吾輩は猫である (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.63
  • (250)
  • (299)
  • (538)
  • (52)
  • (13)
本棚登録 : 4112
レビュー : 303
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101010014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 登場人物がみんな個性的で楽しい!
    適当やけど物知りな迷亭、真面目にふざけてる寒月くん、芸術肌の東風くん、我を貫き通す独仙、それから頑固で胃弱で少年のような苦沙弥先生。
    奥さんもおさんも子供達もかわいいし、車屋の黒も三毛子もかわいい。
    吾輩の物言いももちろん面白い。
    前半は気軽に読めるけど、後半になってくると段々小難しくなってくる。
    けどまあさらっと読むのが良い。

    解説にも書いてあったけど
    「面白い場面をつなぎ合わせるものとしてのみ筋はある」から、何回でも楽しめると思う。
    また気が向いた時に読みたい。

  • やっとちゃんと読み切ることができた。
    夏目漱石の文体が、読み進めるうちにどんどん変化していって、まるで生き物みたいだなと思った。
    最初と最後では文体がまるで違う。
    中盤からサクサク読めないのはちょっと辛かった。

    猫の視点から見る人間の世界は時々面白く、寂しく、退屈で、平和だ。
    人間がああでもないこうでもないと議論している光景が目に浮かぶ。
    それをなんでもない光景として片付けてしまっても良いのだが、掘り下げると当時の状況がちらちら見えたりする。
    だらだら読むのが丁度良いのかもしれない。

    名前のない猫の意外な末路はうっすら知っていたものの、愛着が湧いた頃にそうなってしまうのだから、寂しさと喪失感が半端無かった。
    呆気なさはとても堪える。
    寂しい。

    また時間を空けて読み直したい。

  • これだけ有名な作品なのに、もう忘れてるって、どういうこと。

  • 秩序のない出鱈目な駄弁。読み説き難く、退屈で辛抱を強いられる。なんと面倒くさかった。
    でも、読了後、やはり、読み切って良かったと感動があった。漱石の本音。人、モノ、現実。あまりにも膨大な情報量。
    例によって、漱石の面白さは、すっきりして終わるのではなく、何かが頭の中に引っかかり続けるんです。
    一読、全部、無駄にさえ見えるが、目を凝らして見ると、無駄なものは何もなくて。

  • 読んだのは何回目かになると思うんだけど、今回が一番良かった。

    さらっと読むと面白いんだけど、「猫になった振り」をして自分のことを卑下して書いている部分は、「そんなことは思ってないくせに・・・」と、ついついうがった見方をしてしまい、鼻に付く。

    後半は『猫』居ないし・・・
    長編過ぎて、もう猫の事なんて忘れてしまったのだろうか・・・

    文書量を300頁くらいに減らして、もっと「猫から見た主人の話」で通せば良かったのに。

    それにしても、よくもまぁ、こんな終わり方でまとめられたものだ。
    途中でラストの終え方を考えていたんだろうな。と思うことも。

    次回読んでも、「今回が一番良かった」と思えますように!

  • 猫を語り手に、主人の苦沙弥先生と周囲の人物たちが語られる小説。時々、猫の世界もえがかれる。
    長編だが、内容でみると短編集に近い。猫を語り手に、様々な場面が展開するが前後の関係性はやや弱い。
    文豪の作品だからと言って、かまえる必要はあまりなく、笑える話がいっぱい。
    ただ、深く読もうとすると、なかなかに鋭い風刺が効いているので、読み応えも充分ありそうな小説。

  • 読むの大変なんだろな~、と覚悟して読み出したら意外におもしろくってスイスイ読めた。
    が、最後100ページぐらいで猫が全然出なくなって、延々主義主張の開陳になると興味なくなっちゃって、急に挫折しそうになったが、ここまで読んだんだから・・・と意地で読み通した感じ。あれか?戦争と平和のラストみたいなものか?
    漱石自身猫設定に飽きたのかなー
    終わり方が幽々白書みたいだった。打ち切りじゃないんだろけど、掲載紙変わったかなんかなのか?
    そもそも最初三毛子とか黒とか出てくるから、もうちょっとそういう猫社会の描写も出てくるのかなあ、と思ってたらあっちゅう間に出番終わって他の猫出て来ず。基本漱石が猫にそんな興味ないんだろな・・・。
    終わり方にも、えええええそんなああああああ(>_<)とびっくらしたし。
    あとこのカバーは、内容読んでこのイラストにしたの??と疑問。三毛子さんかしら・・・

