三四郎 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.53
  • (293)
  • (542)
  • (957)
  • (83)
  • (20)
本棚登録 : 5322
レビュー : 491
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101010045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明治時代…日本の近代化がおおいに進む一方
    国民の大半はやはり保守的で
    江戸時代の価値観に基づくしきたりや、迷信にとらわれ続けていた
    小川三四郎は東京大学に入るくらいの秀才だから
    地元の熊本じゃ相当開明的な考えの持ち主であるはずなんだけど
    それでも東京に出てきてみると、人間の違いに戸惑うことが多かった
    頭では自由というものについて理解しているが
    じっさい、思考の赴くまま動いている人々の存在を前にすると
    自分がいかにどんくさい人間か思い知らされたし
    また相手の思惑がわからないことで、不安にもさせられるのだった
    広田という変わり者の先生に知己を得て
    三四郎は、他者というものの底知れなさを学ぶ機会を得る
    しかし頭でっかちになったところで不安が消えるものでもなかった
    いちばんの悩みは、恋をしたことである
    彼女を前にしても、上手く自分の想いを伝えられないし
    また、彼女が自分をどう思っているのか
    これがまたさっぱり掴めないもので
    悶々とした気持ちを抱えつつ毎日を過ごす三四郎であった

    どんなに自由に見えたとしても
    社会に生きる者として「無意識の偽善」から逃れえない以上
    いずれカネやしがらみや病に首根っこ押さえつけられるのだが
    それはまた別の話である

  • かなり昔によんだが、NHK「100分で名著」に触発されて再読。
    古典的な文学小説と思い込んでいたが、意外に面白い青春小説だった。
    上京し、大学生活を送る三四郎の思い悩む姿に、共感させられる。そのくせ三四郎は積極的に動こうとはしない。
    魅惑的な女性として美禰子が登場し、三四郎は恋するが、どこか受動的である。美禰子の方が、むしろ、思わせぶりなくらい。
    三四郎は美禰子に振り回された挙句、振られることになるが、それも曖昧な終わり方である。
    結局、青春はこんなものだ。なのだが、この小説が書かれたのが明治の終わりであることを考えると、青年の悩みは普遍的なものだと思わされる。

    この小説の舞台が今住んでいる場所の近くなので、おおよその見当をつけながら読むことができて親近感を覚えたのも、今回楽しめた一因。

  • 名古屋での度胸がない体験が最後までこの物語の主旋律となっている。名古屋でなすことをしたら、と想像すると全く違った話となったろう。そちらもぜひ読みたい。

  • 漱石の前期三部作の一作目。主人公・小川三四郎は九州の田舎から東京帝国大学へ進学するため上京する。そして、都会で出会った様々な人との交流、恋愛模様などが描かれる。本作でも、へらへら調の愛すべき悪戯もの与次郎はじめ、人から「偉大なる暗闇」などと評されて鼻から「哲学の烟」を吐く広田先生、穴倉に籠って光線の圧力の研究ばかりしている野々宮君、画家の原口さん、野々宮の妹のよし子などユニークな人物が登場する。三四郎は「イブセン流」の都会的な美人である美禰子に憧れるが、田舎者で純情な彼には彼女の気持ちが分からない。
    明治末期が舞台の青春小説で、当時の雰囲気がよく表れているものとして楽しく読んだ。結婚は先着順だが、あとから後悔しないためにも、何事においても状況を正確に見極めて、ぐずぐずしていないで行動することが大切だと思った。迷える子(ストレイシープ)が何を指しているのか気になる。

    【有名な部分】
    「改札場の際まで送って来た女は、『色々御厄介になりまして、……では御機嫌よう』と丁寧に御辞儀をした。三四郎は革鞄と傘を片手に持ったまま、空いた手で例の古帽子を取って、只一言、『さよなら』と云った。女はその顔を凝と眺めていた、が、やがて落付いた調子で、『あなたは余っ程度胸のない方ですね』と云って、にやりと笑った。三四郎はプラット、フォームの上へ弾き出された様な心持がした。」p.14

