三四郎 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.53
  • (293)
  • (542)
  • (957)
  • (83)
  • (20)
本棚登録 : 5317
レビュー : 491
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101010045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • めっちゃおもしろい、、
    なんか、こんなに昔の話だけど、
    おしゃれやなぁって思った
    文明開化って感じ
    めっちゃいい
    与次郎が憎めなくてツボ
    森見登美彦の小説に出てくる、
    人を面白おかしく批判するけど
    憎めないやつみたいな、、
    いいねえ
    文章も好き

  • 大きな事件や変化があるわけじゃなく淡々としてるけど、その淡々とした中に面白さがある。
    時代こそ明治だけど、学生たちの生活は現代とほとんど変わらない。恋をするのも、恋が叶わないのもいつの時代だって同じ。
    与次郎はなんとなく、よく言う意識高い系の学生に見えてしまった(笑)

  • こんなにダサい男の話だとは思わなかった。
    引くほどダサかった。
    20歳くらいのときに読めばよかった。すっかり大人になってから読むとつっこみどころが多く、「若いってこうだよね」「田舎者だから仕方ないよね」という共感や理解をもって楽しむのもいいが、だんだんなんでこんな寒い若造の話をよまないかんのだ、という気持ちになってくる。

    夏目漱石は「それから」で未来の三四郎ともいえるキャラクターに容赦ない仕打ちをしているので、夏目漱石の評価はもちろん下がらない。
    そして三四郎がこんなにダサい奴だってこと、なんで今まで誰も教えてくれなかったんだ。

  • 『こころ』に続き、『三四郎』も朝日新聞で再連載が始まつてゐます。これを機に久しぶりに読んでみました。
    最初に読んだのは中学生時代。三四郎といへば柔道の連想しかなかつたわたくしは、「中中柔道を始めないな」などと考へながら読んでゐましたが、無論最後まで柔術の話は出てきませんでした。
    さうか。小川三四郎であつて姿三四郎ではないのね、とわたくしは一人恥入り、このことは誰にも言ふまいと心に決めたのであります(今書いちやつたけど)。

    小川三四郎は熊本の高等学校を卒業して、東京帝国大学に入学するため上京します。当時のことですから当然汽車に乗る訳ですが、途中で早くも色色と印象深い人物と出会ひ、今後の東京生活を暗示するやうな出来事もありました。
    初対面の女性とイキナリ同じ宿に泊まるなどして、中中やるもんです。もつとも二人の間には何も起きず、女性からは「意気地のない人」呼ばはりされます。

    東京へ出ると、野々宮さんとか、広田先生とか、お調子者の佐々木与次郎といつた面面との交流が始まります。
    そして三四郎は里見美禰子といふ女性に心を奪はれて行くのであります。この女性は迷羊(ストレイ・シープ)などと意味深な言葉を発する、一風変つた人物に見えます。彼女は三四郎と相対する時には、何か謎めいた言辞や態度を示し、三四郎くんを翻弄するのでした。わたくしの経験上、かういふ女性は避けた方が良い。
    しかし三四郎は与次郎にも気取られるほど美禰子さんへの思ひを募らせる。さうかといつて、これといつた行動を取るわけでもない。さうかうしてゐるうちに、呆気ない展開を迎へるのであります...

    久しぶりに読むと、確かに面白い。瑞瑞しい。これが青春だ。夏木陽介。初期作品に見られる諧謔性も垣間見えて(実は暗い影も差してゐるのですが)、才気迸る文章であります。文学者が「国語の先生」だつた時代の、それこそ教科書みたいな作品であると申せませう。

    それでは、ご無礼します。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-490.html

  • 初めて読んだ時はストレイシープが何かとても気になった本。
    戸惑う三四郎は初々しく、自我を持ちつつ結局は・・・な美穪子さんも魅力的。漱石の本に書かれている人の抱える矛盾や葛藤はしっくりきて好きです。ただ、弱くなっている時に読み続けるとハマり過ぎてしまう。