  • なんとも、皮肉の利いた話である。
    内容らしい内容は、ない。同じ舞台、おおむね同じ登場人物で何度でも同じような日々を繰り返す。大体どうしようもないキャラクターばかりである。それを俯瞰して眺め、記述している「猫」は、しかしビールを呑んでみたら案の定酔っぱらい、足を滑らせかめに落ちて死ぬ。
    生意気なことを言い、登場「人物」よりよほど様々なことを考えていた猫は、それでいて死をもありがたい、と感じながら死んでいくのだ。
    この「猫」は、我々の理想を体現している存在に他ならないのではないか。手に入れられない、理想の境地、理想の生活。だからこそわれわれの手に届かないところへとあっさりと身を隠してしまったのだ。
    現代にも通じる問題を、笑い転げながら痛烈に批判しているように感じた。

  • まっ黄色のカバー

    くしゃみ先生の細君にハゲが見つかる話とか面白かったw
    日常を猫の視点から描かれた作品で、
    もしかしたら猫さんたちは、こんな風に人間たちを見ているのかもしれないなぁ〜と思った。

    読んでいて
    どういうこと?どういう意味?
    って難しいところもあったけど、
    まぁだいたいは理解できたからよし!✨
    達成感!✨

  • 何度読んでも面白い。自分の使っている日本語とは思えないほど面白くて感動ですらある。

  • にゃんこ、しんだかなしい。

  • 長い、長かった。
    これがかの有名な「吾輩は猫である」なのか、と。

    細かく記述を追っていけば、全体としては風刺の効いたユーモラスな文体で、100年後の現代に生きる私でもくすっと笑ってしまう内容がふんだんに盛り込まれていた。
    「吾輩」が初めて銭湯というものに出会った時の感想は、かなり合点がいった。また、坊ばととん子とすん子の3姉妹のやり取りは、今思い出しても思い出し笑いをしてしまうほどである。

    しかし、全体として夏目漱石氏がこの作品を通じて何を言いたいのか、まではたった1回読んだだけでは到底把握できなかった。その点が私にとってこの小説を分量以上に厚く感じさせているものなのかと感じるとともに、またこの作品を面白くしているのかもしれない。

  • 明治37年12月に、高浜虚子のすすめによって書かれた漱石の最初の小説。翌38年1月の「ホトトギス」に掲載されたところ好評を博し、当初第一回のみの短編であったものが、連載されることとなった。
    物語は猫の一人称。中学教師苦沙弥先生の家に住み込んでいる猫の日常のつぶやきを通して、漱石の痛烈な社会批判が繰り広げられる。一見物語としての起伏がなく、論理的になりがちな文章だが、苦沙弥、迷亭、金田といった登場人物たちのキャラクターや、それに対する猫の鋭いつっこみがユーモアたっぷりで笑いを誘う。
    結末は悲しくもあっけないもので、落語のようだと思ったら、それもそのはず、漱石は落語の愛好者だったそうだ。

  • 昨日(12月9日)は夏目漱石の没後95年目に当たる日でした。『吾輩は猫である』はたいそう思ひ出深い作品であります。
    いはゆる児童書以外で、一般の書籍として初めて買つて貰つたのが本書であつたのです。小学六年生でした。
    なぜ『猫』かといふと、当時コーヒーのCMで「吾輩は猫である。うちの主人は寝る前だといふのにコーヒーを飲んでゐる...さうか、カフェイン抜きだから寝る前に飲んでも大丈夫なのか...」といふのがありまして(せりふは正確ではない)、『吾輩は猫である』を読んでみたくなつたからであります。もうすぐ中学生だし、かういふものを読んでも問題あるまい...