    「三四郎が何か云おうとすると、足の前に泥濘があった。四尺ばかりの所、土が凹んで水がぴたぴたに溜っている。その真中に足掛りの為に手頃な石を置いたものがある。三四郎は石の扶を藉らずに、すぐに向うへ飛んだ。そうして美禰子を振り返って見た。美禰子は右の足を泥濘の真中にある石の上へ乗せた。石の据りがあまり善くない。足へ力を入れて、肩を揺って調子を取っている。三四郎は此方側から手を出した。『御捕まりなさい』『いえ大丈夫』と女は笑っている。手を出している間は、調子を取るだけで渡らない。三四郎は手を引込めた。すると美禰子は石の上にある右の足に、身体の重みを託して、左の足でひらりと此方側へ渡った。あまりに下駄を汚すまいと念を入れ過ぎた為め、力が余って、腰が浮いた。のめりそうに胸が前へ出る。その勢で美禰子の両手が三四郎の両腕の上へ落ちた。『迷える子(ストレイシープ)』と美禰子が口の内で云った。三四郎はその呼吸を感ずる事が出来た。」p.149

    【印象的な部分】
    「すると髭の男は、『御互は憐れだなあ』と云い出した。『こんな顔をして、こんなに弱っていては、いくら日露戦争に勝って、一等国になっても駄目ですね。尤も建物を見ても、庭園を見ても、いずれも顔相応のところだが、――あなたは東京が始めてなら、まだ富士山を見た事がないでしょう。今に見えるから御覧なさい。あれが日本一の名物だ。あれより外に自慢するものは何もない。ところがその富士山は天然自然に昔からあったものなんだから仕方がない。我々が拵えたものじゃない』と云って又にやにや笑っている。三四郎は日露戦争以後こんな人間に出逢うとは思いも寄らなかった。どうも日本人じゃない様な気がする。
    『然しこれからは日本も段々発展するでしょう』と弁護した。すると、かの男は、すましたもので、『亡びるね』と云った。」p.23

    「すると男が、こう云った。『熊本より東京は広い。東京より日本は広い。日本より……』で一寸切ったが、三四郎の顔を見ると耳を傾けている。『日本より頭の中の方が広いでしょう』と云った。『囚われちゃ駄目だ。いくら日本の為を思ったって贔屓の引倒しになるばかりだ』この言葉を聞いた時、三四郎は真実に熊本を出た様な心持がした。同時に熊本に居た時の自分は非常に卑怯であったと悟った。」p.24

    「明治の思想は西洋の歴史にあらわれた三百年の活動を四十年で繰返している。」p.26

    『僕は車掌に教わらないと、一人で乗換が自由に出来ない。この二三年来無暗に殖えたのでね。便利になって却って困る。僕の学問と同じ事だ』p.38

    『それじゃ僕より七つばかり若い。七年もあると、人間は大抵の事が出来る。然し月日は立易いものでね。七年位直ですよ』p.38

    『ヘーゲルの講義を聞かんとして、四方より伯林に集まれる学生は、この講義を衣食の資に利用せんとの野心を以て集まれるにあらず。唯哲人ヘーゲルなるものありて、講壇の上に、無上普遍の真を伝うると聞いて、向上求道の念に切なるがため、壇下に、わが不穏底の疑義を解釈せんと欲したる清浄心の発現に外ならず。この故に彼等はヘーゲルを聞いて、彼等の未来を決定し得たり。自己の運命を改造し得たり。のっぺらぽうに講義を聴いて、のっぺらぽうに卒業し去る公等日本の大学生と同じ事と思うは、天下の己惚なり。公等はタイプ、ライターに過ぎず。しかも慾張ったるタイプ、ライターなり。公等のなす所、思う所、云う所、遂に切実なる社会の活気運に関せず。死に至るまでのっぺらぽうなるかな。死に至るまでのっぺらぽうなるかな』p.53

    「三四郎の眼の前には、ありありと先刻の女の顔が見える。その顔と『ああああ……』と云った力のない声と、その二つの奥に潜んでおるべき筈の無残な運命とを、継合わして考えてみると、人生と云う丈夫そうな命の根が、知らぬ間に、ゆるんで、何時でも暗闇へ浮き出して行きそうに思われる。三四郎は慾も得もいらない程怖かった。ただ轟と云う一瞬間である。その前までは慥かに生きていたに違ない。」p.64