  • 三四郎が熊本から東京の大学に上京する所から話は始まるのだが、初っ端から三四郎の翻弄されっぷりが可愛い。

    そんな三四郎をこれでもかというほど、押し引きする翻弄女、美禰子。
    三四郎の自問自答なんてどこ吹く風で、ミステリアスないい女の香りをさせている。

    特に、三四郎が美禰子にお金を借りに行く場面。そのまま美禰子のペースに乗せられて、野々宮の気持ちを逆撫でる片棒を何故か担いでしまう件がぞくっとする。
    三四郎と美禰子、から、男と女、に変わるときのドキドキ感。漱石、やるなあ(笑)

    いやはや。
    これが無意識の偽善者だなんて。
    明らかに全てまるっと男心なんてお見通しの美禰子さんなのではありませんか。

    そうして、自分だけはくつくつと将来に向けて行ってしまって、ぽかーん、な三四郎。
    野々宮兄妹も、やや振り回された感あり。

    続く「それから」より、よほど強かな女だっただったと思います。
    とりあえず、ぞくっとした!

  • この小説が日本文学において果たした役割とか、よくわからないけれど、単純にすごく面白かった。文体は軽快にしてユーモラス、非常に読み易く、入り交じる古めかしい言葉が逆にアクセントになっている。三四郎、与次郎、「偉大なる暗闇」の広田先生、美穪子…人物描写もほんとうにすばらしい。三四郎の大学に対する戸惑い(授業、異性、活動的な友人、…etc)は大学入学当初わたしが感じていたことと近しく、ものすごいリアリティーがある。広田先生の薄暗さ、与次郎のインチキっぽいけど憎めない感じとか、ああわかるなあ。ほとんど100年前の小説が、現代においてもまったく問題なく通用している。時代性を感じるところはありますが、外界からの刺激に立ち向かう若者の姿は普遍的である。人間の普遍的なものを描きつつ、散りばめられた要素要素に、個人的な自我の問題が国家としての自我の問題と重なり合っていった(漱石がそれを望んでいたかどうかは別として)んだろうなあ、といったものが伺えて、途方もない気持ちになった。

  • たまには、近代文学を読みましょう。
    と思い、久しぶりに夏目漱石を。。。

    一人の大学生の青年の苦い初恋と、彼のまわりの人間模様をほんわかと書かれてる。
    昔も今の時代も、こういうストーリーって変わらないね~。
    田舎から出てきて、恋したり、でしゃばる友達にいいように振り回されたり(笑)、いい先生に出会ったり。。。
    淡々と話が展開するので、一気読みは出来なかったけど、でも今でも多くの人に読まれてる漱石の本ってすごいな~。って思う。

  • これといって重大な事件が起こるわけではない。でも登場人物が生き生きしている。特に女性が魅力的でした。
    心理描写は本当に凄い。ちょうど大学入学前の春に読んだので、三四郎に共感できた。

  • 東京にやって来た三四郎の恋愛を描いた物語、と一言で言えばいいか。悪友の与次郎に都会の過ごし方を教わり、恋に破れたような広田先生に人生の無情を教わる。それから、には高等遊民という言葉がでてきたけど、まだ三四郎はきちんと学生をやっている。でも、やっぱりふらふらと生きているようだ。遠くから憧れの女性を見つめ、借りた金を会う口実にしてみたりといじらしい。彼女が結婚すると知り、きっぱりと金を返すも、彼女が描かれ絵を直視することはできない。迷うのが青春だ、といわんばかりに。

全491件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

夏目漱石(なつめ そうせき)
1867年2月9日 - 1916年12月9日
江戸・牛込馬場下(新宿区)生まれの小説家、評論家。本名は「夏目金之助」(なつめ きんのすけ)。1890年、帝国大学文科大学英文科に入学。1895~96年には『坊っちゃん』の舞台となった松山中学校で教鞭を執る。1900年、イギリスに留学。1905年、『吾輩は猫である』を俳句雑誌「ホトトギス」に連載し始め、作家活動を本格的に開始。1907年、朝日新聞社に入社。以降、朝日新聞紙上に『三四郎』『それから』『こころ』などの代表作を連載。日本の文学史に多大な影響を与えており、作品は多くの人に親しまれている。学校教科書でも多数作品が採用されている。

三四郎 (新潮文庫)のその他の作品

夏目漱石の作品

ツイートする