    実際に読むと、コーヒーは登場しませんでしたが、予想以上の面白さに夢中になつたものであります。影響を受けすぎて、当時は普段の会話の中に意味も無く「アンドレア、デル、サルト」「大和魂!」「タカヂアスターゼ」などのフレイズを挿入させてゐました。

    本作は元元第一章のみで完結する短篇として発表されました。それが好評だつたので連載が続き、かかる長篇小説の体をなしてゐる、といふのは有名な話。
    したがつてこれといつた物語の筋はございません。映画やアニメでは寒月君と富子の恋愛に重きを置いた演出が多かつたやうな記憶があります。
    また、吾輩は犬であるなどのパロディを数多く生んでゐて、その数は数え切れぬほどであります。ちなみに「我が肺は2コである」の駄洒落を最初に活字にしたのはさだまさしさんらしい。

    で、本書との付き合ひ方としては、別段大文豪の代表作だからといつて畏まる必要は全くありません。たとへば、①猫の目を通して、当時の社会風俗などが分かつて面白い(同時に、昔も今も変らぬ人間の物悲しさも)。②漱石先生の生活ぶりが窺はれて微笑ましい。③苦沙弥先生の家に集ふ迷亭君や寒月君との落語調の会話が愉快だ。といつたところでせうか。
    書名は知つてゐるが、読んだことはないといふ人が多いらしいので、該当の方は是非読むとよろしからう。と勘考する次第であります。

    http://genjigawakusin.blog10.fc2.com/blog-entry-276.html

  • いまいち集中して読めませんでした。
    なんだか文章が散漫な気がするんですよね。私の読解力がないだけなのか?
    吾輩の人間考や登場人物たちの駄目っぷリはたいへんユーモアに溢れていて面白かったですが、ほんと散漫で読み辛い…。

    気が向いたら再読します。

    11.11.09

  • 大きな筋があるわけではなく、苦沙弥先生の家に飼われている猫が、日々起こることを語っていく。気楽に読めばいいんですね。教科書にとりあげられる・誰でも知っている・明治の大文豪・夏目漱石だ!なんて構えずに。

    トチメンボーには笑いました。

  • 猫の目から見た人間の観察録。日露戦争当時の知識層に属する人々の言動が面白く、一気に読める。長編小説というよりも連作社会風刺小説。ただ、エピソードのそれぞれにきちんとオチがある。ラストはすべてのエピソードを締めくくる壮大なオチと考えても良いかもしれない。やや厭世的。明治人の話し方が心地良い。

  • おそらく日本で一番有名な”無名ネコ”の話。

    そういえば読んだことないな、っと思い着手したネコの話。今年は特に意識はしていないのだが漱石を読む機会が多い。
    どんな話かと言えばネコ目線での買い主であるくしゃみ先生を取り巻く人々の様子を描いた物語。
    ネコ目線というのがこの物語のポイント。勿論小説なので完全にネコにはなりきらず、しかし人でもないので登場人物に起こる出来事に巻き込まれることもない。
    この巻き込まれることもない、というのが良い。どうやら頭のいいネコでなかなか世の中の摂理をわかっているのだが、不用意な発言がない。だからそれによって登場人物に袖にされるようなこともない。いるけど、いない扱い。ネコならではのポジションだな。
    そんなことを私に考えさせるぐらいに、はじめ目の1~3章がものすごくおもしろかった。
    元々私はイヌ派なんだけどネコもたまらん、なんて考えてしまったぐらいで、次は「ノラや」を読もうかと考えたぐらいだ。
    とはいえ読み進んでいくうちに、ちょっと長すぎるな、と思い始める。
    はじめの頃はネコのからみが多かったのだけれども、最後の方の章とかは登場人物が一堂に揃い訳のわからぬ話を始める。
    いや訳のわからぬ、はこの小説全体に言えること、この小説には筋という筋はなく、色々な逸話を盛り込んでいる。しかしその逸話のあれこれは、とんちも風刺も効いているのでけしてこちらを退屈させない。漱石の時代なのでてっきり古い内容だろうと思いきや、意外にも現代に通じる部分も多い。
    一カ所引用しよう。