    「『君、不二山を翻訳してみた事がありますか』と意外な質問を放たれた。『翻訳とは……』 『自然を翻訳すると、みんな人間に化けてしまうから面白い。崇高だとか、偉大だとか、雄壮だとか』三四郎は翻訳の意味を了した。『みんな人格上の言葉になる。人格上の言葉に翻訳する事の出来ない輩には、自然が毫も人格上の感化を与えていない』」p.82

    『女には詩人が多いですね』
    『男子の弊は却って純粋の詩人になり切れない所にあるだろう』p.134

    『どう云う所も、こう云う所もありゃしない。現代の女性はみんな乱暴に極ってる。あの女ばかりじゃない』
    『イブセンの人物に似ているのは里見の御嬢さんばかりじゃない。今の一般の女性はみんな似ている。女性ばかりじゃない。苟くも新しい空気に触れた男はみんなイブセンの人物に似た所がある。ただ男も女もイブセンの様に自由行動を取らないだけだ。腹のなかでは大抵かぶれている』p.162

    『御母さんの云う事はなるべく聞いて上げるが可い。近頃の青年は我々時代の青年と違って自我の意識が強過ぎて不可ない。吾々の書生をしている頃には、する事為す事一として他を離れた事はなかった。凡てが、君とか、親とか、国とか、社会とか、みんな他本位であった。それを一口にいうと教育を受けるものが悉く偽善家であった。その偽善が社会の変化で、とうとう張り通せなくなった結果、漸々自己本位を思想行為の上に輸入すると、今度は我意識が非常に発展し過ぎてしまった。昔しの偽善家に対して、今は露悪家ばかりの状態にある。…』
    『…昔は殿様と親父だけが露悪家で済んでいたが、今日では各自同等の権利で露悪家になりたがる。尤も悪い事でも何でもない。臭いものの蓋を除れば肥桶で、美事な形式を剝ぐと大抵は露悪になるのは知れ切っている。形式だけ美事だって面倒なばかりだから、みんな節約して木地だけで用を足している。甚だ痛快である。天醜爛漫としている。ところがこの爛漫が度を越すと、露悪家同志が御互に不便を感じて来る。その不便が段々高じて極端に達した時利他主義が又復活する。それが又形式に流れて腐敗すると又利己主義に帰参する。つまり際限はない。我々はそう云う風にして暮して行くものと思えば差支ない。そうして行くうちに進歩する。英国を見給え。この両主義が昔からうまく平衡が取れている。だから動かない。だから進歩しない。イブセンも出なければニイチェも出ない。気の毒なものだ。自分だけは得意の様だが、傍から見れば堅くなって、化石しかかっている。……』p.193

    『我々が露悪家なのは、可いですが、先生時代の人が偽善家なのは、どういう意味ですか』 『君、人から親切にされて愉快ですか』
    『ええ、まあ愉快です』
    『きっと? 僕はそうでない、大変親切にされて不愉快な事がある』
    『どんな場合ですか』
    『形式だけは親切に適っている。然し親切自身が目的でない場合』
    『そんな場合があるでしょうか』
    『君、元日に御目出度と云われて、実際御目出たい気がしますか』
    『そりゃ……』
    『しないだろう。それと同じく腹を抱えて笑うだの、転げかえって笑うだのと云う奴に、一人だって実際笑ってる奴はない。親切もその通り。御役目に親切をしてくれるのがある。僕が学校で教師をしている様なものでね。実際の目的は衣食にあるんだから、生徒から見たら定めて不愉快だろう。これに反して与次郎の如きは露悪党の領袖だけに、度々僕に迷惑を掛けて、始末に了えぬいたずらものだが、悪気がない。可愛らしい所がある。丁度亜米利加人の金銭に対して露骨なのと一般だ。それ自身が目的である。それ自身が目的である行為程正直なものはなくって、正直程厭味のないものは無いんだから、万事正直に出られない様な我々時代の小むずかしい教育を受けたものはみんな気障だ』p.195

