何度も寝落ちしたせいか、首が痛い。そもそも、人の悪意というのは読んでいても気持ちの良いものではない。漱石自身も心身のバランスの悪い時に書いたんじゃないかと思う。
    読み終えたばかりの今は、十一話を読むために延々耐えていたような気分。寒月君のバイオリンの顛末は最も落語っぽい展開で、電車の中で吹き出した。その馬鹿馬鹿しいような個々人の問題を内包しながら、どうしようもない方向に世の中が不可逆的に変化してゆくこと、それぞれがそのどうしようもない世界で、無自覚な馬鹿馬鹿しさを体現しながら、しかも妻帯するという愚行のように、どこかの誰かが既に行ったことを繰り返すかのように生きて行くのだという無意味さ。薄暗い空気の中で、「存じません」とだけ返答をする妻君。
    役者がぞろぞろと退場して、猫という傍観者が誰にも知られることの無い孤独の中で、窒息しながら沈んでいく。自ら水の中に沈んでゆけるほどの諦め、正直こんな恐ろしい終わり方はなかなか無いと思う。
    最後、落語のようにパタリと小説の世界が閉じる。緞帳が下りて、読み手の世界がまた始まる。
    今読んで、良かったと感じている。

  • 現代の作家がきっと絶望してしまうくらいには、そのユーモアセンスと発想と皮肉を遥か昔にやってのけてしまっているから恐ろしいなと思う。
    何回読んでも、何回も何回も読んでも転がるようにおもしろいテンポに抜け出せるはずがない。夏目漱石ってすごいなー。

  • 2016/11/7
    いつかもう一度通して読みたい

全303件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

夏目漱石(なつめ そうせき)
1867年2月9日 - 1916年12月9日
江戸・牛込馬場下(新宿区)生まれの小説家、評論家。本名は「夏目金之助」(なつめ きんのすけ)。1890年、帝国大学文科大学英文科に入学。1895~96年には『坊っちゃん』の舞台となった松山中学校で教鞭を執る。1900年、イギリスに留学。1905年、『吾輩は猫である』を俳句雑誌「ホトトギス」に連載し始め、作家活動を本格的に開始。1907年、朝日新聞社に入社。以降、朝日新聞紙上に『三四郎』『それから』『こころ』などの代表作を連載。日本の文学史に多大な影響を与えており、作品は多くの人に親しまれている。学校教科書でも多数作品が採用されている。

吾輩は猫である (新潮文庫)のその他の作品

夏目漱石の作品

ツイートする