    【「死ぬ事は苦しい、然し死ぬ事が出来なければ猶苦しい。神経衰弱の国民には生きている事が死よりも甚しき苦痛である。従って死を苦にする。死ぬのが厭だから苦にするのではない。どうして死ぬのが一番よかろうと心配するのである。只大抵のものは智慧が足りないから自然のままに放擲して置くうちに、世間がいじめ殺してくれる。然し一と癖あるものは世間からなし崩しにいじめ殺されて満足するものではない。必ずや死に方に付いて種々考究の結果、斬新な名案を呈出するに違いない。だからして世界向後の趨勢には自殺者が増加して、その自殺者が皆独創的な方法を以てこの世を去るに違いない。」】


    これには驚いた。勿論大まじめに出てくる言葉というよりは一種の風刺的なニュアンスで登場する会話だが、この後には、【万年の後には死と言えば自殺より外に存在しないモノのように考えられるようになる」】と、最後には【「自殺も大分研究が積んで立派な科学になる」】とまで言う。
    恐れ入ったというもんだ。
    こちらも当然ながら大まじめに捉えるつもりはないが、作家がよく選ぶ自殺という選択をとらなかった大御所のこんな意見は非常に興味深い。漱石は残された作品から見て、けして自殺という行為から遠い存在ではなかったはずだろうと私は思う。だからこそ、この人とそれを交えて論じたらなかなか興味深いものが出来そうな気がする、なんて思ったりもする。いや、ここでは題材の本とあまりにかけ離れているからしないけどね。
    話を戻すが、引用の部分からも見えるとおり、人間というのは進歩がない。というより未だに日本人というのは西洋文化の流入に中途半端な変化や適応しか出来ていないのかもしれないと私は感じた。
    と、各部分を掘り下げればざくざくよいモノが出土するのは当然なのだが、筋のない小説のコアであるネコが、最後の章にはほっぽられ、言いたいこと言ってのけた感が少し強かったかなと思えた。
    【「芸術が繁盛するのは芸術家と享受者の間に個性の一致があるからだろう。」】と言う部分のくだりは好きだったんだけどね。
    解説にも冗長的と言われていたがその通りだな。
    とはいえ初めての小説だから仕方がない。くさすなんて、おこがましいのはわかっているが、いや気になっちゃってさ。


    漱石のかの有名な鼻毛のくだり、てっきりエピソードなのかと考えていたんだけど小説にもばっちり出てきてるじゃない。
    下品というよりかはひどい内容だよな。
    ま、チャーミングって事で、いや流せない気もする。

  • 漱石の処女作であると共に、一躍その名を高からしめた代表作でもある。苦沙弥先生に飼われる一匹の猫にたくして展開される痛烈な社会批判は、今日なお読者の心に爽快な共感を呼ぶ。(

  • 名作だが、ひとつ気になる場面が。
    家の竹垣で生じる子どもとの"もめごと"の場面がつまらない。
    実体験の話となると小説に描くのは難しいのか。

  • 猫が自分の主人やその周りの人間たちを皮肉をまじえつつ書いた、観察日記のような小説でした。
    吾が輩は猫である、というタイトルですが猫はあまり自分自身のことを書いていません。

    あまり知識がないので猫や迷亭くんの冗談?の元ネタが分からなかったのが残念です。知識を蓄えてから、もう一度読み直したいと思います。

    こういった表現の難しさとか、文体も古いから読み慣れないとか言って遠ざけてきましたが、10代のうちに読んでおけたのは良かったと思いました。

  • 夏目漱石の著書中に出てくる人物は誰も彼も、愛すべき人が多い。
    しかしキャラクターが、一辺倒とも取れる。

    内容は散文的で、読みやすく、彼の哲学にも馴染みがあるので大変楽しい。



    問題のラスト

    書き手の心情的には納得
    個人的には苦手

  • 青空文庫より。
    登場人物たちの当てのない会話がユーモアたっぷりで、思わず吹き出してしまい初めにもっていた夏目漱石に対する堅いイメージが一転しました。
    猫の人間に対する皮肉なんかも的を得ているように感じます。
    終盤に登場人物たちが未来の社会について語る場面があるのですが、これがけっこう当たっていて、漱石の鋭さを感じます。