    『うん、まだある。この二十世紀になってから妙なのが流行る。利他本位の内容を利己本位で充たすと云うむずかしい遣口なんだが、君そんな人に出逢ったですか』
    『外の言葉で云うと、偽善を行うに露悪を以てする。まだ分らないだろうな。ちと説明し方が悪い様だ。――昔の偽善家はね、何でも人に善く思われたいが先に立つんでしょう。ところがその反対で、人の感触を害する為めに、わざわざ偽善をやる。横から見ても縦から見ても、相手には偽善としか思われない様に仕向けて行く。相手は無論厭な心持がする。そこで本人の目的は達せられる。偽善を偽善そのままで先方に通用させ様とする正直な所が露悪家の特色で、しかも表面上の行為言語は飽までも善に違ないから、――そら、二位一体という様なことになる。この方法を巧妙に用いるものが近来大分殖えて来た様だ。極めて神経の鋭敏になった文明人種が、尤も優美に露悪家になろうとすると、これが一番好い方法になる。血を出さなければ人が殺せないというのは随分野蛮な話だからな君、段々流行らなくなる』p.197

    「相談は一人一人に限る。大勢寄ると、各自が自分の存在を主張しようとして、稍ともすれば異を樹てる。それでなければ、自分の存在を閑却された心持になって、初手から冷淡に構える。相談はどうしても一人一人に限る。その代り暇は要る。金も要る。それを苦にしていては運動は出来ない。それから相談中には広田先生の名前を余り出さない事にする。我々の為の相談でなくって、広田先生の為の相談だと思われると、事が纏まらなくなる。」p.212

    『当り前じゃないか。僕を人にしたって、同じ事だ。僕に金が余っているとするぜ。そうすれば、その金を君から返して貰うよりも、君に貸して置く方が善い心持だ。人間はね、自分が困らない程度内で、なるべく人に親切がしてみたいものだ』p.249

    「中学教師などの生活状態を聞いてみると、みな気の毒なものばかりの様だが、真に気の毒と思うのは当人だけである。なぜというと、現代人は事実を好むが、事実に伴う情操は切棄る習慣である。切棄てなければならない程世間が切迫しているのだから仕方がない。その証拠には新聞を見ると分る。新聞の社会記事は十の九まで悲劇である。けれども我々はこの悲劇を悲劇として味わう余裕がない。ただ事実の報道として読むだけである。自分の取る新聞などは、死人何十人と題して、一日に変死した人間の年齢、戸籍、死因を六号活字で一行ずつに書く事がある。簡潔明瞭の極である。又泥棒早見と云う欄があって、何処へどんな泥棒が入ったか、一目に分る様に泥棒がかたまっている。これも至極便利である。すべてが、この調子と思わなくっちゃ不可ない。辞職もその通り。当人には悲劇に近い出来事かも知れないが、他人にはそれ程痛切な感じを与えないと覚悟しなければなるまい。その積りで運動したら好かろう。」p.266

    『どうもならないのさ。だから結婚は考え物だよ。離合聚散、共に自由にならない。広田先生を見給え、野々宮さんを見給え、里見恭助君を見給え、序に僕を見給え。みんな結婚をしていない。女が偉くなると、こう云う独身ものが沢山出来て来る。だから社会の原則は、独身ものが、出来得ない程度内に於て、女が偉くならなくっちゃ駄目だね』p.274

    「与次郎が切符を売る所を見ていると、引き易に金を渡すものからは無論即座に受け取るが、そうでない学生には只切符だけ渡している。気の小さい三四郎が見ると、心配になる位渡して歩く。あとから思う通り金が寄るかと聞いてみると、無論寄らないという答だ。几帳面に僅か売るよりも、だらしなく沢山売る方が、大体の上に於て利益だからこうすると云っている。与次郎はこれをタイムス社が日本で百科全書を売った方法に比較している。比較だけは立派に聞こえたが、三四郎は何だか心元なく思った。そこで一応与次郎に注意した時に、与次郎の返事は面白かった。『相手は東京帝国大学学生だよ』」p.288

    『…僕がその女に、あなたは少しも変らないというと、その女は僕に大変年を御取りなすったと云う。次に僕が、あなたはどうして、そう変らずにいるのかと聞くと、この顔の年、この服装の月、この髪の日が一番好きだから、こうしていると云う。それは何時の事かと聞くと、二十年前、あなたに御目にかかった時だという。それなら僕は何故こう年を取ったんだろうと、自分で不思議がると、女が、あなたは、その時よりも、もっと美しい方へ方へと御移りなさりたがるからだと教えてくれた。その時僕が女に、あなたは画だと云うと、女が僕に、あなたは詩だと云った』p.306

