それから (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.66
  • (313)
  • (425)
  • (698)
  • (40)
  • (13)
本棚登録 : 4223
レビュー : 346
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101010052

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「三四郎」「それから」「門」と、漱石の前期三部作らしい。
    とはいえ、現代の小説に慣れた人にとっては、話のスピードが遅すぎる・・・というべきか。後半で一気に話は展開。

  • 『三四郎』『門』とともに漱石前期三部作と呼ばれる作品です。
    この話は、いつも以上に心のなかでうだうだ考える系で暗かったです。
    主役は、実家からお金をもらって悠々自適な感じに暮らしているお坊ちゃん。
    部屋にスズランとかバラとかユリとかを飾って香りを楽しむアロマ男子でした。
    友人の奥さんを愛したことから実家からの援助を立たれて社会に出ようとするところまでなんだけど、本当に「それから」どうしたんだろうねぇ?
    漱石さんの本に出てくる人はインテリでお金に苦労してなくて、なんだか共感できないからつまんないなぁ…。
    生活に苦労しないから、頭でっかちな感じがしなくもないんだもん。

  • 金持ちニート代助。
    連れの嫁さん好きになってる場合ちゃうで。
    しかも代助と三千代が惹かれ合う理由がよくわからんかった。

  • 本好きを自認するのであれば漱石や太宰のような古典も少しは読まねば、と思い読んだ。
    しかし、主人公の性格がひねくれすぎてて感情移入できず。
    また、友人の奥さんとの不倫の話なんだけど、彼女の心理描写がほとんどなく、主人公を本当に好きなのかどうか良く分からない。
    明治女性は感情を表に出さないもの、ということなんでしょうか。

    古典を楽しむためには、行間を読むとか、文章表現の美しさを味わうとか、そういう読書レベルの高さが必要なんでしょうね。
    自分はまだその境地まで到達していないようです。
    もっと多くの本を読み、人生経験も積んだ上で、古典に再挑戦したいと思います。

  • 代助みたいな思考はあまり好きじゃないと思った。何事にも距離を一線おいてその隙間を論理で固めてる。何かを考えても、わからないでは終わらずかならず落とし所をつける。そんな風には描かれてないのかもしれないけど、物事にたいして、論理武装することで逃げてるような感じ。自分と似たようなところがある分、そんな風に感じた

  • 長岡代助、平岡常次郎、三千代
    親友の奥さんと不倫(?)してしまうニートのような主人公の話。難しかったけど、奥が深い印象。

  • 読もうと思ったきっかけは実はビブリオ古書堂シリーズの中で登場していたことから。
    少し難しいところもあったけれども、(解説のおかげもあり)興味深く読めました。
    自然の流れに正直に生きることがこんなにも難しいのか、と考えさせられた本。最初は明治の時代でまだ姦通が犯罪だったころだからから、とか、代助が頭でっかちで理屈っぽいからか、とか考えたけれども、いまだって気持ちに素直に行動するのと、世間体や外聞、制度や地位を思って、それに行動を影響されることはあると思う。ただ日頃みんなは代助ほど鋭敏な感覚を持ってないので騙し騙し日々を生きていけるだけ。
    自分を騙せない代助があのあと生きていけたのかが心配。あのまま気を狂わせるしかないのかな。

  • 家が金持ちなので特に何の不自由も無くニート生活を謳歌する代助。生活苦に陥りそうな友達平岡の奥さんを家族から借りた金で助けたりしているうちに、実は先から彼女が好きだったのだと気付くに至り告白すると、なんと両想いであったことが判明。丁度夫婦愛も冷めてる感じだし、そんなら別れておれに奥さんくれよと平岡に談判すると、絶縁を言い渡された上に条件付きではあるものの、了解を得る。じゃあさすがに働かないとと思うものの、なんだかんだと理屈をつけて動かない代助。そうこうしていると家から兄が来て、平岡からだという手紙を見せる。それは平岡が代助の父に対して、息子の不義を告発したものであった。かくて代助は家からも絶縁され援助を打ち切られる。いよいよ働かねばならないというのに、目先の絶望の為代助の頭は混乱していくばかりなのであった(ここ解釈違うかも)。
    時代背景など、現代と全く違うので意味はないと知りつつも言いたい。
    『いいから働け、話はそれからだ』
    あと代助と三千代って絶対うまく行かないと思う。
    理由は人それぞれだろうが、世の中のニートは取り敢えず全員これ読んでのた打ち回るがいいよと思うのだ。

  • 文体がカタくて情緒に欠ける
    実際的なのはわざとなのか、楽しまずに義務感だけで書いている印象を受けた
    淡々とした日常を切るように、切に人を思う情熱が切りこんでくる
    切り込みから溢れ出した水は渦を巻く
    渦の目は愛する人
    ダイヤモンドを捨てポテトを拾う生活を選んだのは他でもないその人のため
    だのに悲しい
    愛が向かう先は幸せじゃないのか

  • めちゃめちゃ時間かかったゎ。
    そんなに深く読めてないわりに。

    漱石先生の小説を読むときの醍醐味は、言葉の節々にあらわれる、先生の西洋との葛藤。
    西洋との葛藤とか言っちゃう時点で、1986年生まれだな、ふるって思っちゃうんだけどね。

著者プロフィール

慶応3(1867)年、現在の新宿区生まれ。明治23(1890)年、帝国大学文科大学英文科に入学。明治28(1895)年から29(1896)年には『坊っちゃん』の舞台となった松山中学校で教鞭を執る。明治33(1900)年9月、イギリス留学出発。明治38(1905)年、『吾輩は猫である』を俳句雑誌「ホトトギス」に連載。明治40(1907)年、朝日新聞社に入社。以降、朝日新聞紙上に『三四郎』『それから』『こころ』などを連載。『明暗』が未完のまま、大正5(1916)年12月9日、胃潰瘍にて永眠。

「2018年 『道草』 で使われていた紹介文から引用しています。」

それから (新潮文庫)のその他の作品

それから (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) それから (青空文庫POD(シニア版)) 夏目漱石
それから (旺文社文庫) 文庫 それから (旺文社文庫) 夏目漱石

夏目漱石の作品

ツイートする