  • 衝撃的な、しかし納得できるようなラストでした。
    世を憂うネコさま。
    書かれた当時の言葉や文化を知らなくて理解ができなかったり腹落ちできてない部分がたくさんあるのだけれど、文を目で追ってるだけのときもあったのだけれど、皮肉に滑稽さにニヤリできました。

    おもしろかったと思います。
    迷亭先生が好き。

    部長がくれた空也の最中が読むきっかけ。
    誰もが知ってる有名な作品であるのに読んだことがなかったので前々から読んでみたかったというのも理由のひとつ。

    やっと読み終えられた。
    一回挫折して、間を置いて続きから読みやっと。

  • この時代でも面白い、濃い登場人物が楽しい。多種多様な目線でみてみると味わい深いので、学生時代に読んでおくと、その後読んでもより吸収しやすいかも。

  • 『 我が輩は猫である』(夏目漱石、1961年、新潮文庫)

    ねこから見た人間社会の出鱈目さと皮肉さと滑稽さを描く夏目漱石の小説。

    登場人物の多くは出鱈目な人間ばかりである。教師をしているが出鱈目な生活をしている苦沙弥先生、出鱈目なことばかりを吹聴するほら吹きの迷亭、出鱈目な研究ばかりしていていっこうに博士号を取得できない寒月君、その他出鱈目なことを言う近隣の人間、出鱈目ないたずらをする苦沙弥先生の自宅近くの学校の生徒。
    しかし何よりも出鱈目な理論ばかりを折につけて考えているねこ自身であろう。なんと教育があり衒学的なねこなのかと思う。

    これらの出鱈目人間の陽気な生活がなんともおもしろい。終わり方は悲しいですね。

    (2009年12月8日)

  • 小学校の時に読んだ本。
    ラストシーンが衝撃的で、他は忘れてしまったがそこだけ覚えていた。やはり大人になって読むと視点も変わるなと実感。

  • 良い意味で下らない。
    が、とても面白かった。
    猫の視点から語られる人間の愚劣さに共感し、尤もだと感じた。
    それにしても本当に夏目漱石は素晴らしい教養人、エリートだったのだなと感動した。
    初見の難解な熟語や到底理解出来ない論理、知らない偉人名を目にする度、膨大な知識を有していた事実を目の当たりにして畏敬・畏怖の念が湧き上がった。
    対照的に己の無教養が恥ずかしくなった。

    <猫である「吾輩」>
    「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」から推察するに、珍野家における彼の立場は最低であるにも拘らず、その思考能力が教師である主人・苦沙弥より抜群に優れているのがまた面白い。
    人間を客観的に捉え、一切の遠慮もなく手厳しく批判を述べていて、勢いがあって清々しい。
    人間の愚かさを説く一方で、主人の動向を逐一気にしている様子がいじらしい。
    何気なく膝の上に座っているなんて可愛い。
    鳴き声を打算的に出しているのには笑った。
    酒を飲んで溺死と言う最期は何とも可哀想だ。
    2歳で死を迎えるとは早世ではないか。
    人間ではなく「吾輩」自身の生活についての描写がもっと欲しかった。

    <「吾輩」の知り合いの猫>
    車屋の黒は別として、三毛子が可愛い。
    「吾輩」が主人に似て昼寝して家に籠っているばかりだからか、あまり登場しないのが惜しい。

    <苦沙弥>
    これ程まで偏屈であるのに教師が務まるのかと不思議である。
    野良猫だった「吾輩」を飼猫にした本人なので、無関心そうで意外と優しい一面も持っているのではないか。
    自ら進んで言葉を発しないので、正直存在感が迷亭や寒月に押されて消えそうになっている。
    小さな娘達に対して悉く放任主義で通しているのは、もう少し面倒を見たり可愛がってはどうかと思った。
    あまり家族に興味がないと見られる。
    痘痕を気にしつつも鏡を長時間眺めているので、結果的には自己愛が強い。
    夏目漱石自身がモデルだと言われているが、確かに胃弱や痘痕を気にする神経質な性格は共通している。
    しかしここまで間抜けではなかっただろうと思いたい。
    彼の滑稽な思考・行動を読んでいると猫と一緒に軽蔑してしまいたくなるが、私も類似点が幾つかあるので笑いながらも自身の欠点を指摘された様で複雑な気持ちになる。