    『馬鹿だなあ、あんな女を思って。思ったって仕方がないよ。第一、君と同年位じゃないか。同年位の男に惚れるのは昔の事だ。八百屋お七時代の恋だ』
    『何故と云うに。二十前後の同じ年の男女を二人並べてみろ。女の方が万事上手だあね。男は馬鹿にされるばかりだ。女だって、自分の軽蔑する男の所へ嫁に行く気は出ないやね。尤も自分が世界で一番偉いと思ってる女は例外だ。軽蔑する所へ行かなければ独身で暮すより外に方法はないんだから。よく金持の娘や何かにそんなのがあるじゃないか、望んで嫁に来て置きながら、亭主を軽蔑しているのが。美禰子さんはそれよりずっと偉い。その代り、夫として尊敬の出来ない人の所へは始から行く気はないんだから、相手になるものはその気でいなくっちゃ不可ない。そう云う点で君だの僕だのは、あの女の夫になる資格はないんだよ』p.322

  • 熊本の高校を卒業し上京する三四郎。序盤では彼の真面目で純粋な性格が見て取れます。彼は東京帝国大に通う中でひとりの女性に見惚れますが、後に彼女に翻弄されていきます。切ないですが、真面目な三四郎の恋や反応はいつの時代でも既視感がありますね。

  • 草枕を読んだ後だったのでストーリー展開が分かりやすかった。みねこさんがなかなか策士な女の人で、今も昔もこんな人はいるんだなあと感じた。

  • 熊本の高等学校を卒業して上京したうぶな朴念仁の三四郎が、都会的で思わせぶりな美禰子(みねこ)にハマってウジウジしている間に、美禰子は別の男と結婚してしまうという話。
    童貞に特有の異性との距離のとり方の難しさはすくなくともこの100年間は変わらないものだなぁと感じさせる。

    ストレイシープ
    作中でキーワードとして出てくるストレイシープ。注によるとマタイによる福音書の「100匹のヤギで1匹だけ迷子になった。残りの99匹を山において探しに行かないだろうか?私はその1匹が見つかる方が嬉しい。天の父もこの小さなものの一匹が滅びることさえお望みになられない。」という記述をもとにしている。
    さて、迷子だったのは三四郎か美禰子か、読者か。

    「それほどロマンチックな人間じゃない。僕は君よりはるかに散文的に出来ている。」
    広田先生の語る言葉は、どこか作者の心境を代弁しているように見える。

  • かつて「アイラヴ坊ちゃん」観劇後に新宿で購入して長らく積読になっていたもの。ちょっと軽めのものが読みたくて手に取った。ぼっとした青年の宙ぶらり感に妙に共感してしまう。美禰子の描き方というか描かない方というかもすこぶる良い。あと、漱石は金の貸し借りの話が好きだね。

  • 2018/08/09

  • 三四郎の青春時代を描いた物語とわかるまでは、ストーリーがつかめずなかなか先に進めるのが大変だった。三四郎のもどかしさ。
    文章中の表現や登場人物の会話などに面白い表現が多かった。

全491件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

夏目漱石(なつめ そうせき)
1867年2月9日 - 1916年12月9日
江戸・牛込馬場下(新宿区)生まれの小説家、評論家。本名は「夏目金之助」(なつめ きんのすけ)。1890年、帝国大学文科大学英文科に入学。1895~96年には『坊っちゃん』の舞台となった松山中学校で教鞭を執る。1900年、イギリスに留学。1905年、『吾輩は猫である』を俳句雑誌「ホトトギス」に連載し始め、作家活動を本格的に開始。1907年、朝日新聞社に入社。以降、朝日新聞紙上に『三四郎』『それから』『こころ』などの代表作を連載。日本の文学史に多大な影響を与えており、作品は多くの人に親しまれている。学校教科書でも多数作品が採用されている。

三四郎 (新潮文庫)のその他の作品

夏目漱石の作品

ツイートする