吾輩は猫である (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.63
  • (250)
  • (299)
  • (538)
  • (52)
  • (13)
本棚登録 : 4115
レビュー : 303
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101010014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 秩序のない出鱈目な駄弁。読み説き難く、退屈で辛抱を強いられる。なんと面倒くさかった。
    でも、読了後、やはり、読み切って良かったと感動があった。漱石の本音。人、モノ、現実。あまりにも膨大な情報量。
    例によって、漱石の面白さは、すっきりして終わるのではなく、何かが頭の中に引っかかり続けるんです。
    一読、全部、無駄にさえ見えるが、目を凝らして見ると、無駄なものは何もなくて。

  • 猫を語り手に、主人の苦沙弥先生と周囲の人物たちが語られる小説。時々、猫の世界もえがかれる。
    長編だが、内容でみると短編集に近い。猫を語り手に、様々な場面が展開するが前後の関係性はやや弱い。
    文豪の作品だからと言って、かまえる必要はあまりなく、笑える話がいっぱい。
    ただ、深く読もうとすると、なかなかに鋭い風刺が効いているので、読み応えも充分ありそうな小説。

  • 読むの大変なんだろな~、と覚悟して読み出したら意外におもしろくってスイスイ読めた。
    が、最後100ページぐらいで猫が全然出なくなって、延々主義主張の開陳になると興味なくなっちゃって、急に挫折しそうになったが、ここまで読んだんだから・・・と意地で読み通した感じ。あれか?戦争と平和のラストみたいなものか?
    漱石自身猫設定に飽きたのかなー
    終わり方が幽々白書みたいだった。打ち切りじゃないんだろけど、掲載紙変わったかなんかなのか?
    そもそも最初三毛子とか黒とか出てくるから、もうちょっとそういう猫社会の描写も出てくるのかなあ、と思ってたらあっちゅう間に出番終わって他の猫出て来ず。基本漱石が猫にそんな興味ないんだろな・・・。
    終わり方にも、えええええそんなああああああ(>_<)とびっくらしたし。
    あとこのカバーは、内容読んでこのイラストにしたの??と疑問。三毛子さんかしら・・・

  • 長い、長かった。
    これがかの有名な「吾輩は猫である」なのか、と。

    細かく記述を追っていけば、全体としては風刺の効いたユーモラスな文体で、100年後の現代に生きる私でもくすっと笑ってしまう内容がふんだんに盛り込まれていた。
    「吾輩」が初めて銭湯というものに出会った時の感想は、かなり合点がいった。また、坊ばととん子とすん子の3姉妹のやり取りは、今思い出しても思い出し笑いをしてしまうほどである。

    しかし、全体として夏目漱石氏がこの作品を通じて何を言いたいのか、まではたった1回読んだだけでは到底把握できなかった。その点が私にとってこの小説を分量以上に厚く感じさせているものなのかと感じるとともに、またこの作品を面白くしているのかもしれない。

  • 漱石の処女作であると共に、一躍その名を高からしめた代表作でもある。苦沙弥先生に飼われる一匹の猫にたくして展開される痛烈な社会批判は、今日なお読者の心に爽快な共感を呼ぶ。(

  • 猫が自分の主人やその周りの人間たちを皮肉をまじえつつ書いた、観察日記のような小説でした。
    吾が輩は猫である、というタイトルですが猫はあまり自分自身のことを書いていません。

    あまり知識がないので猫や迷亭くんの冗談?の元ネタが分からなかったのが残念です。知識を蓄えてから、もう一度読み直したいと思います。

    こういった表現の難しさとか、文体も古いから読み慣れないとか言って遠ざけてきましたが、10代のうちに読んでおけたのは良かったと思いました。

  • 夏目漱石の著書中に出てくる人物は誰も彼も、愛すべき人が多い。
    しかしキャラクターが、一辺倒とも取れる。

    内容は散文的で、読みやすく、彼の哲学にも馴染みがあるので大変楽しい。



    問題のラスト

    書き手の心情的には納得
    個人的には苦手

  • 青空文庫より。
    登場人物たちの当てのない会話がユーモアたっぷりで、思わず吹き出してしまい初めにもっていた夏目漱石に対する堅いイメージが一転しました。
    猫の人間に対する皮肉なんかも的を得ているように感じます。
    終盤に登場人物たちが未来の社会について語る場面があるのですが、これがけっこう当たっていて、漱石の鋭さを感じます。

  • 衝撃的な、しかし納得できるようなラストでした。
    世を憂うネコさま。
    書かれた当時の言葉や文化を知らなくて理解ができなかったり腹落ちできてない部分がたくさんあるのだけれど、文を目で追ってるだけのときもあったのだけれど、皮肉に滑稽さにニヤリできました。

    おもしろかったと思います。
    迷亭先生が好き。

    部長がくれた空也の最中が読むきっかけ。
    誰もが知ってる有名な作品であるのに読んだことがなかったので前々から読んでみたかったというのも理由のひとつ。

    やっと読み終えられた。
    一回挫折して、間を置いて続きから読みやっと。

  • この時代でも面白い、濃い登場人物が楽しい。多種多様な目線でみてみると味わい深いので、学生時代に読んでおくと、その後読んでもより吸収しやすいかも。

著者プロフィール

夏目漱石(なつめ そうせき)
1867年2月9日 - 1916年12月9日
江戸・牛込馬場下(新宿区)生まれの小説家、評論家。本名は「夏目金之助」(なつめ きんのすけ)。1890年、帝国大学文科大学英文科に入学。1895~96年には『坊っちゃん』の舞台となった松山中学校で教鞭を執る。1900年、イギリスに留学。1905年、『吾輩は猫である』を俳句雑誌「ホトトギス」に連載し始め、作家活動を本格的に開始。1907年、朝日新聞社に入社。以降、朝日新聞紙上に『三四郎』『それから』『こころ』などの代表作を連載。日本の文学史に多大な影響を与えており、作品は多くの人に親しまれている。学校教科書でも多数作品が採用されている。

吾輩は猫である (新潮文庫)のその他の作品

夏目漱石の作品

ツイートする