    <珍野家の人々>
    苦沙弥の細君である珍野夫人はどうしてこの様な子供染みた変人と結婚したのだろう。
    扱いにくい男の面倒を飽きずに見ていて心底感心する。
    登場人物の中で一番まともで親近感が湧いた。
    長女とん子、次女すん子、三女めん子(通称坊ば)の奇天烈な名前の由来が知りたい。
    三人娘が食事や悪戯をする場面は現代でもよく見られる日常風景である。
    非常に騒がしいが、この様な光景が幸せを表しているのかなと思った。
    三人共主人に似ておらず口が動く。
    おさん(清)は何歳だろうと気になった。
    まだ二十歳に達していないだろうか。

    <苦沙弥の知り合い>
    迷亭が独身を貫いている理由は何だろうか。
    女性に興味がない訳ではないだろうが、あまりに苦沙弥を揶揄ってばかりいるので、もしかしたら苦沙弥に片想いをしているのではないかと少しばかり考えたが違うだろう。
    苦沙弥の次、若しくは一番に登場頻度が高く、詭弁を弄してばかりで嘘八百な人間と言う印象が強く残った。
    何故か寒月が好男子だとは想像出来なかった。
    にやにやしているからであろうか。
    暴慢な金田家から結婚を申し込まれたりする位なので多分そうなのだろう。
    あれだけ富子に熱を上げていたのに、知らない裡に地元の女性と入籍していて何だこの人と思った。
    バイオリンの件は長い割にはどうでも良かった。

    <珍野家の近所の人々>
    金田家の人々は意地悪くて皆嫌いだ。
    態々悪口を隣人に言わせるのは馬鹿げている。
    鈴木を利用する点でも卑怯である。
    その上、車屋の子供迄お金を利用して嫌がらせを行うとは下劣極まりない。
    落雲館中学校の生徒達も子供にしては悪賢い。
    余程近隣の人々に白い目で見られていると考えられる。
    流石に苦沙弥が気の毒に思えた。

  • 著者:夏目漱石(1867-1916、新宿区、小説家)

  • 小説の中で何か大きな事件が起きるわけではない。主人の日常に起きる小事件、主人とその周辺人物達のいい意味でくだらないおしゃべりが、猫の視点でかいてある。

    ただそれだけの小説なのに面白いのは、漱石の文章のおかげだと思う。クスッと笑ってしまうフレーズがたくさんある。むしろそれしかない。
    例えば吾輩が自分の鳴き声を「ベートーベンのシンフォニー」と喩えたり、主人の家にやってきた金持ちの女に「鼻子」というあだ名をつけたり(鼻が大きいから)。
    吾輩、なかなか賢そうに痛烈なことを言うのだが、猫なのがアンバランスで笑える。

    通して読むには長いと感じたので、章ごとページごとに区切ってその日の気分で読むのがちょうどいい。

全303件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

慶応3(1867)年、現在の新宿区生まれ。明治23(1890)年、帝国大学文科大学英文科に入学。明治28(1895)年から29(1896)年には『坊っちゃん』の舞台となった松山中学校で教鞭を執る。明治33(1900)年9月、イギリス留学出発。明治38(1905)年、『吾輩は猫である』を俳句雑誌「ホトトギス」に連載。明治40(1907)年、朝日新聞社に入社。以降、朝日新聞紙上に『三四郎』『それから』『こころ』などを連載。『明暗』が未完のまま、大正5(1916)年12月9日、胃潰瘍にて永眠。

「2018年 『道草』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吾輩は猫である (新潮文庫)のその他の作品

夏目漱石の作品

吾輩は猫である (新潮文庫)に関連する談話室の質問

吾輩は猫である (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする